みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

設計GLと根入れ深さ

お世話になります。
私の敷地は東面が6M道路で間口14Mのほぼ正方形で、
道路が南から北に傾斜(下がって)しています。
ですので、敷地が道路に対し南東角(+0)に対し北東角(+40cm)という状況です。
 先日、設計GLの設定でHMより 現GLより15cm上げる提案がされました。理由は「道路面との高さの差があまりない(南東)ので、若干上げたほうが良い」という事でした。
Q1.設計GLを15cmあげると地盤改良(表層改良)後の天端がほぼ現GLとなりベタ基礎底面(現GL+0)が、建築基準法の根入れ深さ(12cm以上)を満たさなくなりますが良いものでしょうか?

投稿日時 - 2006-07-25 09:44:07

QNo.2297898

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。
根入れ深さというのは、水平方向への移動抵抗なので、ベタ基礎の摩擦力と12cm分の土圧で持たせると考えていいでしょう。
工事期間中は施工者の所有ですからその間に地震がきても施工者側の責任ですし、竣工引渡しまでに根入れが確保されていればいいと思います。
なお、工事期間中は足場等があり実際問題として建物周辺は工事できないと思われます。建物が完成して足場がはずされてそれからの工事になると思います。

投稿日時 - 2006-07-25 15:08:35

お礼

再度のご回答ありがとうございます。
移動抵抗の土圧だと考えると、余計に何平米盛土してもそのような 土圧が得られるのかちょっと心配になりますね。地中梁がないので、水平方向に引っかかりがないんですよねー。表層改良した場合、地中梁を設けようとすると、改良土を掘削することになるので、このL字型の基礎形状自体は まあ納得してるんですが、根入れ深さが取れないので・・・

投稿日時 - 2006-07-25 17:25:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 竣工時に満たされていれば良いです。
 接している道路の一番高い場所から少し上げる、というのは基本ですので問題ないですよ。
 

投稿日時 - 2006-07-25 11:03:21

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
そうですね。排水の勾配などをかんがえても、わずか10数cm上げる事は良くあることだと思っているのですが、では根入れ深さ って と思った次第です。
竣工時に盛土し、転圧をかけても強度(横ずれ)等を期待できないでしょうし。雨水による侵食などを考慮して定められていると解釈すれば良いのでしょうか?

基礎形状が変わっているので、気になって質問させていただきました。またご意見聞かせていただければと思います。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-07-25 12:57:50

ANo.1

根入れ深さは基礎施工時ではなく竣工時に確保されていればいいと思いますので、建物周辺に犬走り等施工する時点で確保するように前もって打合せされたらいかがでしょうか?
事前の打合せは大変重要ですので、工事関係者と「事前に」密に行ってください。

投稿日時 - 2006-07-25 10:41:13

補足

早速のご回答ありがとうございました。
情報不足でしたが、愛知県IV地域で、凍結深度は0m(だと思います)。木造2階(屋根は瓦)建、在来軸組み+パネル工法で、基礎はベタ基礎です。ただ基礎形状が少し変わっていて、外周部の地中梁がなく断面でみるとL字型となっています。 

投稿日時 - 2006-07-25 12:37:55

お礼

竣工時に確保するということは、
ベタ基礎の場合は直接基礎(杭基礎ではない)なので実際根入れ12cm以上 といっても極論すれば家が置いてあるだけ と解釈しているのですが、
ということは根入れ深さは強度・耐震上の問題とは関係なく 雨水による侵食などを考慮して定められていると解釈すれば良いのでしょうか?

投稿日時 - 2006-07-25 12:51:45

あなたにオススメの質問