みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「単純」と「シンプル」・・・日本語と、日本語化した英語では、ニュアンスがかなり違うものは?

「単純」を英訳すると、普通「simple」ですよね。

でも、日本語で使う「シンプル」は、「単純」とは大分ニュアンスが違うように思います。

「単純」・・・ちょっと悪いニュアンス
「シンプル」・・・スッキリしていて、いいニュアンス

皆さんはどうでしょうね。

で、こんな「日本語」と「日本語化した英語」では、ニュアンスが違う例を、色々と教えて下さい。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-05-12 06:36:18

QNo.2146036

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「取り消し」と「キャンセル」
「単純」と「シンプル」と同じ意味合いで変化したのだと思いますが。
↓に興味深い調査があります。
http://www.kokken.go.jp/katsudo/kenkyu_jyo/genzai/ishiki/3-1.html

参考URL:http://www.kokken.go.jp/katsudo/kenkyu_jyo/genzai/ishiki/3-1.html

投稿日時 - 2006-05-12 06:43:27

お礼

URL拝見しました。
こちらは、「取り消し」「解約」「キャンセル」という、同じ意味の言葉の使用度の違い、といったデータですね。

質問が分りにくかったかも知れませんが、この例で言えば「取り消し」=「キャンセル」で、ニュアンスの差はあまりないかな、と思います。

又、宜しくお願いします。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 07:36:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

日本語「吐き出す」「追い出す」
英語「Eject」(イジェクト、エジェクト)
 後者はもっぱら、テレコ、ビデオデッキなどの、カセット取り出しボタンの表示として使用されています。
 また、お菓子作りに欠かせないハンドミキサーのビーター(攪拌棒)の取り外しボタンの表示にも使用されています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=eject&kind=ej&mode=0&type=stick

投稿日時 - 2006-05-12 23:06:10

お礼

お礼が遅くなりまして、すみませんでした。

「Eject」という英語は、昔はカセット取り出し表示以外には、お目にかかったことがありませんでしたね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-27 13:12:04

ANo.17

あなたの「性別」を教えてください。
男性(女性)です

あなたの「SEX」をおしえてください。
好きな体位のことでしょうか?それともヤル回数??

投稿日時 - 2006-05-12 22:09:33

お礼

英語の「SEX」には、両方の意味がありますね。
でも、日本語となった「セックス」としては、一方の意味だけですよ~

依存症にならないように、お気をつけてください(笑)

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 22:14:05

ANo.16

結局、ここでの回答を見ていても判るように、カタカナ言葉ってのは人によって理解している意味が違うこともあるようですね。
グリーンティー...私にとっては別に砂糖入りと言う必要は無いですね。緑茶一般にグリーンティーとカタカナでも言うものだと思ってました。

Sports=別にゲーム要素があるモノとは限りません。日本の辞書にはそういう説明でもしてあるのでしょうか?

まぁ、日本語の場合、他の言語と比べて「ハッキリ」とした意味合いを持つより、どちらかというと「あいまい」な、あるいは「意味の度合いが広い」という特徴がありまして、これが日本語と外国語の翻訳を意訳を難しくしている原因の一つです。で、私が度々指摘している、日本語解釈では外国語は習得できませんよ、って事の理由でもあるわけです。

投稿日時 - 2006-05-12 21:09:20

お礼

「カタカナ言葉が人によって理解している意味が違うこともある」、というのは、古来からの日本語ではないので、そういう傾向にあるのは当然のことでしょうね。

でも、日本語化がかなり定着した外来語の場合は、もはや日本語として判断すべきと思います。

「グリーンティー」については、やはり「緑茶」一般のことでしょうね。

でも、「Sports」ならぬ「スポーツ」は、ゲーム(競技)的な要素が含まれている「カタカナ日本語」でしょう。
国語辞典では、「運動競技」となりますし、又、一般的にも「必ずしも競技の要素を含まない運動のこと」という意味合いでの使い方のほうが、少ないでしょうね。

