みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚した場合の慰謝料、養育費

私の姉が夫の止まらない浮気と言葉の暴力により離婚を考えていますが、子供の事や将来の経済的な不安から迷っています。
子供は高校生1,中学生2、幼稚園1の計4人を抱えていますが、もし離婚して母親の手の掛かる下2名を姉が引き取ることととした場合、月々の養育費はいくら位もらえるのが相場なのでしょうか? また、相手の不貞の行為が離婚の原因となった場合、慰謝料としていくら位請求できるのでしょうか? 経験者の方、アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2002-06-05 07:28:12

QNo.285513

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1)協議離婚の場合。
完全に双方の話し合いですから、これという金額はありません。
ですから自分に責任があるからとある程度の金額を出してる誠意のあるご主人も
いますし、婚姻期間が長くてお金を持ってる夫からでも反省がなくて養育費も一切なしなどバラバラです。
養育費は子供二人でしたら、月々5万は最低でも取れる金額です。
出せるかどうかの問題もありますが。

公正証書を作る方が多いですが、養育費を月々5万支払うという取り決めがあっても、必ずしも強制的に法でお金が回収出来る訳ではありません。
判決の確定と同じ効力と言っても、強制執行が確実に出来るということではありません。
養育費に関しては夫に支払い義務が原則的にありますが、原則はあくまで原則
です。調停離婚や判決離婚でも決められたことでも履行する履行しないはご主人
が決めることになります。最終的にご主人に誠意があるかないかの問題になります。基本的に離婚を決意する場合には、万が一養育費の
支払いがなくなったとしても構わないくらいの覚悟があった方がいいです。

2)調停離婚は話し合いになります。
但し、家庭裁判所によってやり方が違い過ぎるので、裁判所側が介入して
条件に納得が行かないまま、調書を作らされてしまうことも多いです。
調停は話し合いというのも原則論ですので、不安でしたら弁護士同伴をお勧め
致します。

3)裁判離婚の場合。
前置調停主義というのがありますので、建前上調停を起こして上手く不調に終わらせて訴訟に持っていくというのが一般的です。
弁護士に前持って、訴訟目的だからと言えば上手く調停は便宜上通りすぎる形でやってくれます。不調にさせてしまうのです。
訴状にも、「原告は訴訟の前に調停を試みてるが。。。。」と被告が聞く耳を持たなかったような書き方をして上手く訴訟を進めます。
離婚原因が夫側にあるという確固たる証拠があれば、ご主人が弁護士相談などに
行く前に先手を取ってしまえば、訴訟なら早ければ期日2回目で判決が出ます。
ご主人が控訴したりすれば争うことになりますが、控訴も控訴理由が適法でなければ棄却されますから。
先に弁護士をつけて先手必勝でやれば離婚はし易いです。

慰謝料や養育費はご主人の収入や、資産によって変って来ますし、
両方の心証を裁判官は見ますから、ご主人が心証が悪いと慰謝料も
割り引いて貰えなくなります。ご主人にも弁護士がつけば、代理人の補充主張
だのご主人側も頑張るでしょうが。ご主人も妻の落ち度について争う権利が
ありますから。
どちらにしても、裁判の場合は子供がいれば女性が有利になれます。
養育費は確実にご主人から取れるのが普通です。慰謝料に関しては
裁判官が裁判官が自由に決められる権利を持ってますので、両方の心証や
提出された証拠から判断が下されます。

裁判離婚は確定すればお役所に裁判所から連絡が行きますので、何もしなくても
離婚させられます。お金については当事者の意志によります。
払わない人は払わないというのが現実です。

>子供の事や将来の経済的な不安から迷っています

上記の文章がとても気になったのですが。。。貴方のお姉さんということですが。
離婚したい理由はご主人の再三の浮気と言葉の暴力ということなのですが、
どうしても我慢できないレベルではないよいうに思われますが。
本当に離婚したい人になるとお金もなにも要らないから。。。
というぐらいになります。迷うぐらいであれば経済的に女性は社会的に不利
ですから慎重になさった考えて離婚を決めた方がいいです。
迷っているのでは離婚は勧められません。

将来の見通し、例えば何かお姉様が資格を取って働けるようにお姉様も努力
なさらないといけないと思いますよ。
母子寮などを先に見つけておくなどもいいと思いますよ。

慰謝料については離婚後3年以内なら請求が出来ますから、離婚の方法や
お金の請求の仕方など、弁護士相談をお姉様に受けるように教えてあげて
下さい。

投稿日時 - 2002-06-05 10:59:48

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

慰謝料は、相手の収入や支払能力によって違い、例え裁判で多額の慰謝料を請求して、判決が下りても、相手に支払能力がなければ、支払は保証されません。
相場については、平均400万とか500万とか云われています。
下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.akai-web.com/r_m/tera_money.html

養育費については、下記のページをご覧ください。
http://www.rikon.to/cgi-bin/search/rikon/ca.cgi?&Fi=0&Se=3

又、結婚後に購入した不動産や預金など、夫名義のものでも財産分与として半分程度を請求することができます。
更に、夫の愛人にも別に慰謝料の請求ができます。

いずれにしても、今後の生活設計から必要な金額を計算して、話し合うことから始めましょう。
話し合いが付かない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てをすることになります。
調停が成立したら、その内容を公正証書にしておくと、将来、支払が履行されない場合に、直ちに給料の差押えなどの強制執行が出来ます。
調停が不成立に終わった場合は、家庭裁判所に訴訟を起こすことになります。
下記のページが参考になります。
http://www.rikon.to/

参考URL:http://www2.nasu-net.or.jp/~tada/cgi-bin/mao/Life/furin.html

投稿日時 - 2002-06-05 10:06:56

ANo.5

参考URLの法律事務所のサイトの「計算機集」の中で養育費の計算が出来ます.
あくまで目安であって,その計算の金額を貰う権利があるというわけではありませんが,双方の意見が折り合わず調停離婚になる場合に,養育費として請求する常識的な金額の参考にはなるかと思います.

