みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

商人家と槍

時代劇で商人のお店の入り口の長押に槍が掛けてあったのを見たのですが江戸時代に商人が家に槍を掛けててもよかったのですか?それともTVの脚色ですか。

投稿日時 - 2006-10-16 22:22:18

QNo.2477270

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 テレビは間違いではありません。槍でも薙刀でも家へ置いておく分にはかまいませんでした。とくにお咎めはなかったようです。
 「武士以外は帯刀出来ない」が「武士以外は武器を持ったらいけない」と解釈され、誤解を生んでいるようです。また戦後の銃刀法により刃渡りが15センチ以上の刀、槍、薙刀などを許可なくして持つことは許されなくなりましたので、これも誤解に拍車をかけています。また、豊臣秀吉の刀狩も誤解の原因になっているかもしれません。
 江戸時代は武士以外は帯刀できませんでした。武士は大刀と脇差の2本を差しており、これが武器の象徴でした。ですから身分の低い商人や農民は刀を差して往来を歩けば怒られます。
 しかし富裕な商人や農民は刀、槍、薙刀などの武器は持っていました。持っている理由は先祖伝来のものとか、盗賊よけとかいろいろです。
 庶民が武器を持ったら一切ダメとなったのは、戦後のことからだと思います。
 

投稿日時 - 2006-10-17 19:32:43

お礼

そうですか、家に置いておくのは大丈夫なんですか、どうもありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2006-10-18 01:26:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

NO.3の誤字訂正
>武士は大刀と脇差の2本を差しており、これが「武器」の象徴でした。
「武器」を「武士」に訂正します。

投稿日時 - 2006-10-17 19:39:45

ANo.2

TVを見ていないので判りませんが、座敷槍ではないでしょうか。
押し込み強盗を防ぐ為、腕の立つ若者がいれば、用意して置く事は考えられます。   長柄の槍では問題でしょうが、柄の短い槍なら問題ないと思います。    座敷槍は江戸時代では出回っていました。

投稿日時 - 2006-10-17 18:25:12

お礼

見た目2mあまりくらいですからそうでしょう。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-18 01:25:32

ANo.1

槍ではなくて、なぎなたと違いますか。
女の人が持っていたり、武蔵坊弁慶が持っていた武器です。
なぎなたは、武器の中でも、特殊な扱いで、商家で、所持していても、おとがめは、ないと思います。
女性が、習ってもよく、本来殺生は、戒められるはずの僧侶(弁慶)が持っても良いという具合にです。
実際使い手が家の中にいなくても、「うちは、ちゃんと、用心していますよ」と、いう意味になると、思います。
現在でいうと、セキュリティのシステムに加入することだと思います。

投稿日時 - 2006-10-17 18:00:22

お礼

なぎなたは特別なんですか、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-18 01:22:58

あなたにオススメの質問