みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

auは非WINをやめる予定は無いの?

ドコモではmovaを来年もしくは再来年当たりに新規加入を停止すると噂され、2012年には廃止の予定だそうです。
つまり、各社それだけ次世代に移行しているわけですが、auは1Xをやめる予定は無いのでしょうか?

1Xは他社に先かげて始めた3Gケータイですが、今auではWINという次世代システムが台頭しています。FOMAも高速化を予定している中、auも1XをやめてWINに開発資源を絞ればいいのにと思うのですが、auは非WINを廃止する予定は無いのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-13 20:10:56

QNo.2213588

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私の勘違いかもしれませんが、WINのサービスをはじめた頃、auは1Xをいずれは廃止させたがっている様に思えました。

1Xで好評を得ていたガク割ですが、このガク割によって「子供向け」や「社会人はガク割ユーザーの分を負担している様に思える」といったイメージもついてしまいました。
特別ガク割もそこまで破格なサービスという訳でもないし、学生ユーザー、または学生の子供に持たせる親にとっては喜ばしいサービスでauを持ってもらえるきっかけになり、そこから家族も一緒に家族割でauを持ってもらえるかもというサービスは良かったんですけどね。
好調なauにとっては学生ユーザーだけを優遇しているというイメージは払拭したがっている様でした。

一度はじめたサービスを廃止はかなりユーザーから反感を買います。ボーダフォンのハッピータイムの廃止の頃の様に。
なので、新サービスであるWINにはガク割を設定しなかったんですよね。
それで、消費者にはガク割のある1Xからガク割の無いWINには強制ではなく、自分で選べる様にしています。
また最近ではガク割よりも魅力のあるサービスとしてダブル定額というパケット定額制の方が受け入れられてきています。

DoCoMoのmovaとFOMAの様に電波が違わない分、mova廃止よりかはスムーズに進みユーザー離れもそこまでないでしょうね。
auにとってもWINに統一してもデメリットが特別ある訳はないですが、WINに統一するとガク割ユーザーがどうなるのか?といった所で市場の動きを様子見ているのでしょう。

今すぐ1Xを廃止するならばWINにもガク割導入をせざるを得ないと思います。
また、サポートプランなどの格安プランも1Xのみです。

auにとってはDoCoMoがmovaを辞めたがっている理由とは別の理由で1Xを続けているのかと思いますよ。

1Xをやめる事に大きなデメリットがあるというよりは、今すぐやめる大きなメリットも無いといった感じに思います。

投稿日時 - 2006-06-13 21:14:37

お礼

ありがとうございました。

Vフォンのハッピータイム改定は実質改悪ということで、ユーザーから反発を買いましたね。1Xをやめるとなればガク割などWINにすると使えないサービスとの兼ね合いも考えなければなりませんよね。

投稿日時 - 2006-06-13 21:57:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.4のものです
なるほど。少し話が見えました。

> 新規加入受付をWINのみにして、徐々に1XユーザーをWINに取り込み、ユーザーと基地局の状況を見ながら、1Xのサービス提供を廃止するという意味でしたが…

まず、純粋に1x部分を停波(?)、というのは無理です。
というのはWINであろうと音声部分は1x(もしくはcdmaOne)を使っている為です。

#WINは正式には「CDMA2000 1x EV-DO」という通信方法ですが、EV-DOは「Evolution Data Only(Optimized)」の頭文字です。つまりデータ専用なのです。

まぁここをIP電話の様にパケット化する、1xにかわる音声部分を新たに構築する、という手段が取れなくはないですが、データ全盛のこのご時世に新たに音声通話に投資するメリットも薄いかと思います。

違う見方で。技術的な事は除いて、WINだけに絞る、という方法は可能といえば可能ですが、そうしてえられるものは?と考えて何か思いつきますか?私が思いつくのはARPUのわずかな?上昇とライトユーザーからの反感ぐらいですが・・・。中長期的には充分あり得ると思いますが、現時点で大多数ユーザのコンセンサスが得られるとは考えにくいです。