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/index.html

投稿日時 - 2002-06-05 10:00:32

ANo.4

母子家庭の件ですが、児童扶養手当のことです。

投稿日時 - 2002-06-05 09:54:42

ANo.3

結婚年数が関係して財産分与が出来ると思います。結婚してから夫婦で作った共有の財産の半分と思って下さい。車など細かいものまで入ります。細かいことは家庭裁判所に相談という形でいかれると調停員などが話しを聞いてくれます。

慰謝料については協議離婚にした場合は話合いになってしまうので金額に決まりはないですね。
一般的に浮気はそんなに取れないと思います。暴力の度合いにもよりますが、一時の感情で数回という場合より、継続されて怪我をしたなどはっきりしてたほうが取れますから、面倒でも医者に記録を残されたほうがいいですよ。妻に全く落ち度がないとして、相手がどれだけひどいかということになるのでしょうが、200万取れないことも多いようです。

養育費については、相手の収入によるところと、相手の気持ちが左右します。この金額も決まったものはないですから。
子供にいくらかかるかを計算してそれを折半という考え方もありです。
何歳までというのも、18歳、20歳、大学と考えて22歳など様々。
住まい(家賃)光熱費などは子供をひきとった方が払うということになるので、子供にかかる費用というのは最低だとひとり3万~くらいでしょう。後で変更も申請できます。その為にも家裁の調停でしっかり決められたほうがいいかも知れません。ただ、相手が支払えない、例えば病気や再婚、失業などもある訳で15年の養育費を約束したとして支払いが滞らないでというのはよほど誠意がある男性だと思いますね。まとめて一括で家屋などをもらうとか預貯金でもらうとか、お金はまとめてもらえるならそのほうが安心でしょうね。
母子家庭になると、児童福祉課に尋ねると母親の収入によってもらえる額がわかりますので聞いてみたらどうでしょう。
離婚じゃなく、しばらく別居ではどうなのでしょうね。
別居だと夫からの生活費は入る訳ですし、離婚にあたってはお姉さんも相当な覚悟で仕事をしないとだめですよ。父親の収入だけで育てるという考え方にはならないので。
アドバイスとしては、今後の生活の基盤を整えられてから行動されたほうがいいと思います。
離婚した後は、あてにしないくらいの気持ちが必要ですよ。

多くの事例を見るならば、離婚、慰謝料などで検索されると良いかと思います。上手なやり方というのはあると思うので・・・
お身体お大事に。

投稿日時 - 2002-06-05 09:50:20

ANo.2

個人的には経験者ではありませんが、身近な人で経験者がいますので、知る範囲で。
ケース1:1歳の子を抱えての離婚。子供1
保育園は月額7万円程度掛かっていました。離婚理由は夫の暴力。
養育費は4万円。慰謝料100万?(と聞いたように思います)
妻:パート

ケース2:小学生2人
養育費二人で4万円。慰謝料0
妻:パート

ケース3:小学生1中学生1
養育費二人で5万円。慰謝料不明?
妻:無職

ケース4:小学生1
養育費0
妻:派遣社員(当初支払いがあったが、何度も請求を繰り返す結果となり、現在0)

養育費に関しては、思ったよりも少ないかもしれません。
まして、全員引き取るのではなく、夫が二人を引き取るとなりますと、余計に・・。上のケースは他に子供はなし。

ご参考まで

投稿日時 - 2002-06-05 08:50:47

ANo.1

 離婚による慰謝料と養育費は、基本的には双方の合意によって決めることになります。定価とか相場価格のようなものはありませんが、養育費については生活費と言うことですのである程度の「目安」はあるようです。

 慰謝料につきましては、離婚に至った原因を作った側が、相手に対しての精神的な苦痛に対して金銭で解決をしようという主旨です。したがって、精神的苦痛の度合いは個人差がありますし、離婚に至った経緯も色々あるでしょうから、一概に***万円と言うことは難しくなります。双方が合意をすれば、10万でも300万でもかまいません。又、支払能力も考慮する必要があります。結婚生活が20年に近いと思われますので、例えば200とか300万程度の請求は、無理な額ではないとは思います。

 養育費については、お子さんが18歳又は20歳までの期間、生活費として負担をするものですが、別々に暮らしたとしても親子なのですから、当然親として子どもの成長には責任を持たなければなりません。下のお子さん2人を引き取った場合は、5万円から7万円程度になるかと思われます。これも、お子さんが必要な経費から、母親が負担できる額と父親が負担できる金額で、双方が協議をすることになります。又、例えば進学をした段階で増額をするとかの条件も、協議をしなければなりません。当初決めた月額で変更をしないのか、進学時には増額をするとかの条件です。

 それらについて、2人で協議をして整えば問題はありませんが、整わない場合には第三者の方に仲介してもらうとか、家庭裁判所の調停と言う方法もあります。決定した内容は、公正証書という書類にしておくと、後日、支払いがされなかった場合などには、裁判所の決定と同等の効力がありますので、差し押さえなどの法的措置にすぐに移行することが出来ます。

投稿日時 - 2002-06-05 08:40:18

あなたにオススメの質問