みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅ローン審査がと通らず迷っています。

1ヵ月前、築40年近い中古住宅を700万銀行ローンで購入しました。
増築とリフォームをする予定で購入したので、改めて同じ銀行でローンを組む相談済みでした。が、担保不足の理由で審査が通らずここ何週間か担当の銀行マンと相談していました。
増改築の見積もりが800万ぐらいなのですが、新築したほうが審査に合格する可能性が遥かに高いと提案されました。設計士に相談したところ、解体も含めて希望のモノが1500万~1600万で新築できると言われ、やはり賛成されました。
1500万の中古か、2000万弱の新築か悩んでいます。ちなみに我が家は古民家的な古い住宅ではなく、普通に古い住宅です。
もしも、中古住宅購入後新築した場合、不動産取得税はどうなるのでしょうか?
皆さんならどちらを選択されますか?

投稿日時 - 2006-06-28 00:56:03

QNo.2242490

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同じ様に、中古住宅を購入して取り壊してから新築しました。
まず、ご心配の不動産取得税ですが、早ければ3ヶ月後に県税事務所の方から請求が来ます。遅くて6ヶ月後くらいです。実質40年ものなら住宅に掛かる税金は微々たる物です。よって土地の取得税だけ心配すれば良いです。
購入時に評価額が出ていますのでそれを元に計算してください。ちなみに新築の場合申請すれば(建築確認申請書を持って行く)猶予されますが、認められない場合は納税しましょう!後日還付申請すれば戻りがあるはず。
それから、築40年では新築をお勧めします。
壊してみたらシロアリに食われて柱がスカスカだった風呂場周りは腐ってるなど予想以上に建築費が掛かります。

700万円は土地購入費、新たに住宅新築費用として銀行さんに1500万借りて住宅ローンを1本化すれば良いのでは・・・。皆さんそうしてますよ!
がんばって新築して家族を喜ばそう!!

投稿日時 - 2006-06-28 19:03:01

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。
とりあえず新築の話も一緒に進めてみようと思います。ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-28 22:37:14

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>中古住宅購入後新築した場合、不動産取得税はどうなるのでしょうか?

住宅新築で取得税は
面積用件があります。
住宅の床面積が50平方メートル(戸建以外の貸家は40平方メートル)以上240平方メートル以下の新築住宅の取得

「税額」=課税標準額-1200万円×3%(税率)

<平成18年4月1日~平成20年3月31日に住宅以外の家屋を取得した場合の税率は3.5%になります。>
課税標準額は、取得したときの不動産の価格です。

参考URL:http://www.pref.aichi.jp/zeimu/q_a/08.html

投稿日時 - 2006-06-28 08:40:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
さっそく計算してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-28 22:42:37

ANo.2

あなたの年齢と人生設計しだいだと思いますが。あなたがまだ若く、生涯そこに住む予定ならば、新築すればよろしかろうと思います。

投稿日時 - 2006-06-28 06:23:32

確か不動産取得税は、更地を購入するより、家付の方が優遇されていたと思います。
今回のように、既に中古家付の土地を購入したんですよね?それなら、その時点での不動産取得税の請求が届くと思います。

あと、中古住宅の場合、15年ほどで家の価値は無いものとして処理されますので、担保価値が土地だけになり、新たにリフォームのローンが担保不足でダメになったんだと思います。

新築する場合、その建物も担保として設定できるので審査を通りやすいのだと思います。

>1500万の中古か、2000万弱の新築か悩んでいます。

とありますが、手持ちのお金がなくリフォームするローンが組めないんでしたら、選択の余地は無いと思います。

1.そのまま住む
2.手持ちのお金でどうしてもダメな部分だけリフォームして住む
3.新築にして新たに1500万ほどのローンを追加で組んで住む

投稿日時 - 2006-06-28 02:47:30

お礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおりですね。家族とじっくり考えてみます。

投稿日時 - 2006-06-28 22:25:59

あなたにオススメの質問