日本語には「あいまいさ」が強いという特徴があるのは、言葉の問題でなく、文化から来るものですから、日本語化した外来語としての「カタカナ語」も、当然「あいまいさ」が含まれてきています。
だから、「日本語」も「カタカナ語」も、同列で論じる必要があるし、このアンケートでも、「どちらが、あいまい」という法則は成り立たないように思いますが、いかがでしょうか。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 22:11:52

スポーツ(sport)
日本語:運動
英語:ゲーム要素のあるもの(?)
競馬、狩猟、釣り、チェスなどもsportに入るようです。

投稿日時 - 2006-05-12 20:47:50

お礼

日本語の「運動」は、英語で近いイメージとしては「exercise」かなあ、と思いますね。

「スポーツ」に対する言葉であれば、「競技」の方が近いように思います。

だから、「競馬、狩猟、釣り、チェス」のような「運動」を伴わないものも「スポーツ」と称することになっているんでしょうね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:55:37

ANo.14

質問とはズレますが「ニュアンス」ほど日本語に置き換えられないものはありませんね。日本のほうがこういう意味の言葉がありそうなのですが。

作ると「微意(別の意味でありますが)」「微感」「感違」ですかね・・・。

ん~難しい・・。

投稿日時 - 2006-05-12 18:56:40

お礼

「ニュアンス」は、確かに日本語では表現しにくいですね。
「微意」「微感」「感違」という言葉は、使われていませんしね。

「微妙な、差・印象・意味合い」というのが近いかな?

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:51:50

ANo.13

「領収書」と「レシート」
日本では、レジで印字されるものがレシート

「渡船」と「フェリー」
日本では、自動車を積める船がフェリー

「緑茶」と「グリーンティー」
日本では、砂糖入りのものがグリーンティー

投稿日時 - 2006-05-12 17:40:52

お礼

「領収書」と「レシート」、確かに私も自然に使い分けていますね。

「渡船」と「フェリー」、これは、誤訳の類かな。

「緑茶」と「グリーンティー」、う~ん、私の感覚だと、単に日本茶を英訳したのが「グリーンティー」という感じですけど・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:48:24

ANo.12

「ミス」と「失敗」です。

失敗のほうがおおげさというか意味合いが大きく感じますね。

投稿日時 - 2006-05-12 17:27:53

お礼

「ミス」、やっちゃったなあ~ という感じですかね。

「失敗」、やらかしてしまった! となりますか・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:45:26

ANo.11

No4です。他にも思いつきました。
マンション(mansion)です。
日本でマンションと言えばアパートより少し高級な分譲住宅と言う感じですが、英語だと大豪邸と言う意味です。
海外でマンションを持っていると言うと大金持ちかと思われます。

投稿日時 - 2006-05-12 16:57:41

お礼

日本での「マンション」の使い方が、元々違っていましたからね。

まあ、これは「誤訳」かな?

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:44:18

ANo.10

あぁぁぁ!
No.8です、すみません。

「英語」と「日本語化した英語」で、ニュアンスが違う例を書いてしまいました(泣)

寝不足のときに、人様のQ&Aにお邪魔するものじゃないですね・・・昨晩 不寝番 迷惑千万だぁ!

いや、すみません、ほんと。
テンションもおかしいですし。

お詫びに、眠い頭を・・・違った眼をこすって、新たな回答に挑みます(挑まなくっていいって!)


