みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一国が経済崩壊したときの世界への影響

アメリカのブッシュ政権は米経済が経済が崩壊しかけたときに政権が始まったので、
崩壊させないために、減税と戦争を行った。
と知人から聞きました。
経済学のことは、まったくの無知です。

ここで質問なんですが、
もしも、米国が経済崩壊したら、世界にどんな影響を与えますか?
米国国内国外がどんな状況になりますか?
やっぱり世界恐慌になるんですか?
遠く離れた米国とはまったく関係のない発展途上国にも何らかの影響を与えることになるのでしょうか?

それから、現在の
日本の経済が崩壊したら?
中国の済が崩壊したら?
ロシアの経済が崩壊したら?
一度に日本と米国の経済が崩壊してしまったら?

経済が崩壊してしまった国と
周辺の国々やはるか遠方の国交のない国々などは
どうなるんでしょう?

質問が多くなってしまいましたが、
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-08-30 08:37:13

QNo.2371713

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

既存回答には「代替効果」があまり論じられていないように思います。

確かに、アメリカに関して言えば、その経済崩壊は、「大きな規模」という意味で、他のところでの資源配分が大きく「変化する」って意味で、影響が大きいと思われます。

しかし、それ以外のところで経済が「縮小」する効果は、代替効果を引いた分だけということになります。


代替効果は、もっともマクロレベルでは、以下のようなことです。

まず、アメリカは、輸出と輸入の両方をしている。対日・対中赤字が大きい印象がありますが、貿易全体で言えば、それなりに均衡しているでしょう。

ということはですね、
アメリカが輸出している分は、
アメリカが崩壊したらどこか別のところから調達しなければならない。
その調達が実際に可能ならば(これが「代替」)、
その分だけ、調達先の所得が増加して、
結局、対米輸出が減った分をある程度「量的」には埋めることが可能となります。

たとえば、現在、ボーイングは大きな航空機メーカーですが、ヨーロッパにエアバスがあって、もしボーイングがなくなれば、エアバスの売り上げが結構伸びるでしょう(もちろん、短期的に生産能力をすぐに上げるのには限界がありますが)。
よって、アメリカ崩壊によって失われた市場は、他の国のマーケットサイズの上昇によってある程度補完されることが考えられます。


よって、アメリカの影響が長期にもっとも及ぶのは、
代替効果が効かないアメリカの個性が発揮される領域です。

たとえば、アメリカ人は自動車大好き。
ですから、アメリカが崩壊したら、
相対的に自動車を好まないその他の世界経済へマーケットを求める必要があるので、自動車産業は打撃を受けます。
しかし、上記の代替効果で得られたヨーロッパなどでの所得の増加が、ヨーロッパ独自の消費を生み、そのマーケットが別の産業を隆盛させるのです。

このほか、ハリウッドや情報技術などなど、代替不可能な程度に応じて、世界から質的な豊かさが失われるでしょう。しかし、人類は賢いので、アメリカがなくなったら、長期的には、それを必要と思えば、かなりの程度補完できてしまうものと考えます。現在は、既にアドバンテージを持っているアメリカにそういう役割を任せて輸入したほうが有利だと思っているだけです。

投稿日時 - 2006-09-20 16:55:54

お礼

「代替効果」っていう言葉をはじめて聞きました。
まだまだ僕の知らないことがたくさんあるんだと、
身にしみて感じています。

なんか、米国の経済が崩壊しても、
影響のあるんだけど、無いような感じもしますね。
一部の産業が打撃を受けても、
そのおかげで別の産業が勢いづいて。
でも、世界的にみれば、やっぱり大きな影響なんでしょうね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-09-20 18:58:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>イラク戦争
なるほどそういう見方もあるわけですね。
ただ最近の国際情勢は物事が動く時の理由が一つだとは限りません。
というか大抵様々な理由が結びついています。

例えば今のアメリカの大統領やその側近は兵器の会社から大量の金を貰っています。
9/11あのビルに突っ込んだ飛行機はボーイングという会社の飛行機ですが、ボーイングはイラク戦争で何千億と儲かり、株価も9/11以前よりもずっと高くなったくらいです。

