みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の有人ロケットの実現性は・・・?

日本人宇宙飛行士も何人か誕生しています。が、これは全て米国やロシアのロケットに載せてもらっての事・・・

最近、中国も自国のロケットで有人宇宙飛行を成功させました。

日本の宇宙開発は現在でも高度な技術を投入しており(わざわざ有人にする意味が無い)、これからもいろいろな探査は無人で行うと言ってはいますが、人間が行くのと行かないのとでは、例えば地球の裏側の国の様子を写真や国際電話で見たり聞いたりするのと、実際に行ってこの目で確かめる事以上の感動や意味があると思うのですが・・・

様々な事情(予算、機構的な問題、ロケット本体の技術、安全性、飛行士養成機関、打ち上げ場所、等々)を考えると、自国だけでの有人宇宙飛行は難しいとは思いますが、将来的にも実現性はゼロに等しいのでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-28 08:50:11

QNo.2179812

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どこだったか忘れましたが、最近JAXAの方のコメントを聞きました。

有人宇宙飛行をやりたいかと関係者に聞くと、およそ
80%の人たちは手を上げるそうです。

ただ実際には有人飛行のための基礎技術が現在のところ全くありません。

ロケットは飛ばしてますが人間が乗るためには生命維持
に関わるいろいろな装置が必要です。そのあたり
ISSのきぼうモジュールで技術が確立され、
はやぶさなどの宇宙航行技術と将来的には
ドッキングすることになるのでしょう。

学生の教育はすでに始まっていて、東大や東工大の
学生が、サイコロ衛星(キューブサット)なるものを
実習の一環として作って、ロシアのロケットで
打ち上げに成功しています。

これで宇宙空間で動作する装置の基礎実験を
学ぶことにになるんです。

とりあえず地上を走り、完成すれば利益につながる
リニアモーターカーの計画さえ資金不足で延期に
なっているくらいで、有人宇宙飛行やるだけの
まとまった金がないというのが本当のところだと
思います。

 ただ、日本以外は宇宙開発を軍事目的で行って
おり、これが十分な資金が出せる理由の1つなんですが、
日本もいつの間にかロケットを石川島播磨重工業
(戦前の兵器開発企業です)が作るようになり、
最近の国会でついに、ロケット開発を軍事目的に
使えるようにとの案が提出されました。

 月や火星は科学調査の対象として重要なばかりで
なく、資源の源としても重要です。

 アメリカ、ロシア、中国、インドといった核を
持つ大国が争う宇宙進出競争に日本がどうかかわって
行くのか、或いはどう巻き込まれてしまうのか
そろそろ本当に心配する時期かもしれません。

投稿日時 - 2006-05-28 16:29:28

お礼

御回答ありがとうございます。
JAXAの関係者の8割もの人たちが有人宇宙飛行をやりたがっているというのを知り、とても嬉しく思いました!
「きぼう」「はやぶさ」などでのノウハウを生かして是非、実現してもらいたいと思います。
そう、やはり昔から科学の発展のためには表の顔と裏の顔があるのですね。戦争放棄した我が国にとって、純粋に宇宙開発だけの目的で有人衛星打ち上げはどうしても国家予算は限られてしまうことでしょう。
リニアモーターカーも「超伝導」という画期的な技術で実験走行は成功しているのに未だ実現のめどすら立っていませんしね。いずれにしても、クリアーしていくハードルの数が多すぎるように思います。

投稿日時 - 2006-05-28 17:08:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

可能性は「極めて0に近い」でしょう。

理由は簡単、日本を牛耳っているのが「馬鹿官僚共」だからです。科学に対する理解も知識もない馬鹿共が財布の紐を握っているので、日本では科学分野へ割かれる予算が少ないのです。

