みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの高校の授業

現在、アメリカへ一年間の留学をする事を目標に、色々と準備をしています。
留学生になるためにエッセイを書いているのですが、そのためにアメリカの高校について知りたいと思っています。

アメリカの高校は日本とは違うと聞きますが、具体的にどう違うのでしょうか?
日本で極々普通の成績(英語の筆記では英検2級レベル)でアメリカに行ったとして、授業についていけるのでしょうか?
また海外に留学経験のある方は、どのような授業を受けていたのかを教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-10-05 00:01:33

QNo.2451614

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

交換留学で約十ヶ月間アメリカの公立高校に通っていました。

前の方も言っていたように、授業が全て選択式で種類も豊富です。車の免許を取るためのクラスや、軍隊に関するクラス、美容師になるための技術を教えるクラスなんてものもありました。
授業は先生によります。生徒と会話を交わすように進めていくのもいれば、ひたすら先生が喋っていることを書き写すだけのもあります。ただ、どの先生にも熱意を感じました。
それから感じたことは、学校が社会の一部として扱われているということです。アメリカは自由な国だといわれていますが、それはあくまでルールの中でのことです。先生達は居残りや停学などの罰則を生徒に与える権限を持っていますし、甘いところがありません。校内で殴り合いでもしようものなら実際に警察が来ます。
また、荒れているところでは麻薬がかなり流通しているようです。私の学校はそんなことはありませんでしたが、それでも麻薬探知犬が来たことはあります。
あと一番困ったことは、学校が家から遠い場合、スクールバスを逃すと厄介だということです。自分の車で来る生徒や、親が迎えに来る生徒もいましたが、そういうツテがないと本当に困ります。休み時間も少ないし、居残りもできないので、最初の内は友達を作ったり先生に質問したりできなくて苦労しました。
クラブ活動も校内行事も、車で学校に行く方法を確保しない分には何もでできません。こればっかりはどうにかならないものかと思いましたよ。ほんとに……

最初の内はアメリカ史や英語(国語)の授業を取らないことをお勧めします。まずついていけません。その代わり数学は、小学生でもできるくらいに簡単ですよ。それに外国語(スペイン語とか)もいいです。これなら他の生徒にとっても外国語ですから。
少し慣れてくれば授業で発言できるようになりますし、先生やクラスメイトとも打ち解けてきます。
半年もすれば勉強次第で英語のクラスもどうにかなります。単語テスト以外のテストでは電子辞書をフル活用して(単語テストは意地で使いませんでした)、先生の話に全神経を集中させて、宿題もこなせばついて行けます。ただし宿題はなかなか大変ですが。百科事典に英語がびっしり書いてある教科書を、一日で20ページ以上読むとか。(五時間くらいかかりました)
それで私は、普通の大学進学する生徒用のクラスでBをとりました。(Aはむりでしたが。頑張ったんだけどな……)
ただまあ、何にせよ勉強だけなら、日本の受験勉強よりは大変じゃないかも。

でも異国に行って一番大変なのは、言葉や勉強の問題ではありませんよ。少なくとも私はそう思いました。
お互い受け入れることのできない信念や常識の違い、そういうものの方がよっぽど大変です。

投稿日時 - 2006-10-08 02:04:27

お礼

車の免許を取るためのクラスがあるとは、驚きです。
アメリカに行って英語の授業を取らないのは、不思議な気がしますが、
英語に慣れるまで他の授業に専念していたほうが良いのですね。

英語で授業を受けているのに本場の生徒よりも出来るなんて凄いですね!
アメリカに行くにしろ日本にいるにしろ、kaburayaさんのように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-09 11:51:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No3です。

英語の授業は一年単位では取らなくてはなりませんが、毎学期ではないんです。州によって色々違いがあると思うので、一概には言えませんが。

投稿日時 - 2006-10-09 23:37:31

お礼

英語の授業は1年分の単位を取らないといけないけれども、
授業を受けるのは毎学期ではないということでしょうか?
州によって色々と違うというのは面白いですね。
再びのご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-10 21:01:18

ANo.2

アメリカの中学・高校生向けの本や映画を読んでみてはいかがですか?(もちろん日本語訳されているもの)
おすすめを少し書いてみますので参考までに。



『24girls in 7days』笑えて泣ける(日本で言うと)高校3年が舞台のお話です。アメリカ文化がわかるし、授業ごとにクラスを移動しているのが分かると思います。読みやすいのでおすすめです。

