みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

竿の素材

HVFやSVFのルアーロッドは軽くて感度が良く、優れた特性を持っていますよね。
ボロンやレアメタルなんて素材もありますが、これらはSVFなどと比べてどういった長所、短所があるのでしょうか?
またレアメタルって何ですか?

カタログから抜き出した文章でなくて、実際所有されている方からのお話が伺えたらと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-12-28 17:48:46

QNo.2630986

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

HVFやSVFは低レンジのカーボンシートの総称です。レンジとはカーボン繊維同士をつなぐ為に入っている樹脂の事。
レンジが少なければ感度、軽量ですが粘りが無く折れ易い。レンジが多ければ折れ難くいですが感度は悪く重くなります。
ロッドの調子を出すにはレンジコントロールと言って、同じ弾性のカーボンでもレンジ量が違うカーボンを組み合わせて作ります。バット部分には低レンジ、ティップやベリーなど曲がる部分にはレンジの多い物とか、低弾性カーボン等を組み合わせたりします。 

レアメタルの話・・ボロンロッドは細い針金のようなボロン素材を心金にカーボンを巻くときに一緒に巻き込むタイプとカーボン繊維に予め織り込まれて入る物をそのまま巻くタイプがあります。
ボロンロッドと呼べるのは5%以上素材に使われていないとボロンロッドとは呼べない事になっています。
ボロンの反発自体は40tカーボンと同じ位と言われています。ただ、金属なので反発した後の戻りがカーボンより早いのが特徴で50tカーボンに巻いてもその効果が感じられます。ただ、曲げ強度の高い素材との組み合わせでなければ効果がわかり難いと思います。
代表的な素材はTR-1000とかタフビーム等があります。代表的なロッドでUFMウエダのボロントラウトロッドはキャストでボロンの恩恵を体感出来ます。旧ザウルスのロッドはバットが硬すぎて余り分りませんでした。

青物用ロッドに限らず、ロッドを細くするとパワーが無くなるので、それを補う為にブランクの厚みを増すか、より高弾性の素材を使用することになります。高弾性素材は曲げに対して弱いのでトルクを上げる為にボロンやアラミカなどを使用します。厚みを増した場合重くなって感度が悪くなるのでボロンを入れてトルクと感度を補います。
ただ、ボロンロッドは高感度、高トルク、高キャスト性能と良い事尽くめと思われますが、値段が高く設計強度以上の負荷に弱く、いきなり折れたりします。低レンジのカーボンロッドも同じです。
参考までに、鮎竿では100tカーボン使用なんてロッドが有りました。

投稿日時 - 2007-01-07 17:53:54

お礼

ありがとうございます。
知らないことを多く教えていただきました。

投稿日時 - 2007-01-07 20:11:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

その昔カーボンの弾性がまだ最高でも30t程度だったころ
レアメタル(No1さんの言うとおり)を使用することで
より高い反発力を得ようとしたもので 最近の50tとかのカーボンには
不要となってきていると思います(あくまでわたしが思うだけですが)
レアメタルを使うメリットとデメリットは

メリット
 ・反発力の向上
 ・感度の向上
 ・メタルなしであれば同じ反発力の素材よりも折れにくい
デメリット
 ・重くなる
 ・高価になる

こんな感じでしょうか

投稿日時 - 2007-01-05 11:26:54

お礼

ありがとうございます。
50tなんていうのもあるんですか。それは知りませんでした。
chibitakunさんのご意見を伺う限りは・・・あまり魅力は無さそうですね。
オフショアで狙うような大物以外は必要ないんですかね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-01-05 19:03:48

ANo.1

そもそもHVF&SVFはカーボン繊維の密度の問題で強度と
重量の差が生まれてくるもので軽くて感度がよければ使いやすい
と思いますが。
レアメタルとは地球上に存在する金属の中でアルミや鉄のように
比較的多く産出するものに比べボロン・マンガン・チタンetcのような非常に産出量が少ない金属のものをさします。
よって、ボロンを含んだブランクも広義ではレアメタルになりますよね。レアメタルにはどのような長所があるのかは知りませんが、
素材そのものの値段が高いのではないかと思います。
どのジャンルのルアーフィッシングをしているか分かりませんが
バスの場合あまり素材にこだわらず自分にマッチしたルアーロッドを選んだほうが懸命ではないでしょうか?
**マガジンなどで年間売り上げランキング等を見たことありますか?
上位にある竿ならほとんど変わりなく使えると思います。
特殊なロッド(ビッグプラグ用・クランク用・スピナベ用)などは
好みの問題が大きく実際使っている方から話を聞いてみてください。
最後に一言、初心者ならプロが薦めているロッドより1ランク軽い(柔らかい)ものを薦めます。

投稿日時 - 2006-12-28 19:04:30

お礼

ありがとうございました。
現在バスはやっておらず、アップストリームから青物へ転向しました。よって、50cmオーバーの青物を対象とした竿とお考えください。

投稿日時 - 2006-12-28 19:40:32

あなたにオススメの質問