みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

損害保険会社の調査不足の契約について

先日、車を購入して自動車保険(任意)を付保しました。
保険契約をする前に以前も車を所有していたことがあり、保険の中断手続きをしてあることをつげ、保険契約前に損害保険会社に以前の保険等級(11等級)が引き続き継続できるか否かを確認し、保険契約しました。
(ちなみにこの時点で私は中断手続きした書類を紛失しましたので、
その旨も伝え、調べてもらいました。)
ところが先日、契約後約3ヶ月してから中断手続きしたものは5年間の有効期限であなたは昨年の春に5年の期限を過ぎていますと。適正な保険にするためには6等級の保険金額を払えというのです。
支払い金額は約10万円→16.5万円となり1,6倍の支払いになります。

こちらがすべて情報提供していて先方の調査不足による不備にもかかわらず、泣き寝入りして言われた通り支払わなければならないのでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-23 00:16:58

QNo.2776160

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

質問者さんの言われる「調査不足」と、正しい等級適用とは問題が別です。
契約を成立させるには正しい等級にする必要がありますし、当然差額の清算も必要です。
ただ上記のような処理をしたからといって、保険会社の不手際が消えるわけではありません。

契約後数ヶ月して等級の訂正を求められることはよくあることです。例えば1年近く前の事故を契約者がすっかり忘れているようなこともあります。今回も正しい処理は、契約者が「中断証明書」を保管していて、契約時に提出できていれば問題は起こらなかったはずです。本来「中断証明証書」は契約者が保管しておくものですし、契約時に中断時の等級を適用するには、証明書の提出が必要です。あまり保険会社ばかりを責めるのもどうかと…

投稿日時 - 2007-02-23 06:56:15

お礼

ありがとうございます。
中断証明書を紛失したのは私の落ち度です。
契約は自己責任ですが、中断証明を確認してもらうのではなく
再発行してもらえば、よかったです。

投稿日時 - 2007-02-24 00:24:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

追伸
>ちなみに以前加入した代理店は会社名を変えて存在し、今回は違う代理店で契約しました。
それでは契約代理店ではわかりませんね。母体の保険会社でなければ・・・。

>先方の確認ミスで契約したユーザーに負担させるということです。
人的、引き受け上のミスと差額保険料請求とは別の問題です。
正常に引き受けしてれば差額はでないはず。ミスによる不正常な引き受けをしたのですから、それを正常な形にもどすだけで問題はないはずですよ。

>契約行為が契約書の裏面に約定で沢山逃げ道を作ってありますね。
保険に限らず、商行為による契約にはすべて色んな形で書き込みはあると思いますよ。

中断証明期間失効による等級喪失と追い打ちかける差額保険料の請求に憤慨 ミスにかこつけて詰っても何の解決にもなりません。

加入者の告知義務違反・勘違いなどにより、何百万 何千万という保険金が支払えないことを思えば、まだましかと発想転換されてはどうですか?

銀行でもたまに10万預けたのに、一桁まちがえて100万になってたり、多少のミスはつきものではありますがね。

投稿日時 - 2007-02-26 00:37:42

お礼

ありがとうございます。

それでは契約代理店ではわかりませんね。母体の保険会社でなければ・・・。
→損害保険会社に契約前に確認していただいたのですが。

ご意見を伺う限り、何もかわりそうもないので、発想を
変えようと思います。
ちなみに私の仕事でこんな初歩的ミスをしてしまったら、
間違いなく、転勤ですね。

投稿日時 - 2007-02-26 23:45:04

ANo.6

追伸
失礼しました。訂正します。同じ保険会社でも、5年以上前の中断証明となると、名前だけからではかなり時間がかかるかもしれません。
旧証券番号がわかれば、即、わかるはずではありますが・・・・。
契約の経緯と、特に復活契約となると信用して契約引き受けしたのかもしれませんね。

それなりの代理店ですと、それなりの資料控えを管理してますので早くにわかったかもしれませんね。

投稿日時 - 2007-02-25 23:24:50

お礼

ありがとうございます。

中断証明が何年何月にきちんと手続きされているとお調べいただいて
確認していただいたということで私は契約しました。
信用ではなく事実を確認していただいたと認識して契約行為をしました。

