みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

契約締結前の入金&仲介除いての契約って?

はじめまして。ぜひご意見をお聞かせください。

賃貸物件を不動産屋さんを通して探しておりました。
良いところが見つかり審査もOKが出たので
いよいよ契約に入るのですが、不動産屋さんから
1枚のFAXが・・・

(1)契約日までに全額振込みしてください。
(2)管理会社が会ってみたいと言うので、直接その会社
 へ行って契約してきてください。
 会社の場所は電話して聞いてください。

といった内容でした。

(1)の話は他の方も質問されておりましたが、やはり、
契約内容も何も説明されない前に全額払うのは、
納得できない気がします。

(2)はわざわざ1時間以上かけて、私が管理会社へ行き
契約するというのは、不動産屋さんに仲介手数料を
払っている意味がないような気がするのですが・・・

しかも、
「不動産+借主の2者」や
「不動産+貸主+借主の3者」での契約締結は
わかりますが、不動産屋さんを通しているのに
「貸主+借主」での契約締結は"あり"なのでしょうか?

(1)も納得出来ませんが、私としては(2)の方が
かなり納得できないです~

自分で管理会社の行き方を調べて、契約するなら
仲介手数料いらないんじゃ?
って思うのですが・・・(>_<;)

どうなんでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-26 19:45:49

QNo.1993480

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

契約が終わっているものなのかどうかが大きなポイントですね。

>契約成立前ならば、契約日前の支払いは義務がないですよね?

そう思います。
まだ入居するかどうか決まっていないものに対して基本的に支払う必要はないと思います。
ただし、一般的に家賃以外でやりとりする金銭は契約する段階でやりとりすることは地域の慣習などによりありますので、それが大家側の条件かももしれません。
でもこういう金銭については、仲介業者が事前に重要事項説明を行うことになっていますので、それが行われていないということは、説明がないということですので、仲介業者のミスにより、遅れてしまうと大家側に連絡を入れて、了解を得ておくか、大金でなければ契約するときに持参するということでもよいと思います。

基本的に敷金・礼金などは契約締結時に払うお金ですが、大金を持ち歩くのは危険なので、それまでに振り込んでもらうような対応をしているものと思います。

でも細かいことをいうと、建設省が平成6年4月に作成した「住宅の標準賃貸媒介契約書」で、いかなる名義を持っても借り受け予定者に金品を預けることを要求することを禁止することにしています。
また東京都住宅局不動産指導部は平成4年6月の「居住用建物賃貸借契約に係わる媒介業務の適正化について」で、東京都宅地建物取引業協会は平成4年8月に「建物賃貸借に係わる預かり金の取扱について」で、原則として契約締結前の金銭の授受を否定しています。これは原則なので、借り手の強い希望があれば、許されますが。
全日本不動産協会も同様の指導をしているようです。
(いずれも業者に対して)

で、万が一受け取るようなことになった場合でも、重要事項説明で目的や金額などを説明するとともに、契約が不成立の場合は必ず返金するようになっています。


>契約成立後ならば、管理会社に事情を話して後にして貰えるかもしれないって事ですよね?

基本的に仲介手数料以外の金銭は大家さんの取り分です。だから大家さん側が了承してくれれば、契約の有無は関係なく可能です。
普通はこの間を取り持ってくれるのが、仲介業者なのですが、残念ながら、対応してくれないようですね。

>確認できるものを貰っただけでは、説明を受けた訳ではないので、支払いの義務は発生しませんよね?(契約成立前ならば…)

契約が成立していないのなら、費用は発生しません。
また、この書類作成については、業者側で人件費などかかっていますが、仲介手数料は契約が成立して初めて請求が可能になるものと決まっていますので、もし不成立の場合は、その費用を業者が請求することは認められていません。

