みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビスケットとクッキーの違い

ビスケットとクッキーとはどう違うのですか?

投稿日時 - 2006-03-22 14:49:30

QNo.2044633

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

もともとはビスケットもクッキーもほとんど同じもので、国によって言い方が違うだけです。

ただ、日本ではクッキーというとビスケットよりも砂糖やバターなどが多めに(たしか40%以上)使われたものを差していう習慣があります。既製品の場合は牛乳はどちらにも使われています。

ビスケットもクッキーも、世界中のご家庭でそれぞれの流儀があるもの、それこそが、いわゆる母親の味となって子供たちには世界最高のものとして忘れられないものになっています。
No.4様が<本物のクッキーには一滴たりとも牛乳は入れません>とおっしゃるのもそれゆえ良く分ります。ただ、それだけにビスケットとクッキー、この二つの間の違いというものは曖昧としてか言いようがありません。

外国では、ビスケットという呼び方はイギリスが本場ですが、これは固焼きのお菓子。これとは別に荒挽き粉を使い甘みのほとんどないスコーンというものもあります。
フランスでもビスケットのスペルをほとんどそのままフランス語に転化してビスキュイと呼んでいますが、こちらも固焼きのお菓子のことです。

しかし、アメリカでは、日本やイギリスで言うビスケットはクッキーと呼んでいます。そのほかビスケットも存在していますが、こちらはやや硬めに焼いたという程度のもので、つまりクッキーほど固くないものをさして言いますが、さらに軟らかいものはマフィンなどとも呼ばれて、なかなかその区別は難しいものがあります。

投稿日時 - 2006-03-22 19:08:01

お礼

ありがとうございました。何気に使っている言葉も奥が深いですネ

投稿日時 - 2006-03-25 00:20:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

これは絶対自信あります。
本物のクッキーには一滴たりとも牛乳は入れません。
小麦粉・バター・砂糖が主原料で、
(ドライフルーツやチョコレート・香料とかは別)
ビスケットは主原料に牛乳を含みます。
子どもの頃、母に教わりました。

投稿日時 - 2006-03-22 15:08:41

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2006-03-25 00:21:31

ANo.3

日本ビスケット協会のホームページを見てはどうでしょうか。
その中にビスケットとクッキーどう違うのという項目があります。

参考URL:http://www.biscuit.or.jp/story/history.html

投稿日時 - 2006-03-22 14:55:38

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2006-03-25 00:21:56

ANo.2

「パン(ビスケット)」なのか「ケーキ(クッキー)」なのかという違いだそうです。
なんでも
ビスケット:「2度焼きしたパン」が語源、航海時の保存食料がルーツ
クッキー:「オランダ語のケーキ」が語源(というかアメリカで訛った?)、アメリカに移住したオランダ系の人が作っていたのがルーツ
だそうです。

投稿日時 - 2006-03-22 14:54:48

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2006-03-25 00:22:20

ANo.1

http://www.biscuit.or.jp/story/history.html

と参考URLに解説があります。

参考URL:http://www.excite.co.jp/News/bit/odd/00051082597786.html

投稿日時 - 2006-03-22 14:51:07

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2006-03-25 00:22:45

あなたにオススメの質問