みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

破産者

破産者とは、破産免責が下りている人をさすのですか?
それとも、破産の手続きに入った時点で、その人をさすのですか?

投稿日時 - 2007-02-21 00:06:53

QNo.2770470

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 破産者とは、裁判所から破産宣告を下され、免責決定が降りるまでの間の身分を指します。
 だから、免責決定が降りると「破産者」とは呼びません。逆に免責決定が降りない場合は、「破産者」であり続けることになります。
 ちなみに、破産宣告を申し立てると、免責申し立てもしたことになり、99.99%は免責決定が降ります。
 免責決定が降りない場合は、財産隠匿、刑法事由にあたる事情、免責審尋のすっぽかしなどです。
 債務整理をする前は、下のページが勉強になります。

投稿日時 - 2007-04-09 21:00:53

ANo.2

破産法2条4項で「破産者」を定義しています。
それによると「債務者であって裁判所が破産手続開始決定のあったもの」となっています。
従って、免責前でも破産者と云う場合があります。

投稿日時 - 2007-02-21 07:54:24

ANo.1

 裁判所から破産決定の審判された人(破産免責が下りている人)です。

 破産手続きに入っても裁判所に認められなければ破産できません。

投稿日時 - 2007-02-21 00:22:13

あなたにオススメの質問