投稿日時 - 2006-02-28 17:45:01

お礼

今回、無知な私の色々な質問に丁寧にご回答いただき、ありがとうございました。

先ほど不動産屋に行きまして、問題の

「契約前に全額振込むのは疑問だ」
「どうして管理会社まで行かなきゃいけないのか?」

を聞いてきました。

不動産屋は「管理会社に確認してみます。」と言い、その場で電話したのですが、結論としては

「契約書をここ(地元の不動産屋)に郵送してくれるそうなので、管理会社まで行かなくて、ここで契約出来ます。お金も当日でOKだそうです。」

・・・・・・。

結局、不動産屋は管理会社に何の交渉もせず、言われるそのままを私に伝えてきたようです。
何ともやる気のない営業マンですね。

対応を見ていると、騙そうとしているのではなく、ただ単に仕事の出来ない営業マンにあたったようでした。

ついでに「重要事項説明」の事も伺い、契約日前に内容を確認したいと言いましたら、管理会社から書類が送られてきたら契約書と重要事項説明をFAXしてくれるとの事でした。

私としては不満だった2点が解消されたので、そのまま継続してお願いする方向で考えたいと思います。

今回、知らなかった不動産取引について、本当に勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-03-01 00:49:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>契約しない場合、どのような事になってしまうのでしょうか?

>金曜日の夜に「OKが出ましたよ。」
と業者から連絡があったようですが、一般的な事例ではこれは契約成立のご連絡ととらえられます。しかし、このケースの場合FAXにで契約が成立前であると受け止められる内容です。
契約成立の前か後かで差が大きいです。

契約成立ならば、契約をしないということは、契約を破ることになり、大家さんに対して違約金などが発生する可能性があります(契約内容などによる)。また契約成立に対する成功報酬として、業者に対して仲介手数料も発生します。また既に支払った礼金などがあれば返還されないことになります。

契約が未成立ならば、まだ契約していない段階ですので、法的な義務も生じず、単に契約が流れたことになります。だから、それらに対して金銭を支払う必要は全くありません。もし、それ以前に金銭の授受があったら全額返金されることになります。

というわけで、契約成立前後の差は大きいので、これは要確認事項です。


> 媒介契約の違反ですから、仲介手数料は支払う必要はなくなると思います。
>上記について、大家(管理会社)と私(借り手)の契約は完了になっていて、契約に進むとしたら、どのような処理になるのでしょうか?
>仲介手数料を支払う必要がなくなるのでしたら、始めに支払う金額から仲介手数料を引いた金額を振込む事になると考えていいのでしょうか?


違反だからといって自動的に仲介手数料の支払いが逃れられるわけではありません。
相手がそう思っていないのでしたら当然のように請求してきますし。
本来果たすべき仕事をしていないので、その分は減額してもらってよいと思います。これは業者と相談事項でしょう。
役所は行政指導・処分はしますが、基本的に金銭については指導しないと思います。でももめたら役所に相談した方がよいと思います。


>また、書類審査はOKだが契約は未完の場合は、どのようになるのでしょうか?

仲介手数料の発生時期は契約完了時点です。契約が完了していないのでしたら、全く支払う必要はありません。


>「契約成立」と言うのは、
重要事項説明+契約書(37条書面)にサインと印を押した状態を言いますか?

違います。
一般的な手順では
1)重要事項説明(業者の義務。文書の交付)
2)入居の申し込み(口答で可)
3)大家の審査
4)大家の承諾(口答で可)
5)第37条書面の交付(業者の義務、文書の交付)
となります。
契約成立時点は4の承諾を相手または仲介業者に連絡(普通は業者に連絡)した時点です。

なお、1と5は業者の義務であって、賃貸契約先の大家には無関係の問題であって、契約自体は2~4の手続きだけで成立します。

また5は契約が終わってから出される書類ですので、それにサインするのは成立した契約内容を確認したことを意味する程度です。重要事項説明書も同様に業者側の宅建主任者の記名捺印は義務ですが、借り手のサインの有無は義務になっていません。ただし、一般的には正式に重要事項説明が実施されたことを証明するために、借り手のサインや捺印をもらいます。

