みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一日数本のタバコは害?? 

こんいちは。僕は一日1本から最高3本までのタバコを吸います。 癖になると指摘する方もいますが、7年間この本数以内で、これからも増やす気はないです。 緊張を和らげるのに役立つので吸っているのですが、 これってどこまで体に悪いのでしょうか?? 世論では1,2本でも害だという見解が多い中、実際の所そして医学的に本当はどこまで悪いのか気になります。 みなさんはどう思われますか? 

投稿日時 - 2007-02-19 13:34:58

QNo.2765719

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。
喫煙歴20年・・禁煙歴1年の者です。

医学的なことはさっぱりわかりませんが
医学的に少ない本数でも悪いんだなとは思いますよね。
ただわたしはいいと思います。
もし自分も1日数本で本当に吸いたい時に
吸うタバコならやめてなかったと思います。
でもそれが出来ないんですよね・・。
そういう考えの人いっぱいいると思うのですが・・。

だって田舎で畑仕事の合間に一服してるおじいちゃんや
ベンチで遠くを見つめながら一息ついてる
サラリーマンなど見てると本当に体に悪いの?
って思うくらいいい表情してると思いますよね(笑)

でもやっぱり今の世の中は周りに気を使って
吸ってほしいと願います。

投稿日時 - 2007-02-21 18:34:50

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

195人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

喫煙歴19年、禁煙して2年ちょっとです。

>僕は一日1本から最高3本までのタバコを吸います。

禁煙セラピーで有名なアレン・カーさんの著書にあった症例に
「1日2本だけタバコを吸う女性」というのがありました。
カーさんによれば、こういう人のほうがタバコをやめさせるのが難しいそうです。
なぜなら「次の1本を楽しみにする」度合いがより強化されてるから、だそうです。

また、こういう本数は得てして過少報告されるものなので、
相談を受けたときもあまり素直には信用しないそうです。
「1日5本しか吸わない」と言いながら、カウンセリング中だけで5本以上吸った男性もいたそうで。

タバコは百害あって一利なしと言い切っていいと思いますが、
百害の中でもっとも深刻なのは病気の誘引とか副煙流などの問題よりも
「現在進行形で吸っていると『一利なし』であることに気がつかない」
ことじゃないかと、タバコをやめた今になって感じています。

投稿日時 - 2007-02-19 17:17:19

ANo.4

科学的な害と社会的な害、そして本人の精神衛生上の害があると思います。

科学的にはもう決着が付いていると思います。 統計上、喫煙者は非喫煙者より発ガン率が高くなっています。 個人差がありますから、毎日2箱吸って90歳まで生きた人がいると言っても、あなたもそうだとは言えません。 本数が少なければリスクも減るでしょうがゼロにはなりません。

社会的にももう決着すみですよね。 つまり、間接禁煙の害というものが、世界的に認知された現在、喫煙は、個人の嗜好の問題ではなくなりました。 吸う事が悪と、科学的に立証され、社会的な判断に決着がつきました。

あなたの精神衛生上の問題ですが、恐らくあなたは、日に1・2本なら大丈夫との回答を多く期待されているものと、穿った想像ですがそう思います。 

しかし、例えば結婚して奥様と何十年連れ添った後、不孝にして肺癌で奥様が亡くなられたら、あなたはどう思うでしょうか? そんな仮定の話は知らない、と笑い飛ばすのも結構ですが、あなたが心の底に引っ掛かっているものって、そういうことですよね。 

それなら、禁煙を決意した方が良いと思います。 後悔先に立たず、と言います。

投稿日時 - 2007-02-19 14:23:46

ANo.3

医学的には全く素人ですので、その上で話したいのですが…。
私の父も50年近く1箱/日以上を吸っていて健在ですし、知人でも、更なるへヴィースモーカーなのですが、健康体の人もいます。
吸うのを我慢することが精神衛生上悪く、体調を悪化させるなどという人もいますし、じゃ、何本吸えば病気になるかとか、1~3本/日なら影響ないなどいう医学的な見解は聞いたことがありません。しかし、たばこが肺に悪影響を及ぼすのは間違いなく、「COPD」の原因でもあることが分かっていますよね。「COPD」になれば酸素ボンベを四六時中もって生活しなければなりませんし、回復しない病気だそうです。
私は生まれてこの方、1本たりと吸ったことがありません(副流煙を除いて)ので、参考意見になるか分かりませんが、ここで言えることは、喫煙は「百害あって一利なし」なのは明白なのですから、やめられるならやめることをお勧めします。

投稿日時 - 2007-02-19 14:02:43

ANo.2

私は、愛煙家です。以前歯医者の先生と、内科の先生とお話しさせて頂いたのですが、歯医者の先生の見解は、タバコは百害あって一利無し!!肺や血液の病気だけでなく、歯槽膿漏にもなりやすく、ニコチンも付着し口臭も気になる為、とても口腔的にもよくないので、一刻も早く辞めるべきだ!と言ってましたが、一方内科の先生は、一日3本程度ですむ人は(たまたま私の友達も一日3本程度ですんでいる子がいます。)特に、無理をして、辞める必要がないと言ってました。タバコを吸う事によりストレス等が発散されたりする為、逆に、辞める!という行動で、体にストレスや負担がかかり、ストレスをためる体になる。との事でした、強い意志があるなら、喫煙する為にストレスを感じる事はないのでしょうが、自分にそこまで強い意志がないのであれば、自らストレスを溜める事はしなくていいと言ってました、今は、あまり、ストレスを感じることなく、禁煙できる方法として、病院で診察をうけ、ニコチンパッドのようなものを処方してくれる病院も増えているとの事です。気になるのであれば、病院へ行って処方してもらうといいのではないでしょうか?
ただ1本や2本でも私は、体には悪いものだと思ってます。

投稿日時 - 2007-02-19 13:59:49

ANo.1

少なくてもニコチンやタールは肺に蓄積され取れることはありません。
タバコを毎日吸っても高齢な方はいっぱいいらっしゃいます。その人次第でしょう。

投稿日時 - 2007-02-19 13:41:40

あなたにオススメの質問