みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

2月から入居なのですが困っています。長文です。

都内にアパートを借ります。その物件を見た時は「平成2年築」と説明がありました。本日その物件の契約をし、重要事項説明のときに東京都の「賃貸住宅紛争防止条例」ついての説明を受けました。「家で目を通しておいてください」と言われました。あと「鍵は取替えしていないのでしたければ自己負担で」ということでした。鍵をもらい物件へ行きました。電気がつかなかったのでブレーカーを上げました。電気がついた瞬間、ブレーカーの主電源のところに「昭和56年」というシールが貼り付けられていました。「えっ?」って思ったんですが(1)「平成2年築」と説明を受けたのになぜブレーカーが「昭和56年」なのでしょうか?築年数に偽りがあるのでしょうか?ブレーカーは一昔前という感じのものでした。次。部屋を見ると前の人がつけたと思われる赤インキのシミがフローリングについていました。また壁紙が日焼けがハッキリ分かるぐらい黒ずんでいました。物件を見たときもその状態だったのですが「入居前に補修などをしてくれる」とばかり思っていたのですが、どうもハウスクリーニングしかなされていませんでした。(ハウスクリーニング代はとられました)。現在も別の賃貸物件に住んでいるのですが、契約前と入居後にはちゃんと壁紙の張替えなどちゃんとしてくれていたので、それが当たり前かと思っていました。帰宅して「賃貸住宅紛争防止条例」の書面を読むと「鍵の取替え=貸主負担」「壁紙の張替え(自然消耗)=貸主」とあったのですが、(2)今回の場合、鍵と壁紙の張替えは大家さんの義務なのでしょうか?分からないことがありすぎて、まとまりのない文になってしまって申し訳ありません。管理会社にも相談しようと思っているのですが上手く丸め込まれそうなので、その前にみなさん(専門家)の意見を聞きたいと思い投稿させていただきました。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-28 02:18:12

QNo.2702059

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

鍵交換の負担についてだけ。
私の住んでいるあたり(首都圏)ですと、借り主負担が一般的です。
場所にもよるのでしょうが、No1さんのおっしゃるような「借り主負担ありえない」地域だけではないです。

それ以外の、ブレーカーの件と、ハウスクリーニングの件は強く主張されてよろしいかと思います。
特にブレーカー、「昭和56年」のところは写真にとっておいた方がいいとおもいます。

投稿日時 - 2007-01-28 10:31:43

お礼

返事が遅くなって申し訳ないです。鍵の負担は業者によっていろいろみたいです。私の友達は世田谷住みですが、鍵は業者負担で取り替えてもらったそうです。ブレーカーの件はNo2さんを参照してください。

投稿日時 - 2007-03-09 22:17:25

ANo.2

業者の者です。

>(1)「平成2年築」と説明を受けたのになぜブレーカーが「昭和56年」なのでしょうか?
それが事実なら昭和56年以前の建物でしょう。

>(2)今回の場合、鍵と壁紙の張替えは大家さんの義務なのでしょうか?
鍵については、判例で入居時に大家さんに交換の義務まではないとされています。鍵として機能していればいいわけです。大家負担になるのは鍵が壊れた場合です。業界として一般的なのは、入居時に契約条件として借主に交換費用を負担してもらって必ず鍵交換を行うパターンと、交換は借主に選択してもらって借主実費負担となるパターンのどちらかです。
壁紙については#1の方の回答の通りですね。

とりあえずご質問者の今後の基本的な方向を決めて交渉するべきでしょう。退去するのか住み続けるのかということです。住み続けるなら説明の不備を指摘して仲介手数料の減額等を求めるといったところでしょうか。交渉次第ですが、家賃の減額までは難しいかもしれません。退去するなら契約撤回を主張しなければなりませんので、残念ながらどうしても交渉と新居探しをすることになって苦労せざるを得なくなります。

投稿日時 - 2007-01-28 08:42:13

お礼

返事が遅くなって申し訳ないです。その後いろいろ調べた結果、なんとかこのアパートに住んでいます。ブレーカーの件ですが、東京電力に電話したら「使いまわししている」といわれました。そんなこともあるんですね。いろいろご教授くださりありがとうございました。

投稿日時 - 2007-03-09 22:15:08

ANo.1

> 鍵の取替え=貸主負担
当然です。自己負担なんてありえません。
壁紙はまだそのまま使えると判断すれば、
必ずしも交換義務はありません。
物件の現状になります。

> 平成2年築」と説明を受けたのになぜブレーカーが
> 「昭和56年」なのでしょうか
なわけないですいね(笑)
平成2年改築?なんてことも短期でありえません。
まさしく、昭和56年かそれ以前なんです。

> 本日その物件の契約をし、
通常、物件を契約した時の礼金・仲介手数料は戻ってきません。
ですが、契約内容に虚偽があった場合、
契約を白紙に戻します。
築何年かは、物件の賃貸金額に反映される為、
虚偽はよくありません。

今回、虚偽どうのというより、
あなたが不信感を持ったことは事実です。
不動産物件のことに詳しくないあなたにも、
懇切丁寧な不動産屋はいるのではないでしょうか?
契約を白紙に戻して、別の不動産屋を当たったほうがいいと思います。
白紙に戻すときに、あなたが負担する金額はありません。
何か言われたら、消費者相談センターに相談しましょう。
強気で行って下さい!
あなたの考えは間違っていません。

投稿日時 - 2007-01-28 03:38:40

お礼

早速の回答ありがとうございます。今回は仲介業者からの紹介でこの管理会社の物件を契約しました。仲介業者の対応は良かったのですが、管理会社は従業員が50すぎたおっさん&おばさんで、対応も一昔前の客より少し上から目線で腰の低さを感じられませんでした。今どき珍しい。とりあえず、明日仲介業者に相談します。それから今後の対策を考え、管理会社と埒が明かないようなら法的手段を持すかどうか考えたいと思います。

投稿日時 - 2007-01-28 04:05:09

あなたにオススメの質問