その保険会社が言うには確認はしましたが、中断証明の有効期限だけ見落としましたと言ってます。
単に先方の確認ミスで契約したユーザーに負担させるということです。

常識で考えてそんな間違いでユーザーに負担させられますでしょうか。
また、代理店いわく、保険契約者のデータベースには代理店は個人情報の関係でアクセスは出来ないとのことです。

ちなみに以前加入した代理店は会社名を変えて存在し、
今回は違う代理店で契約しました。

紛失したのは私のミスですが、契約行為が契約書の裏面に約定で
沢山逃げ道を作ってありますね。
やはり契約はもっと慎重にすべきですね。
相手は法律のプロではなくただの人だということも認識しないと。
代理店は代理権をもってるわけですから、もっとプロとしての自覚をもってもらべきですね。

投稿日時 - 2007-02-25 23:45:05

ANo.5

NO2,3,4さんの書き込みのとおりです。

>同じ保険会社で契約したのですが、調べるにも時間かかったようです。

中断証明紛失の場合5年 10年とあります。が、3ヶ月もかかるとは、同一保険屋の対応としては?? この点については少しぬるい対応ですね。イヤ、大分遅い処理・対応です。
しかし、あなたにも多少過失はありますね。
この案件、お互い過失相殺事故?ですね???

差額、追徴金はどちらにしても早急に支払うべきです。

投稿日時 - 2007-02-25 23:03:47

ANo.4

NO2,3の回答通りですよ。

同じ保険会社なら、すぐに調べられますが、他の保険会社の発行した
中断証明なら現物がない限り2~3ヶ月は調査に必要です。

そもそも、中断証明書はどの保険会社も再発行が可能ですので、まず
再発行をしてもらい、それを確認してから契約すべきでした。

追加の保険料を支払わずに推移すると事故が発生したときに、保険金が
支払われない事がありますので、早急に支払うべきです。

投稿日時 - 2007-02-23 08:43:55

お礼

ありがとうございます。
同じ保険会社で契約したのですが、調べるにも時間かかったようです。
未払い期間中に事故を起こしたらどうなるか確認しましたところ、
ある程度アローアンスはありますとかなりあいまいな言い方でした。
こういう会社は本当に事故があった場合は保険金は支払いませんね。
あとであの時ああ言ったと詰め寄ってもあれは私の個人的意見で、
会社としての回答ではありません。軽率でしたとか言って逃げます。
金融機関はだいたいそんな対応が多いです。
弱者に厳しく強者に弱い世界だとあらためて実感しました。

投稿日時 - 2007-02-24 00:34:44

ANo.2

事実に基づいて契約されるので、調査不足を盾にしても無駄です。
最悪は契約解除になりますので、早々に支払いしましょう。

考えられる背景としては、中断手続は5年のものと10年のものがあり、保険会社によって扱いが違います。
現在は10年が主流のようなので、中断手続発行の有無を調べ、発行されていた事実は確認できたので(おそらく電話で確認)契約し、中断証明の控えを取り寄せたところ、5年ものということだったのでしょう。

投稿日時 - 2007-02-23 03:03:05

お礼

ありがとうございます。
ただ、保険代理店も中断証明の有効期限があるなら切れる前に
保険契約者に知らせてもらいたかったですね。

投稿日時 - 2007-02-24 00:27:48

ANo.1

>11等級が引き続き継続できるか否かを確認し、保険契約しました。

であれば、その主張をつづけるべきです。
しかし保険会社は契約約款をたてに、拒否してくるでしょう。

これは交渉ごとのレベルになります。
(金融の法律が彼らの背後にあるため、契約ごとの争いのうしろに、強いものがひかえているため)

投稿日時 - 2007-02-23 00:32:25

お礼

ありがとうございます。
主張していますが、先方は当方に落ち度はありませんという態度で
まったく誠意を感じません。
大きな組織にはよくあることで、結局消費者である弱者が損をする可能性があります。
金融監督庁に相談するところがあるようですので、相談します。

投稿日時 - 2007-02-24 00:21:07

あなたにオススメの質問