投稿日時 - 2006-06-13 22:35:19

お礼

ありがとうございました。
結局、WINにも1Xの要素はたくさんあって、1Xだけの停波は無理だということですね。
WINは「CDMA 1X WIN」が正式名称ですし。

投稿日時 - 2006-06-13 22:56:48

ANo.5

No.4の者です。

> 1xの新規加入受付をやめるという意味です。

何のためにですか?
「WINに開発資源を絞ればいいのに」とありますが「新規加入受付をやめる」と「開発資源が絞られる」?
どの様なロジックでそうなるのかやはり分かりません。

投稿日時 - 2006-06-13 22:01:29

お礼

言葉不足のようでしたね。失礼しました。
新規加入受付をWINのみにして、徐々に1XユーザーをWINに取り込み、ユーザーと基地局の状況を見ながら、1Xのサービス提供を廃止するという意味でしたが…

投稿日時 - 2006-06-13 22:09:02

ANo.4

> FOMAも高速化を予定している中、auも1XをやめてWINに開発資源を絞ればいいのにと思うのですが、auは非WINを廃止する予定は無いのでしょうか?

意味がよく分かりません。補足願います。
1xをやめるというのは・・・

1.1xの端末を出すのを辞める
2.1xの基地局を辞める
3.1xの料金体系を辞める
4.その他

のどれですか?

1の場合、そうする理由が分かりません。なぜならWINにも1x用の受信チップがあるためです。
2の場合、やはりそうする理由が分かりません。なぜなら全ての基地局がWINではないからです(cdmaOneの基地局もある) そうなると非都市部は全てエリア外です。もしかして全ての基地局を早急にWIN化しろ!という話ですか?
3の場合、分からなくはないですが「開発資源を絞れば」というのと矛盾します。よって違うはず。
4の場合、どういう事か教えてください。

投稿日時 - 2006-06-13 21:51:18

お礼

ありがとうございました。

1xをやめるというのは…4番です。
1xの新規加入受付をやめるという意味です。

投稿日時 - 2006-06-13 21:54:07

ANo.2

auの「1X」と「1X WIN」(CDMA2000 1x EV-DO)の関係は
docomoにおける「FOMA」と「FOMAハイスピード」(HSDPA)
の関係と同じです。
(FOMAハイスピードは、WIN追撃のために売り出すもの)
↓今度新しく出るハイスピード対応の機種
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/902i/n902ix/
CDMA2000 1x EV-DOやHSDPAというのは、
データ通信向けに下り方向の通信速度をアップさせたものです。
まあPCインターネットにおけるADSLのようなものです。

docomoの「FOMA」と「mova」の関係と同じなのは
auの「1X」と同じKDDI傘下のTU-KAです。
KDDIはTU-KAをmovaと同じように廃止しようとしています。

「FOMAとmova」「1XとTU-KA」の基地局は異なりますが、
WIN用の基地局は1Xの上位互換であり、
FOMAハイスピード用の基地局はFOMAの上位互換なので
同じ基地局でどちらの規格の電話も利用できます。
あえて電話主体で使う人にWINやハイスピードを
売り込む必要はありません。

投稿日時 - 2006-06-13 20:39:41

お礼

ありがとうございました。
WINは1Xの上位互換であることは知っていますが、やめるデメリットも大きいのでしょうか…

投稿日時 - 2006-06-13 20:44:37

ANo.1

FOMAとMOVAは通信方式が全く別物。FOMAはW-CDMA方式で、MOVAはTDMA(PDC)方式だから、3GのFOMAが残るのは当たり前。
一方、AUは1XもWIN(EVDO)も3DのCDMA2000方式だから1Xを止めてもコスト的にあまりメリットはない。

投稿日時 - 2006-06-13 20:20:12

お礼

1X「movaとFOMA」と「1XとWIN」の関係は違うことは知っていましたが、データ通信規格の違いぐらいでは、たいしたコストダウンにはならないのでしょうか…
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-13 20:23:48

あなたにオススメの質問