【再チャレンジ】

●様式
●モード

・・・「様式」だと、かなり硬い感じが・・・「イオニア様式」みたいな。
モードだと、ファッションの流行だとか、「仕事モード・遊びモード」みたいに軽く使えます。
でも、「仕事様式・遊び様式」って、結構面白い気もする。


【調子に乗って再再チャレンジ】

●感覚
●センス

・・・「感覚」は五感とか本能的な部分にも関わるけど、「センス」って、芸術とかファッションなどの「洗練されたもの」なイメージがあります。


【まだまだ】

●活力
●ヴァイタリティ

・・・活力って、本当に人間の「生きる力」な気がするけれど、「ヴァイタリティ」って、懐の広さというか包容力というか、人間的魅力にまで言及している気がしますね。


【まだまだまだ?】

●野外撮影地
●ロケーション

「野外撮影地」の意味だと、「ロケ」って言いますね。これなら、ニュアンスも違わないんですが。
ただ、なぜか「ロケーション」は「この店はロケーションがいいね」なんて、「景色」の意味で使われる例が最近多いような気がするのです。
こちらの意味ですと、だいぶ違いますね。


【まだまだまだまだ!?】

●圧力
●プレッシャー

なぜか、カタカナで「プレッシャー」というと、精神的な重圧のみを指し示す気がします。


【そろそろ怪しい?】

●記録
●レコード

テープレコーダーとかあるので、記録=レコードでも問題ないのですが、私は単に「レコード」と言われると、jazzやクラシックを聞くには最適な、あの、黒くて丸くて独特の音の深みがあるヤツ・・・を、思い浮かべてしまうので。


【気合で・・・!】

●生産・製作
●プロダクション

・・・「プロダクション」だと、芸能プロダクションのイメージが、強くないですか?


【お礼&お詫び】

長くなりましてすみません。
言葉遊びは大好きなのです。
楽しいアンケート、ありがとうございました!
また、今度こそ、眠くないときにお会いしましょう!

投稿日時 - 2006-05-12 12:50:42

お礼

お疲れのところ、刺激を与えてしまったみたい(笑)

「様式」と「モード」では、「モード」の方が広範囲に使われていますね。

「感覚」と「センス」も、同じく「センス」の方が広いです。

「活力」と「ヴァイタリティ」は、私の感覚は少し違いますね。
「活力」は、単に元気な様子。「ヴァイタリティ」は、身体の心から出てくるもの。

「野外撮影地」として使う「ロケーション」は、既に「ロケ」という用語になっているでしょうね。

「圧力」と「プレッシャー」は、いい例ですネ。

「記録」と「レコード」は、同じかな。

「プロダクション」は「生産・製作」の和訳ということで、ちょっと違うかも・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:43:06

ANo.9

・モチベーション
・テンション

など。

投稿日時 - 2006-05-12 12:03:47

お礼

「モチベーション」、本当に最近使われ始めた言葉ですネ。
「動機付け」だと、何かわざとらしい感じです。

「テンション」、これは難しいですネ。辞書では「精神的な緊張。また、不安」とありますが、むしろ「感情の高まり」というイメージだと思うんですけど・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:33:22

ANo.8

こんにちは・・・

(先ほど別質問にお邪魔してから、寝ていません。
 ・・・が、仕事は完了しています。
 素早く叱咤激励して頂き感謝です。)


【では、本題】

●Real(本物の、現実の)

と、

●リアル

は、どうでしょうか?

英語のRealは、そもそも「本当の」「本物の」という意味が強いのに対し、日本語のリアルは、「本物じゃないけど本物っぽい」っていう意味が強い気がします。

例:
「Real Diamond」(本物のダイアモンド)
「リアルなダイアモンド」(良く出来たイミテーション)


――でも、ネットの普及で、ネットの「ヴァーチャル」に対し現実世界を「リアル」と称する言い方が普及しているようなので、「本物・現実・実質的な」という英語的な意味に近いニュアンスも強まっているかもしれないですね。


では、また、もう少し頭がちゃんと働くときにお会いいたしましょう・・・(仕事は終わったけれど、寝れない私)

投稿日時 - 2006-05-12 11:48:34

お礼

お疲れ様・・・の上に、更にお疲れ様になるかも?

