みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託初心者です

投資信託初心者です。
数ヶ月前より始めましたが今後どうしようかと、現在購入しているものを購入続けて問題がないかと迷い、詳しい方の意見を聞きたいと思います。

車検代として貯めていた金額なので小額ですが、
物価の優等生、T&Dアセットマネジメント 166,000円
ビルオーナー毎月、第一勧業アセットマネジメント 34,000円

イーバンクでノーロードで配当機会が多いものを選びました。
できれば年5%程度の運用ができればと思いますが、リスクが高いものと販売手数料がかかるものは避けたいと思っています。ローリスクからミドルリスクの間のもので選びたいと思います。

これとは別に会社の積み立てで毎月2万円、ボーナスに40万円×2、年間104万円積み立てています。(年0.6%)

この積み立て分の一部を投資信託に回そうかと思いますが、どの程度の比率で回すのが望ましいでしょうか。貯蓄があまりないので、大部分を投資にするのは難しいです。

20代後半男性一人暮らし独身年収約500万円です。
詳しい方にアドバイスをいただけたら幸いです。

投稿日時 - 2007-03-22 19:24:29

QNo.2856180

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まずは、年5%の運用はかなりリスクを取らないと無理です。
少なくとも株式中心(一部REITも可能です)の運用で長期投資をメインにする必要があります。

それから、分配金利回りに注目して投資信託を購入する人がいますが、
「分配金利回り=実質利回り」とはなりません。
現在の外債型毎月分配型投資信託の分配実績を見れば年4%~6%を売り物にしている物もありますが、外国債券の高金利の理由は高インフレ率ですから、長期的には為替レートが下落する事で、長期的には基準価額が下落していくでしょう。
それから、海外の配当利回りの高い株式に投資する毎月分配型投資信託も、例えば米国の場合は金利の高さに依存する物なので、長期的には為替レートが下落する事で、日本の配当株と海外の配当株がどちらが有利とは一概に言えなくなるのです。

手数料の掛かる物を避ける確実性の高い方法はETFを購入する事です。
例えば、TOPIX、日経平均ETFは市場で売買できるので格安な手数料&格安な信託報酬で購入できます。
米国(中国もある)ならば楽天証券を使って米国S&P500のETF(これも信託報酬が安い)を購入できます。
但し、外国のETFは税金面が少し面倒です。
インデックスファンドを使う方法だと年0.5%~1%程度の信託報酬が掛かりますが、その分だけラインナップが充実してきます。
例えば世界の株式インデックスに投資するファンドもあります。

現時点で年5%を狙うのならばETFを活用する方法を取ると余分な信託報酬を支払う必要がなくなる点が有利ですが、あくまでも株式中心になるのでそれなりのリスクを取る必要があります。

投稿日時 - 2007-03-22 21:12:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問