みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

トランジスタの過渡応答について

トランジスタの過渡応答において、遅延時間と比較して蓄積時間が長いのはなぜなのでしょうか。PNPトランジスタの動作で説明するためにはどうしたら良いのでしょうか。詳しい方教えて下さい。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2006-12-01 17:35:32

QNo.2574139

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

トランジスタのスイッチング動作で飽和動作時の特性ですね

飽和動作は確実にスイッチングさせる為にベースに過剰な電流を流します
その為ベース電流をゼロにしても内部に電荷が残っている間コレクタに電流が流れ続けるのです

過剰電流に比例して蓄積時間が長くなりますが立ち上がり時間が早くなります
飽和させるにはコレクタ電流の1/hfeで良い訳ですが
確実にするには温度特性や立ち上がり時間等を考慮して5倍とか10倍とか流します

PNPとNPNの違いは電荷が電子と正孔の違いで極性が変わるだけです

投稿日時 - 2006-12-03 09:19:28

お礼

お返事ありがとうございます!トランジスタのスイッチング動作で飽和動作時の特性のことだったんですね。教えて頂きありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-03 14:05:46

あなたにオススメの質問