また、重要事項説明がされていないことに対して、契約前の支払いの拒否を主張できるのは業者に対してであって、大家さんにはできないです。
ただし、事情を話して業者の説明の不手際でそういう説明がされていない状況を説明して、大家さんに了承を得られれば、後にしてもらうことも可能です。


>私としては、媒介契約違反で仲介手数料が発生されずに、管理会社と直接契約するという事になるのでしたら、管理会社まで行って契約してもいいと思うのですが、
安易な考えでしょうかねぇ…。

業者が非を認めればそういう風に持って行けるかもしれませんが、そうでないともめると思います。

あと重要事項説明は、契約にあったって必要最低限了承を得ておく必要がある事項について説明することを定めたものです。
それを受けない状態で契約するのはかなり無謀なことです。

契約がまだ完了していないのでしたら、今からでも重要事項説明を行ってもらった方がよいと思います。
だから事前にその書類を出してもらって、よく読んで理解した段階で、業者に同行してもらって、契約に向かい、正式な重要事項説明はその時点で行ってもらって、内容が事前のものと同一かを確認した上で、契約をするなどの手順を踏んだ方がよいと思います。

投稿日時 - 2006-02-28 14:38:43

補足

何度もご回答ありがとうございます。

まずは、
・今の状態は「契約成立前なのか後なのか?」の確認

契約成立前ならば、契約日前の支払いは義務がないですよね?
契約成立後ならば、管理会社に事情を話して後にして貰えるかもしれないって事ですよね?

・重要事項説明の内容が確認出来るものを貰う

確認できるものを貰っただけでは、説明を受けた訳ではないので、支払いの義務は発生しませんよね?(契約成立前ならば…)

今日の夜、不動産屋に行ってきます。

「契約前に全額振込むのは疑問だ」
「どうして管理会社まで行かなきゃいけないのか?」

を聞いても多分、管理会社に言われたからって感じですぐに返事は貰えないような気がしますが…。

色々な事を短期間で一気に頭に詰め込んだので、まとまらなくなってきているのですが、
けんか腰ではなく、落ち着いて話が聞けるように、頭の中を整理して行きたいと思います。
また、何かありましたら、お力を貸してください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-02-28 16:47:50

ANo.3

>FAXを確認すると、
・契約日は月曜でいかがですか?
・契約日に用意するもの
・契約日までに全額振込みしてください
・振込み金額の明細
・契約は管理会社で行います。アポをとって行ってください

契約時点で発生する金銭(すなわち敷金・礼金・手付け金、共益費など。家賃や更新料は契約後に発生するものなので除く)については、重要事項説明に該当するもので、これは文書並び有資格者の説明をもって完了となりますので、FAXでの提出では重要事項説明を完了したとは言えませんので、以前にそのような説明がなかったのなら、重要事項説明違反だと思います。

>当てはまった場合は役所に相談し、指導して貰うってだけですか?

重要事項説明をしなかった場合、契約は成立ていないという回答もよくありますが(私も以前そう思っていましたが)、これは間違っているようです。
重要事項説明違反は、業者と借り手との間の媒介契約違反であって、借り手と大家の間の賃貸契約に対しては影響しないということらしいです。だから契約が完了していると大家から契約違反として扱われてしまうようです。

行政に相談すると、業者は違反をしていますので、指導、悪質な場合は罰則を与えてくれると思います。また、媒介契約の違反ですから、仲介手数料は支払う必要はなくなると思います。


>仲介業者に確認する内容の件ですが、
これは、先ほど上記でも書きましたが重要事項説明すら受けてないのですけれども、
色々なHPを見てみると、契約日に重要事項説明をし、その後契約といった流れの説明がありまして、混乱しています。

