みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

火災保険金の受取人に関しての質問

通常火災保険金は、建物の持ち主に支払われるという事を聞いております。
次のような場合はどのようになるでしょうか?
建物の持ち主は、A
使用者・契約者は、B
火災保険に2千万円
建替え特約に2千万円
このような場合、火事になって全焼としますと、保険金は、
Aに2千万円
Bに2千万円
と、なるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-09 21:38:56

QNo.2818262

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

建て替え特約2千万円って何のことですか?

火災保険は登記上の所有者にしか支払われません。
貴方が保険をかけても証券の所有者覧は所有者Aになっているはずです。
もし、Aの表示が抜けていても火災の時には登記簿謄本を提出しますので、
所有者がAとなっておれば、保険会社はAにしか支払いませんよ。

貴方が仮に1千万かけて借りている建物をリフォームしても、保険金は
その分も含めAに支払われます。

なお、2千万円の価値しかないものに4千万円の保険をかけても、それは
超過保険となり、2千万円しか支払われません。

投稿日時 - 2007-03-10 09:23:50

お礼

回答ありがとうございます。
同じ場所に同じ用途で2年以内に再築する事を条件とした特約のようです。
契約者がこれをかける事で、所有者ではなく契約者に保険金が支払われ、所有者の了承が無ければ、同じような建物を再築は出来無いのですね。
という事は、この特約を付けても、所有者次第では無駄になるという事ですね。
今回の質問、あまりに当たり前の事でしたが、指摘されて改めて再確認できました。

投稿日時 - 2007-03-10 11:17:01

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

物保険については、その所有者に保険金が払われるのが原則です。

投稿日時 - 2007-03-10 08:48:33

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-03-10 11:01:29

ANo.1

当然、所有車Aになります。

ご質問の使用者もしくは契約者に払うということになりますと、保険金目当ての放火犯罪を誘因することにもなりかねません。

他人の所有物に保険をかけて、保険金を受け取れることになりますよね。

投稿日時 - 2007-03-09 22:10:02

お礼

回答ありがとうございます。
ご指摘の通りですよね。

投稿日時 - 2007-03-10 11:00:57

あなたにオススメの質問