まあイラク戦争一つとっても石油利権や兵器利権や民主化信仰など様々な側面があるわけです。
賄賂の見返りに無駄な戦争をする米国に比べれば、賄賂の見返りに無駄な道路を作る日本なんて可愛いものだとも言えるわけですね(w

>米国が崩壊したら
間違いなく世界経済は壊滅的な打撃を受けると思います。
誰も何もしなかったら
まず米国は世界最大の輸入国ですので、米国へ輸出していた企業が潰れます。
次に輸出企業に物を売っていた企業が潰れます。次に輸出企業に物を売っていた企業に物を売っていた企業が潰れます。
この繰り返しで直接米国と取引をしていなかった企業も次々に潰れて、輸出国は大打撃を受け、国自体が傾くでしょう。
そうすると今度は国単位で同じことが起こるわけです。
つまり米国と貿易をしていた国が大打撃を受けると、その国は他国とも貿易が出来なくなるので、米国と直接取引きをしていなかった国にまで波紋は広がります。

神業的完璧な裁量で効果を最小限に留めても、最終的には物価が大幅に上がるか、給料が大幅に下がります。(もしくはその両方)
経済学的に、米国や中国がある日本とない日本、どちらの日本人の生活水準が高いかといえば、間違いなく前者です。

投稿日時 - 2006-09-07 10:16:02

お礼

なるほど。大変なことになりますね。
やっぱり経済崩壊なんて、起きないほうがいいです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-09-07 20:21:40

ANo.2

世界経済の破綻。どうなるか予測は出来ません。
だから、どうしら収拾できるかを考えて見ます。
お断りしておきますが、私の推論で、一つの考えです。
 最初に、国際基準通貨をIMFで、安定する、例えば米ドル。
そのためには、米ドル建てのドルを含む有価証券の価値を引き下げる。
新米ドルに対して旧米ドルは、1/100とする。米政府の税は、今の金額で徴収する。要するに、税金を100倍にすると、給与も収入も100倍に近くにならざるをえない。
こうして、米政府の税収を確保し、市民の収入も確保する。
次に、その他破綻した国でも、同様に税収を大幅に増やす。
そうすることによって、債権の価値を大幅に引き下げる。
そうして、次第に経済を安定させていく。

投稿日時 - 2006-08-31 21:27:37

お礼

回答してくださって、ありがとうございます。
予測はできませんか。
だったらとんでもないことがおきるかもしれませんね。

債権の価値が100分の一になったら、
債権を持っている人は大損をしてしまいますね。

投稿日時 - 2006-09-01 19:06:13

ANo.1

あまり多くお答えできませんが、
最初の「アメリカのブッシュ政権は米経済が経済が崩壊しかけたときに政権が始まったので、
崩壊させないために、減税と戦争を行った。」
これはデタラメですね。大幅減税をやるのは、共和党の馬鹿の一つ覚え経済政策です。戦争を勝手に始めたのも、ブッシュ大統領だから(外交政策などに精通していない)やったといえるのではないでしょうか?
私は、当時アメリカにいたのですが、アメリカ人の所謂教育を受けている人たちは、どちらかというと、民主党支持で、ゴア副大統領などを特に支持していました。共和党支持者は、特に金持ち階級や経営者団体などが多く、非常に保守的です。この人たちが金持ち優遇減税政策や企業優位の規制緩和策を通す為に、ロビー活動をやっているとアメリカの大学の授業でやりました。この先生は、ニクソン大統領の支援をしていた共和党員です。経済崩壊については、他の人が答えてくれるでしょうが、テーマが結構大きいですね。

投稿日時 - 2006-08-30 23:29:33

お礼

解答くださって、ありがとうございます。

イラクのフセインが「石油の取引をドルでは行なわず、ユーロで行う」って宣言したから、
石油決算がドルで行われていた米国は、
それが起因して経済崩壊していくんじゃないのか、と思って、
そのままにしていたらつぶれてしまうから、
じゃあ、戦争を起こしてイラクを手にしようとしたんじゃないのかな?
イランも石油の輸出代金をユーロで行う当しているから、
今、ものすごい言われようなんじゃないのかな?
って、いろいろ調べてみたんですけど、
それも間違っていますか?

なんか、こうして解答を読んでいると、
アメリカって言う国は
金持ちがどこまでも貪欲な気がします。

投稿日時 - 2006-09-01 19:02:44

あなたにオススメの質問