「リアル」で比較するなら、「本物の」になるでしょうね。
で、「リアル」というと、確かに「本物感がある」というニュアンスが入ることもありますね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:29:32

ANo.7

「復讐」を英訳すると、「revenge」になります。

しかし、日本語の「リベンジ」は「復讐」とは大分ニュアンスが違うと思います。

「復讐」・・・恨みを晴らす時などに使い、大分重い感じです。恐くもあります。
「リベンジ」・・競技などの雪辱の機会の意味で使い、大分軽い感じです。

投稿日時 - 2006-05-12 11:27:39

お礼

「リベンジ」という言葉自体、結構使われ始めたのが新しいですよね。

「復讐」は、根が深いし、執拗なイメージがありますし、悪い意味も含まれている感じですね。

「リベンジ」は、「再挑戦」という意味で使われることも多いので、違った印象ですし・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:27:01

ANo.6

 こんにちは。例えば“下町”と“ダウンタウン(Downtown)”という単語はどうでしょう。ダウンタウンを直訳すると“低い町”となり、日本語に直訳すれば“下町”になるでしょう。
 
 しかし日本に於ける“下町”とは、都市部に残る情緒ある古き街というイメージです。東京では“神田”や“浅草”などが、大阪では“新世界”などが当たるでしょう。しかし欧米に於ける“ダウンタウン”とは、繁華街や歓楽街に相当するイメージです。東京では“新宿”や“渋谷”、あるいは“銀座”などが、大阪では“梅田”や“難波”、“天王寺”などが当たるでしょう。
 
 アメリカ合衆国では住宅地が高台(Uptown)に位置することが多く、ショッピングなどへ行く時には高台を下りて行くことから、このように呼ばれるようになったのに対し、日本に於いては、下町にも住宅地があり、山の手にも繁華街があることが多いため、ダウンタウンを単に“下町”と訳すと意味が違ってくるものと思われます。
 
>>

投稿日時 - 2006-05-12 11:20:49

お礼

そうですね、「下町」と「ダウンタウン」は同じイメージではないですね。

まあ、和訳に無理があった、というか、地形から来る「下」と「ダウン」が、表現上で一致してしまったとも言えるかも・・・

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:24:07

ANo.5

こんにちは。
「冷たい」と「クール」っていうのはどうですか。
クールって「かっこいい」っていう意味で
日本語でも普通に使いますよね?
…あんまり若者の言葉には詳しくないですけど(爆)

投稿日時 - 2006-05-12 09:28:54

お礼

「冷たい」は、悪い意味に使われますね。”相手に対して”冷酷、という感じで・・・
でも、「クール」は、”その人自体”の感情なり、行動なりを表しているという違いがあるように思います。

面白い差異ですね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:21:28

ANo.4

リストラとrestructuring

リストラは日本では「解雇」の意味ですがrestructuringは構造改革の意味で、組織の変更等に使われます。

投稿日時 - 2006-05-12 09:01:05

お礼

「リストラ」は、和製英語で、当初から「restructuring」とは異なった使われ方ですね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:18:11

ANo.3

こんにちは。

同情 sympathy

君にシンパシーを感じる。

君に同情を感じる。

英語だと、共感とか共鳴みたいなよい意味が
あるけれど、同情というと暗い雰囲気があります。

投稿日時 - 2006-05-12 08:43:26

お礼

「お茶と同情」といういにしえの映画がありましたね。原題は「Tea and Sympathy」・・・

おっしゃるような感じで、邦題が不自然ですよネ。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 21:16:47

ANo.2

日常使われている英語は、ほとんど、本当の意味とはまるで違うといっていいです。

たとえば『レモン』。

『レモンのような女の子』といえば、日本では『若くて、さわやかな、かわいい女の子』というイメージですが、英語圏では『ブス』の意味です。

投稿日時 - 2006-05-12 07:20:01

お礼

ご回答の「レモン」のケースは、

「日本語化した英語と、英語では、使い方が違うもの」

になるようですね。

「日本語化した英語と、日本語では、ニュアンスがかなり違うもの」がありましたら、又宜しくお願いします。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-05-12 07:40:18

あなたにオススメの質問