みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お助けを、シャンクが直りません

いつもお世話になっています。

この土・日に二日続けてラウンドしたのですが、1日目の最初のホールでシャンクが出て、それ以来おかしくなってしまいました。 特に日曜日の後半なんてシャンク連発でハーフ68を叩きました。 最後にはバンカーショットにもシャンクが出はじめ、右45度方向へ飛び出す始末。 全くゴルフになりません。

このカテでも過去に多くのシャンクに関するQ&Aがあったのですが、どうも私の場合は新種の病気のようです。

というのが、グリーン周りの20~30y付近からのアプローチなら大丈夫なんです。 手首の角を維持したまま両肘を体から離さないようにしてテークバック。 出来るだけ体全体でスイングするように心掛けるとまずまずのアプローチが出来ます。 シャンクは出ません。

ところがそれ以上の距離のアプローチが大問題です。 距離にして50~80yくらいのアプローチです。 80Y超になればAWのフルショットで何とかカバーできるのですが、この中間距離がどうしてもシャンクしてしまいます。

特に芝が薄くなってベアグランドに近い状態のライなら、100%の確率でシャンクが出ます。

30y付近の短いアプローチを少し大きくするだけと自分で言い聞かせるのですが、テークバックが大きくなると、どうしても両肘も体から離れるし手首もコックされるため、自分で考えてもヘッドがおかしな軌道を描くように感じています。 ただ自分ではどうしてそうなるのか、どうすれば修正できるのか、皆目分かりません。

30y付近のアプローチとそれ以上の距離のアプローチ、どこが同じでどこが違うのでしょうか?

投稿日時 - 2007-02-05 15:10:51

QNo.2725684

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>実は練習場ではバッチリ
これが曲者なのです
練習場では気楽に打っていませんか?
コースで気楽に打てればそれでもいいのですが
私の経験からすれば、練習場で目いっぱい真剣に練習して
コースでも目いっぱい真剣にプレーすると
結果が良いのに気がつきます
どこか妥協する所があれば
コースでも必ずいい加減な結果が出ています
目いっぱい真剣に練習したものは必ず自信になっています
バカボンパパではありませんが「これでいいのだ」
という決まりきった打ち方が身に付くよう頑張って下さい

>ベアグラウンド
これも突き詰めれば同じ事なのです
マットの上で(あるいはテイーアップした練習で)きちんと打てれば
同じ打ち方できちんとボールが飛ぶ事を
気持ちの中に畳み込んでください
人間を信じる、自分を信じる事が出来る方は
上達が早いと言われます
最後は、自分に戻りますね

追記まで

投稿日時 - 2007-02-07 00:31:20

お礼

再度のアドバイス、有難うございました。
> 人間を信じる、自分を信じる事が出来る方は上達が早いと言われる ・・
これだと思います。 過去に何度もシャンクで悩んだ経験があるので、恥ずかしながら100y以内のショットには全く自信が持てないのです。 つまり自分のスイングを信じられないのです。 シャンクしないで何とかグリーン・オンすると、本当にホッとする次第です。 おっしゃるように練習量が不足していて、自信につながっていないのかも知れませんね。
今週末ラウンドする予定ですので、皆様に頂いたアドバイスを思い出し、頑張ってみます。 有難うございました。

投稿日時 - 2007-02-07 13:53:36

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

“リキみ”が原因ではないでしょうか。
それもテークバックから切り返しにかけて、左腕・左胸が力んでしまっていませんか?

「芝が薄くなってベアグランドに近い状態のライなら、100%」
という情報からもそう感じますし、
「30y付近の短いアプローチを少し大きくするだけ」という意識からもそう感じます。
30yまでなら、力んだところで左腕が体から離れてしまうほどの振り幅にはなりませんが、50yだと左腕の力でテークバックすると、トップで左腕が体から離れてしまいます。

【アドバイス】
50yくらいの振り幅でしたら、フルショットと同様に右手で上げたほうが、左腕が自然な状態で体に密着すると思います。勿論、ダウンスイングも左腕の力は使わず、上体が突っ込まないように腕とクラブの重さを使って自然落下させます。
アーニーエルスのスイングを小さくしたようなイメージです。
アーニーエルスのあの美しいトップの形は、左肩や左胸が力んだら絶対にできないはずです。

恐らく、フルショットなら無意識に右手で上げているテークバックが、
アプローチショットの延長と考えてしまったことにより、左上腕、左胸が力んだ状態でトップまで上げてしまい、トップですでに腕が体から離れているのではないでしょうか。

一度、クラブを持たないで(シャドースイングで)、左腕の力でテークバックしたときと、右腕の力だけでテークバックしたときの、トップのおさまり具合の差を確認されてみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-06 15:22:50

