みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

慰謝料の返還について

当方28歳女性です。1年つきあった不倫相手が離婚すると約束してくれたため、奥さんに対する連帯責任の慰謝料のうち、半分の200万円を負担しました。
ところが、不倫相手をとおして奥さんに支払後、2ヶ月たっても離婚手続が完了せず、離婚届を提出する直前で不倫相手(彼)の方が、奥さんとやり直すための話し合いをするつもりだ、と連絡してきました。
奥さんは離婚の意思を固めており慰謝料返還の意志はないと言っています。ただ、彼が判を押さない限り離婚は成立しません。
協議離婚慰謝料の一部として私は支払を行ったにもかかわらず、離婚の成立がいつになるかわからない、または離婚しようとしない場合、彼に対して返還訴訟の提起は可能でしょうか。

投稿日時 - 2006-10-24 13:18:14

QNo.2494015

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

このカテでは、よい答えが返ってこないかもしれませんので,
一度締め切って法律の方のカテで再度質問なさったほうがいいと思います。

投稿日時 - 2006-10-24 13:47:38

お礼

アドバイスありがとうございます。倫理面ではなく、法的側面からのアドバイスをいただきたいと思いますので、カテゴリーを変えます。
倫理面では、私に大きな非があることは承知しております。しかしながら、本件についてお金以外の部分での今までの経過は敢えて省略しております。

投稿日時 - 2006-10-24 18:23:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

返還(請求)訴訟は返還を請求する原因が存在しなければなりません。返還請求と損害賠償請求とでは違います。

問題は、この件の200万円の性格です。つまり、(1)貸した金だから返せなのか?(2)本妻に対する慰謝料として負担した金か?です。

返還請求としては(1)でなければなりませんが、果たして貸金として立証出来るか、どうかです。

結論から申せば、(1)も(2)も難しいと思います。これは「不倫」関係から生じたトラブルは本妻側に相当有利に動くのが裁判の通例です。

実際的にはあなたが仮に200万円の返還請求をしたとしましょう。相手も、あなたに対し慰謝料請求することになり現実的には相殺されて「訴訟費用の無駄」になるケースです。

最悪のシナリオは200万も戻らず、あなた自身が本妻から慰謝料(損害賠償)を請求されることです。しかも、この可能性は低くないのです。

投稿日時 - 2006-10-24 14:24:02

お礼

具体的な返答ありがとうございます。返還請求は、奥さんではなく、彼にするつもりです。奥さんからは、慰謝料請求された場合お支払いします。ただ、不遜な言い方になると思いますが、離婚されない場合は調停で200万支払えとの決定が出るとは思いません。ちなみに、彼と私の不倫関係が始まったとき、彼と奥さんはすでに別の理由で別居していました。

投稿日時 - 2006-10-24 18:17:33

ANo.3

>奥さんに対する連帯責任の慰謝料のうち、半分の200万円を負担しました。

不倫した事に対する慰謝料ですね、離婚して貰うための解決金では無いのでしょ?

それが離婚するためのお金でも「公序良俗に反する」とされれば離婚しないからと言って返還を要求しても司法は味方になってくれません

払い損になるだけです

>彼に対して返還訴訟の提起は可能でしょうか。

彼に払ったのでも無いのですから当事者では無いでしょう

全体にちょっと無理が有ると思います

投稿日時 - 2006-10-24 14:02:15

お礼

ありがとうございます。支払の内容は「離婚して貰うための解決金」で、彼もその旨同意して受け取ったメールもあります。

投稿日時 - 2006-10-24 18:19:34

ANo.2

自業自得であるあなたのことは、置いておきましょう。

さて、有責者である彼からの離婚請求は認められません。逆に奥さんからの離婚請求を拒否することなども出来ません。
なので、彼が離婚しないのは奥さんにその意志がないからでしょう。
彼が判を押さなくても奥さんが離婚訴訟すれば離婚できますからね。
その辺を確かめた方が良いでしょう。まあ彼が嘘をついているのは間違いないですが・・・

あなたが払った慰謝料はあくまで彼の奥さんへのものです。なので、それを取り戻すことは出来ません。彼とどんな約束していても・・・

「1年つきあった不倫相手が離婚すると約束してくれたため、奥さんに対する連帯責任の慰謝料のうち、半分の200万円を負担しました。」お互いに有責者である限り、裁判してもあなたの主張は認められる可能性は低いです。つまり、泥棒同士が盗んだお金を山分けすると言って相手の方が多いからと訴えるようなものです。
あなたも犯罪者なのですから、それに味方する法律はないと言うことです。
あなたが訴えるには彼に騙されたという確固たる証拠が必要です。

投稿日時 - 2006-10-24 13:49:13

お礼

ありがとうございます。「彼に騙されたという確固たる証拠」をこれから探します。

投稿日時 - 2006-10-24 18:21:17

あなたにオススメの質問