本なら他に"トラベリング・パンツ(1~3巻)"というのがアメリカが舞台だったと思いますが私は1巻しか読んだことがないのでなんとも言えませんが・・・理論社という出版社のYA向け海外シリーズは、とても面白いし海外のことがよく分かります。"24 girls in 7days"や"トラベリング・パンツ"などを買えばチラシが入ってると思うので、それを参考にしてください(ただしアメリカの話ばかりではなくて、イギリスなどの話もありますので注意して下さい。著者の出身地を見ればどこの国の話かわかると思います)。だいたいの本屋の児童向けコーナーにあります。アメリカ(やイギリス)のティーンエイジャーの生活が分かるし、普通に面白いのでとても参考になるはずです。

映画

『MEAN GIRLS』リンジー・ロハン主演の笑えるけど泣ける映画。学校が舞台なので、授業の形式がわかると思います。転入生(初めてアメリカにやって来た女の子)が主人公なので、共感?というか、そういったものもあるかと。TSUTAYAにも必ず置いてあるはずです。DVDの特典映像も参考になるかも。

他に"サーティーン"というのがあり、これは学校(中/高校に入学した日から物語りが始まっています。が、あまり学年などが関係ないことが分かります。アメリカの学校は、州によってだと思いますが、中学&高校で一つ=ハイスクールという場合とか小学校&中学&高校で一つになっているような事もあります。)が舞台なのですが、かなり過激で15歳未満はNGですし面白い話というわけでもありませんが;しかし授業風景もあったり、アメリカのティーンエイジャーが抱える(まぁ日本もそうですが)問題が分かったりして・・・あとこれは実話です。しかし、アメリカ人全員がこんな不良というわけではありません!こういう危険な一面もあるということで。

あとは"ボーリング・フォー・コロンバイン"というマイケル・ムーア監督の映画もあります。銃とアメリカがテーマですが高校生や高校もいっぱい登場しますので参考になるのでは。アメリカの事も分かるし日本についても色々考えさせられるかと。かなりおすすめです。少し怖いですが、どこのレンタルショップにも必ずあると思います。

えっと、経験者ではないので何とも言えませんが、本や映画やドラマでアメリカの10代の事っていっぱい分かるのでちょっと探してみて下さい。ドラマなら"The OC" なんかが良いんでしょうか・・。TSUTAYAなどでもいっぱい並んでます。フレンズなど。"Highschool Musical"は、今年アメリカのティーンエイジャーの間ですっごい人気の映画です!そろそろDVDになるかと思います。では。

投稿日時 - 2006-10-08 00:16:30

お礼

映画や本から情報を得るとう手を忘れていました。
本では「24girls in 7days」、映画では「MEAN GIRLS」が特に気になります。
「サーティーン」実話ということで、かなりリアルな話のようですね。
早速探してみます。
沢山の作品の丁寧なご説明、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-09 11:32:18

ANo.1

一番の大きな違いは、個人によって時間割も内容も違うということでしょうか。

日本では、同じクラスの人はほとんど同じ授業を受け、大抵の授業は先生が職員室から教室にやって来ますよね。
アメリカの学校は、個人の能力や選択によって授業が決まるので授業によって顔ぶれも違います。
また、各先生が自分の教室を持っていて、その先生の授業にはその先生の教室へ移動します。

教科書は日本からすると百科事典?と思うような厚さで、読まなければならない量も多いです。

ついけいけるかという質問ですが、ついていくのは最初は無理です。
恐らく、教室に座って過ごすだけが最初は精一杯でしょう。

でも、交換留学を受け入れている学校でしたら、留学生の扱いにも慣れているでしょうし、普通授業とは別にESLも受けると思うので次第に先生の言っていることを理解できるようになると思います。

大丈夫。わからなくて当たり前。
それでも無理だと諦めたり投げ出したりせずに必死で勉強する根性が大事です。
がんばれば、先生も周りの生徒もきっと応援してくれますよ。

投稿日時 - 2006-10-06 08:48:57

お礼

ご回答、ありがとうございます。

先生がわざわざ教室まで来てくれる日本からしてみれば、自分で授業を受けるために移動するのは不思議な感じがします。
でもさすがに、教科書が百科事典のような厚さというのには驚きました。
やはり日本とは違うのですね。

相手の学校が交換留学を受け入れたことのある学校かどうかは分かりません。
ホストファミリーが決まってから初めて高校を決める…という感じだったと思います。

まず、留学生になるために頑張ります。
応援のお言葉も、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-10-06 20:55:55

あなたにオススメの質問