業法では、契約前で重要事項説明を行うことを業者に義務つけていますので、正しい手順では重要事項説明をしてから契約となります。
ただし、これはあくまでも業者に課せられた義務ですので、大家さんは関係ありません。ということで、大家さんと交わした契約には影響しないということらしいです。
なお、重要事項説明は契約前に行うことになっているので、契約当日の直前でも良いようです。
だから、重要事項説明がなされていないのでしたら、これは有資格者が口頭で説明する必要がありますので、もしこれから契約をするということでしたら、当日立ち会って、契約前にしてもらうということでもよいかもしれませんが、じっくり考えることが望ましいので、時間的には前日などに行ってもらった方がよいのではないかと思います。

>お聞きしたいのは、重要事項説明や契約書と言われる37条書面というのは、契約日前に貰えて、事前に確認することが出来るものなのか?です。

基本的に37条書面は契約後に出されるものですが、売買などではかかるコストが莫大ですから、本当の意味の契約書とかねて事前に検討してもらうことが多いようです。

>> 3)契約が完了しているのなら、なぜ管理会社まで赴かなければならないのか?
これは、ダメだと言われたらどうする事も出来ないのでしょうか?

内容によるのではないでしょうか?
契約が完了しているのなら、管理会社と何を話さなければいけないのか、その理由によると思います。
契約が完了しているのなら、質問者が気に入らないとかいう理由で断ることは大家側ではできないので、引っ越し当日でもよいものと思います。
契約前でしたら、それが相手の契約条件なので呑むか断るかは話し合いによるものとなると思います。

なお、一般的には大家が入居を了承した時点が契約成立時なので、
>金曜日の夜に「OKが出ましたよ。」
と業者がいっている時点では契約完了とも受け止められるのですが、その後のFAX内容ではこれから契約を行うように言っているようです。
以上のことを考えると、OKとは書類審査はOKだが、契約は未完ということで、大家側(管理会社)は借り手との間で正式に契約書を交わして契約したいと考えているものではないかと思います。
この場合は、契約前ですので現時点でしたら、契約を取りやめることも可能と思います。

(1)予約金のように1部振込みならまだいいのですが、全額振込みは契約が済んでから。

重要事項説明をしていないのでしたら、法律違反ですので、拒否しても構わないと思います。
契約成立前でしたら普通支払う必要もありません。
特にお住まいの地域が東京都(他の地域でもあるかも)でしたら、契約前に金銭の授受を行うことを原則禁じていますので、役所に相談すると適切なアドバイスをしてくれると思います。

(2)契約は仲介業者の店で行う。
契約場所については規定はありませんので、大家側と相談するしかありません。
相手がどうしてもいやといえば、契約しないか、相手の意見を飲むかのどちらかだと思います。

(3)事前に契約書&収容事項説明の内容をコピーかFAXで貰う

重要事項説明書は契約物件に対する重要な事項が書かれています(家賃などは書かれていませんが)。
必ず口頭で説明する必要がありますので、FAXだけでは重要事項説明を行ったことにはなりません。
なお、契約については事前に文書化の義務はなく、口頭説明も義務にないので、契約時点での立ち会いは法律上は求められていません。

ただし、参考資料として事前にもらう分には全然問題はありませんし、業者に同行してもらうように依頼するのは問題ありません。後は業者が応じるかどうかの問題です。

まとめますと、
重要事項説明を契約前に行っていないこと、家賃以外にかかる金銭について事前に説明なく、要求してきていることなどは、大家との間の契約に影響しませんが、業者は業法違反となります。
業者としては行政の指導を受けることは望ましくないので、行政に相談する前に、この業者の手続き上の不備を突いて、業者に対して質問者が求めるような方向に持って行くという方法があります。

でもあまり質の良い業者でないようなので、契約前でほかにもよい物件があるのでしたら、契約するのはやめた方が無難かもしれません。

投稿日時 - 2006-02-28 10:05:32

補足

ご回答ありがとうございます。
何度も申し訳ないのですが、もう1度質問させてください。

>> 重要事項説明違反は、業者と借り手との間の媒介契約違反であって、借り手と大家の間の賃貸契約に対しては影響しないということらしいです。だから契約が完了していると大家から契約違反として扱われてしまうようです。

という事は、契約しない場合、どのような事になってしまうのでしょうか?

