みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日焼け止めの数値について 

どの日焼け止めにも、SPFとPAの数値が記載されています。調べたところ、SPFは、日焼け止めを塗って紫外線に当たった時、15分~20分間は、肌が赤くならないように、UVBをカットする効果を「SPF1」として、この数値が大きくなるほど、肌を守る効果が長続きするということが分かり、PAはSPFと違い「+」~「+++」の三段階で表されています。「+」が多いほど、真皮層にダメージを与えるUVAのカット力が強いということが分かりました。

美容関係の雑誌を見ても、日焼け止めのコマーシャルを見ても、夏に山や海などの行楽に行く時は、SPF50の日焼け止めを勧めています。コマーシャルの影響を受け、海や山だと紫外線が激烈になるような気がし、SPF50だとSPF24よりもその紫外線を跳ね返す力が強いのかと思い、日常的にはSPF24 PA++の化粧下地にもなる日焼け止めジェルをつけて、行楽に行く時はSPF50の日焼け止めを付けていました。

私が日ごろ使っている日焼け止めジェルも含めて市販されている日焼け止めにはほとんど「水や汗・皮脂に強い」と書かれていますが、同時に注意書きを見ると、SPFの高い低いに関わらず、「汗をかいたら塗りなおして下さい」と書かれています。

塗りなおしが必要なら、SPF24も50も変わらないんじゃないでしょうか?

ハワイに行った時、昼からビーチに出たのですが、ホテルを出る前に日焼け止め(SPF50)を付け4時間ほど友達と楽しみました。塗りなおしはしていません。「SPF1」で15分から20分もつのなら、「SPF24」だと15分×24で6時間もちます。
ということは、SPF24の日焼け止めジェルでもよかったということになります。

でも日ごろのコマーシャル等の影響を受け、ハワイのビーチに出る時は、たとえ1時間でもSPF50をつけたくなります。どうして行楽に行く時には、SPF50を勧められるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-17 13:23:04

QNo.2156720

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

いずれの数値の日焼け止めも、塗りなおしは必要です。
日焼け止めを塗った後、汗をかいたり、皮脂が分泌されて、肌に塗った日焼け止めはムラづき状態になります。
化粧くずれと同じということです。

No.1さんが、
>数年前までSPF150などという数字のモノも多く売られていました。最近は高くても50止まりです。
>これは消費者が賢くなってきたことの表れです。

と書かれていますが、これは誤りだと思います。
SPF表示が50以上だと、紫外線防御効果の測定結果に誤差がでやすいこと、
SPF表示が高ければ高いほど効果が高いという誤解を
消費者に与えないため、などの理由で
化粧品メーカーが自主規制をかけたものです。
よって、50以上の表記をしても違反ではありませんし、
日本内のみの自主規制なので、海外からの輸入物には
この規制は適用されません。

なお、PAとSPFは化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値です。
ただ、これは薬事法で定められている測定方法ではなく、業界内で自主的に決めた基準ですので、
メーカーによってはさらに30分流水に浸したあとに測定しているところもあります。
また、たいがいの商品は、1平方センチメートル当たり2mg塗れば、かなり厚塗りになります。
実際は薄く薬剤は塗り延ばしてしまうでしょうし、汗や皮脂で薬剤が流れてしまうので、表示されている
PA・SPF値はあくまで目安ということになります。

行楽地で50+が勧められる理由は、日常より日光をあび、水・汗や皮脂で日焼け止めがむらづき状態になりやすいからだと思われます。

ご参考になれば。

投稿日時 - 2006-05-17 16:41:13

お礼

すごく詳しいですね。大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-23 02:08:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>塗りなおしが必要なら、SPF24も50も変わらないんじゃないでしょうか?

そうですよ。それが常識です。

数年前までSPF150などという数字のモノも多く売られていました。最近は高くても50止まりです。
これは消費者が賢くなってきたことの表れです。
ただ、落ちにくいと言うのも色々あって、簡単な水なら落ちないと言うのもあれば、本当に落ちにくく専用のクレンジング類を用いないとならないもの様々です。
クレンジングがいらないモノの多くが高数値のもので、数値の低いモノは日常生活に使う方が多く、簡単に落とせるようになっています。
塗り直しがしにくい外出時には必然的に落ちにくい物を選びますから、結果高数値になる、ただそれだけではないでしょうか。

ちなみにわたしは一年中24SPFくらいを利用しています。

投稿日時 - 2006-05-17 13:37:01

あなたにオススメの質問