みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

同族会社と借金・利子

叔父が倒れ自分が会社経営を引き継ぐ事になりました。

5年ほど前に資金繰りが苦しく、叔父が自分の定期預金を担保に会社が銀行から300万ほど借り入れをし、運転資金に回したようなのですがそれが未払いの借り入れとして決算書に残ってます。結果としては担保を銀行に取られ叔父が借金を立て替えたと言う形になり叔父宛ての借金になりました。

いわゆる「ある時払いの催促無し・利子無し」タイプの借金だと思うのですがこれは贈与に見なされるのではとの指摘が友人からありました。
また会社にも余裕ができ、また叔父の療養費にも当てたい旨もあり清算したいと思います。

1.やはり「ある時払いの催促無し・利子無し」タイプの借金は贈与と見なされる場合があるのでしょうか?
2.この程度の(300万5年借り入れ分)利子の支払いは必要でしょうか?支払わないとしたらその分に贈与税がかかるのでしょうか?(本人は利子は要らないと言っています)。利子も無く税も無ければ特に手続きも無いので助かるのですが。
3.貸金の返済に、つまり叔父側に税はかかりませんよね。

知っている人から見るとアホみたいな質問なのでしょうが、税務・経理ともに何も知らない男が会社を引き継いでしまいました。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-03-16 06:54:43

QNo.2837433

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

贈与とか税金の心配はいりません。
税法では役員貸付金に対する(受取利息)は必ず計上しなければいけませんが、役員からの借入金に対する(支払利息)は計上の必要はありません。

投稿日時 - 2007-03-16 20:25:31

お礼

なるほど。
分かりやすいご説明ありがとうございます。

叔父にはゆっくりと療養してもらいたいと思います。

投稿日時 - 2007-03-25 18:50:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問