>> 媒介契約の違反ですから、仲介手数料は支払う必要はなくなると思います。

上記について、大家(管理会社)と私(借り手)の契約は完了になっていて、契約に進むとしたら、どのような処理になるのでしょうか?
仲介手数料を支払う必要がなくなるのでしたら、始めに支払う金額から仲介手数料を引いた金額を振込む事になると考えていいのでしょうか?

また、書類審査はOKだが契約は未完の場合は、どのようになるのでしょうか?


全額振込みは契約後にしたい件で
>> 重要事項説明をしていないのでしたら、法律違反ですので、拒否しても構わないと思います。
契約成立前でしたら普通支払う必要もありません。

ここで言う「契約成立」と言うのは、
重要事項説明+契約書(37条書面)にサインと印を押した状態
を言いますか?

私としては、媒介契約違反で仲介手数料が発生されずに、管理会社と直接契約するという事になるのでしたら、管理会社まで行って契約してもいいと思うのですが、
安易な考えでしょうかねぇ…。

投稿日時 - 2006-02-28 13:40:32

ANo.2

長くなりますが、不動産取引についていくつか説明させて頂きます。

1.仲介業者の仕事について
 仲介業者の仕事は、物件を紹介することがメインです。だから紹介料としての意味合いがありますので、費用としては発生します。
 だから既に紹介して頂いているので、その相手と契約を結ぶ場合は、仲介手数料は発生します。
 もし、仲介手数料を惜しんで業者に内緒で直接相手と契約した場合、仲介業者は契約に至った貢献に応じて費用を請求する権利が認められています。
 なお、仲介手数料は、紹介料の意味合いがありますが、単に紹介しただけでは発生せず、契約が完了した時点で発生する費用です。

2.賃貸契約の完了時点
 契約は文書の必要はなく口答で成立することになっています。一般に賃貸契約では、借り手が申し込みをすると(一般には文書ですることが多い)、大家が審査を行い、審査結果に問題がなければ、大家が了承を伝えます(口答のことが多い)。この時点で契約が成立します。
 仲介業者を利用している場合、大家がOKを仲介業者に連絡した時点が、契約完了とされています。
これ自体については、大家と借り手が契約をしていることになります。

3.媒介契約について
 媒介とは仲介のことです。これは借り手と仲介業者または大家と仲介業者の間の契約です。
賃貸契約が完了した時点で仲介料の請求ができることになります。

4.宅建業法での義務
 宅建業法は宅地建物の取引の安全を目的として、宅地建物取引業者を規制しています。宅地建物取引業者とは世間一般で、仲介業者、宅建業者、不動産会社などといわれているものです。
 賃貸契約の仲介を行うには、免許が必要です。 ちなみに管理会社というのは、建物を管理することを仕事としているもので、必ずしも宅建の免許はいりません。また、管理会社は大家に代わって建物の管理をしているものなので、大家との間で契約をしているだけで、住民とは契約を結んでいません。大家さんの代理人と考えてみても良いようなものです。

 話を宅建業法に戻しますが、業法では、業者の行為をいろいろ制限しています。その中で賃貸の仲介を行う際に義務としてあるものに、重要事項説明と37条書面の発行というのがあります。

 重要事項説明というのは、「契約前」に法律で定めた賃貸物件に関する重要なことを、有資格者(いわゆる宅建)に口答で説明させるとともに、重要事項説明書という文書を発行することになっています。

 37条書面というのは、宅建業法第37条で定められた事項を契約が完了したら速やかに、文書で発行することが義務つけられている書類です。
 この内容は契約に関する内容であり、本来完了した契約内容を記録として残すものとして造られるものですが、世間一般ではこれを契約書と読んで、これにサインした時点が契約完了と誤解されている書類です。