お礼

有難うございました。
お説を伺って考えたのですが、練習場ではもっと両肘が体に近い所と通過していたように思います。 本番ではなぜか体から遠い所を通り、それが原因でシャンクしていたかも知れません。 おっしゃるように、グリーン目前という事で、もしかすると力んでいたかも知れません。 体から離れると、いわゆる手打ちになるし、とても危険ですね。 アドバイス、忘れないようにします。

投稿日時 - 2007-02-07 13:47:02

ANo.3

またですか?困りましたね!
100ヤードまでなら両肘を身体につけたままで大丈夫ですよ
あせらないで、練習場で、しっかり練習した事を繰り返すだけです
焦りが出るのは、練習場で自分の距離を掴みきれていない証拠ですね

練習場で、40ヤードか、50ヤードどちらかを練習してください
出来れば80ヤードも練習してください
40ヤード(50ヤード)と80ヤードが打てるようになれば
プラスマイナス20ヤードは振りの大きさを変えるだけ
(またはグリップの長さを変えるだけ)で調整がききます

中途半端はいけません
練習した事を必ず繰り返す事で練習した距離が出ます
クラブを振るリズムも自信が出来ればゆったりするでしょう
まず、真剣な練習です

アドバイスまで

投稿日時 - 2007-02-05 22:30:52

お礼

autoro 様、いつも有難うございます。
質問文に入れなかったのですが、実は最近練習場ではバッチリOKなんです。 この前の土曜日もラウンド前に40球ほど練習しても違和感なくアプローチ出来ていました。 ところが実際のプレーになった瞬間、一番ホールのアプローチでシャンク発生。 えっ、何で? と不思議に思いながらプレーを続けていたのですが、2番ホールのアプローチからもう駄目です。 アプローチの構えの段階から何だかシャンクが出そうなイメージが抜けず、結果はやはりでした。
月に2~3ラウンドはこなしているのですが、未だにボールがゴムマットじゃなく地面にあるといけません。 今まで練習してきた事を全て忘れてしまいます。 精神的なものが影響しているのは分かっているのですが、どうすればいいのか ・・ やはり何球も打ち込んで練習を繰り返すしかないのでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-06 10:16:06

ANo.2

シャンクの原因は球と体が近すぎる為インパクトでつまり、フェースが開くからです。もう一つは、インサイドから降りすぎて右膝の送りが左腿につかず、外に向かって出てしまうことです。
直す為には
・べた足でフィニッシュをとるようにする。
・両足のかかとをつけてつま先を180度開き、右膝が前にでないスイングで練習する

投稿日時 - 2007-02-05 21:57:55

お礼

有難うございました。
> 両足のかかとをつけてつま先を180度開き、右膝が前にでないスイングで練習する ・・
友人に同じ事を言われました。 要は下半身を止めて手だけで振る事だと。 つまり体が変な動きをするから、振っているつもりなのに全然振れていないと言われました。
今度、どうしようもなくなった時、思い切って両足を揃えて打ってみます。 アドバイス、有難うございました。

投稿日時 - 2007-02-06 10:04:50

ANo.1

KGS

お疲れ様です。
シャンクが出だすと余計なチカラが入り、今度はミスしないようにと少しボールとの距離を取ったりしますが逆効果だったりします。
シャンクの原因はスイングプレーンがアウトサイドインで早打ちの場合がほとんどです。
前下がりのアプローチでシャンクが出やすいのは、フルショットのときよりクラブを短く持つことと、斜面が下がっているためボールとの距離を間違え、手打ちになるためアウトサイドインの早打ちになるからです。
さて、speedpost様のケースですがAWのフルショットで80Yということですが、少し飛んでいないような気はしますがSWのフルショットではどのくらいなのでしょう。
SWでアプローチされているのでしょうか。

両肘を体から離さないように意識しているのは半分正解だと思います。
でも現実的にこれだけの距離をこういう打ち方で飛ばすのは難しいですが、右ひじだけ体から離れないようにすれば比較的アウトサイドインの修正がしやすく、トップの位置を調整することで距離の打ち分けができます。
あとはテイクバックのスピードを意識してゆっくり上げることができれば、かなりシャンクは減ると思います。
がんばってください。

投稿日時 - 2007-02-05 21:16:25

お礼

有難うございました。
AWでフルショットすると実際には90~95yになるのですが、80yの距離を変に加減するとシャンクするので、やむなくフルショットする次第です。 当然、ピンをオーバーしますが、何とかグリーンに乗せる事は可能です。 ある意味、そこまでシャンク病が深刻になっているわけです。
あと、今の季節ではフェアウェイの芝が枯れているのでSWはあまり使う事が最近ありません。 何回か試してみたのですが、ソールが厚いので地面に跳ね返されるような結果が多かったです。
アドバイスをお聞きして感じたのですが、シャンクが出る時というのは大体スイング自体が早いかも知れません。 不安なためどうしても早くなっていると思います。 スピードに注意するようにします。 有難うございました。

投稿日時 - 2007-02-06 09:59:51

あなたにオススメの質問