みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

老齢基礎年金と共済年金の関係について

昭和23年生まれの58歳です。
公務員を退職し、そのまま会社勤めをしていますが、先日、社会保険庁から厚生年金の概算が知らされました。
その中に、60歳、64歳と65歳からの3段階があり、65歳から老齢基礎年金という金額がありました。
公務員を退職するときには、60歳以降と64歳以降の2段階の共済年金の概算が知らされていますが、この老齢基礎年金は含まれているのでしょうか?言い換えれば、64歳で受け取る共済年金に65歳からは老齢基礎年金の金額も足しても良いのでしょうか。大分大きな金額ですので気になっています。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-09-13 13:32:05

QNo.2403582

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>言い換えれば、64歳で受け取る共済年金に65・・
64才で受け取る共済年金は定額+厚生年金相当分+職域の3本立てです。それに加給金が付く場合もあります。共済の定額は1676×勤続月数(max444月)×0.985
で求められます。65才になるとこれが老齢基礎年金(国民年金)に振り替わります。
老齢基礎年金は役所+会社の勤続年数60才まで(max480月)が老齢基礎年金(国民年金になります)
 質問者が役所で444月以上勤務していると、その分、65才で老齢基礎年金が増える事も考えられます。
 概算的には65才までに貰っていた共済、厚生年金は65才以降も大体同じ金額でその内、定額部分が老齢基礎年金になります。 

投稿日時 - 2006-09-13 18:59:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>その中に、60歳、64歳と65歳からの3段階があり、65歳から老齢基礎年金という金額がありました。

>公務員を退職するときには、60歳以降と64歳以降の2段階の共済年金の概算が知らされていますが、この老齢基礎年金は含まれているのでしょうか?

共済年金は65才になれば特別支給分から本支給になり金額が減るはずです。つまり65才以降の共済年金額がかかれていないのであれば、65才以降の共済年金額を聞いてください。

その共済年金額と老齢基礎年金額を合算します。

>言い換えれば、64歳で受け取る共済年金に65歳からは老齢基礎年金の金額も足しても良いのでしょうか。
だめです。64才での共済年金額と65才からの共済年金額は違います。

投稿日時 - 2006-09-13 15:01:14

お礼

早速ご教示しただきありがとうございました。
同僚から減額されるとようなことを聞いていましたが、これですっきりしました。

投稿日時 - 2006-09-13 15:41:19

あなたにオススメの質問