中央省庁を牛耳る馬鹿を駆逐しない限り、日本の有人宇宙飛行などありえません。

投稿日時 - 2006-05-28 14:24:54

お礼

御回答ありがとうございます。
政府は子供の「理科離れ」をなんとか食い止めようと躍起になってはいます。
私たちの身の回りの家電製品の主要な部分が殆どデジタルのブラックボックス化している今日、ある意味、すごくアナログチックな有人衛星を打ち上げることは
無駄なのかなとも思いますが、(中国はオリンピックを控え、国全体が今まさに高度成長期なんですかね、その中で有人衛星打ち上げ成功はタイムリーです!)我が国でも、次世代スペースエイジを奮い立たせるものとして自国のロケットで宇宙に飛び立つような大プロジェクトを行なって欲しいとも思います。

投稿日時 - 2006-05-28 14:59:43

ANo.3

可能性は極めて低いと思います。
今の先進国のほとんどは有人飛行などに興味はありません。なぜなら、そんなことにはあまり価値がないからです。それよりも、宇宙望遠鏡や惑星・彗星探査、調査物質の持ち帰りなどのほうがずっと有意義なことでしょう。

もし開発するとしても、シャトルのようなものになるでしょうが、せいぜいアイデアや技術者を出して共同開発というところでしょう。今のところスペース・シャトルでこと足りていると思います。
実際、スペース・シャトルの代替は日本その他でも研究されていましたが、ほとんどの国で計画中止または延期されています。
また、日本では無人のシャトル(再利用宇宙往還機)がHOPEという名前で計画されていました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/HOPE

投稿日時 - 2006-05-28 12:19:21

お礼

御回答ありがとうございます。
HOPEのことは以前、(旧)宇宙開発事業団のHPか何かで目にしたことがあります。
>宇宙望遠鏡や惑星・彗星探査、調査物質の持ち帰り これらは全て高い技術を使い無人で行うことが出来てますね。ハイリスクをおかしてまで有人衛星を打ち上げる時代はすでに過去のモノなのでしょうか・・・

投稿日時 - 2006-05-28 14:39:56

ANo.2

可能性はゼロではないですが金がかかる、安全性の保証、政治的に(日本は)無意味・・・などなどでしょうか。確かに莫大な負債を抱える日本が手を出していい分野でもない気がします。

失敗ばかり取り上げられる日本のロケットですけど本当は成功例も多いし世界的に見ても優秀です。いかんせん予算がNASAとは桁違いですけど。

有人にするのはやはり政治的には技術の誇示でしょうから攻撃用のミサイルなんかを持たない日本は難しいでしょうね。人工衛星ならともかく意味があまりないですから。宇宙開発すると反発もあるみたいです「何の意味があるんだ」というような(アメリカもあるみたいですけど)。

個人的にはやっぱりいつまでも人が地球上にいるのは面白くないし、いつかは宇宙へ旅立ってほしいですけどね。将来的に簡単に安価になる分野でもないですが可能性はゼロではないと思います。

投稿日時 - 2006-05-28 09:13:50

お礼

御回答ありがとうございます。
そう、可能性はゼロではないのですね。
おっしゃるように様々な要因で有人の分野には手を出していませんね。でも、何とか日の丸衛星から宇宙遊泳なんかする姿をTVの生中継で見てみたいものです!

投稿日時 - 2006-05-28 14:30:46

ANo.1

要は 有人衛星を打ち上げる必要性でしょう。
日本には 有人衛星を打ち上げる条件は揃っています。
技術 資金 人材・・・etc。
核兵器同様 必要となれば 実現にそんなに時間はかからないと思います。

投稿日時 - 2006-05-28 08:56:46

お礼

御回答ありがとうございます。
そうですね、日本には技術力は十分にありますし、旅客機なども作ろうと思えば作れるのですよね。
必要性・・・今更、中国のような(60~70年代を彷彿とする)狭いカプセル型有人衛星を打ち上げる意味は無いとは思うのですが。欧米、ロシアならともかく、同じ、アジア圏の国に先を越された感じ?がしないでもないのですが・・・

投稿日時 - 2006-05-28 14:23:53

あなたにオススメの質問