前置きが長くなりましたが、回答です。

(1)について
 2で説明したように大家の審査がOKとなっていると、既に契約は完了しているので、仲介手数料や敷金・礼金の支払い義務は生じていますので、金額の支払いを請求することについては問題ないと思います。
 問題があるとしたなら、支払時期の説明などが十分行われていなかったことです。
 契約内容の説明が行われていないとありますが、これは2つのとらえ方がありますので、それによって代わります。
 1)重要事項説明がなされていない。
 2)重要事項説明はされていたが、契約書(37条書面)が出されていない。
 3)大家側が完全に了承していない。
 

1)の場合は、業法違反です。役所に相談すると業者を指導してくれます。
2)の場合は契約は完了していますので、請求はされてもおかしくないです。37条書面は遅滞なく出すことになっているので、多少の遅れは許されています。
この場合は、その書類を早急に出すように仲介業者に要求するべきです。なお、この書類内容に不備があれば、その時点で申し出ておかないと後で問題となりますし、基本的に重要事項説明時に説明されていた内容に問題が名ければ、この時点でキャンセルすることは違約金などの費用が発生することになります。

3)の場合は、書類上の審査はOKだけど、大家側がまだ契約に待ったをかけており、詳細条件を打ち合わせてから契約したということをいっている場合です(審査OK=入居OKではない場合。この場合は契約はまだ完了していない)。
住み手に実際会って人物を見てから契約したいということかもしれません。
大家側の条件を、大家の代わりに管理会社が行うので、話しに来てくれということかもしれません。
ただし、この場合は、契約が完了していないので、まだ支払い義務は生じていません。だから、支払い要求はおかしいものとなりますので、この可能性は低いと思います。

つぎに(2)についてですが、支払いを要求してきているということは、契約が完了している時点だからと考えられます。

>「貸主+借主」での契約締結は"あり"なのでしょうか?

これはありです。というか本来、賃貸契約を仲介業者と交わすことはありません(大家自身が業者の場合を除く)。賃貸契約は大家と借り手の間で交わす契約です。仲介業者は法律に従いこの間を取り持ち、契約の段取りやアシストをするだけですだけです。
だから大家と契約自体を取り交わすこと自体は全然問題ありません。
問題となるのは1で説明したように仲介手数料を抜くために、仲介業者を抜いて契約することです。だから結果については仲介業者に連絡しておく方が安全だと思います。

ただし、普通は口答で契約が成立することになっているものですから(後で仲介業者が文書として内容を発行する)、わざわざ相手側に出向いていくことはないものと思いますが、管理上の問題や住まい方などの説明など、法律上仲介業者が仲介する際に説明しなければならないこと以外の詳細事項について、管理会社が説明をしたいので、借り手に来て欲しいと言っているのかもしれません。

まずは、以下の点を仲介業者に確認してみてください。
1)契約は完了しているのか→完了していないのならなぜ支払わなければならないのか?
2)契約が完了しているのなら、37条書面は何時出るのか?
3)契約が完了しているのなら、なぜ管理会社まで赴かなければならないのか?

契約が完了しているとなると、質問者側理由によるキャンセルになりますので、キャンセル料などでもめるかもしれません。
契約が完了していないのでしたら、契約前に金銭を受け取らないことが推奨されています(東京都など)ので、事前にそういう説明がなければ支払う必要はありません。

投稿日時 - 2006-02-27 11:39:44

補足

ご回答ありがとうございます。
色々と考えさせられたし、勉強になりました。

私の理解力が足りず、補足させて頂きたいのですが・・・
細かくなってしまいますが、

まず、先週の火曜日の夜に仲介業者に入居申込書を提出しました。その時は、「審査結果を後ほどご連絡します。」とだけ言われました。

そして金曜日の夜に「OKが出ましたよ。」と仲介業者から電話で連絡があり、FAXも流してるので確認して下さいって事と、なるべく早く契約したいと言われました。

FAXを確認すると、
・契約日は月曜でいかがですか?
・契約日に用意するもの
・契約日までに全額振込みしてください
・振込み金額の明細
・契約は管理会社で行います。アポをとって行ってください

上記のみ記入です。これはご回答頂いた

>> 問題があるとしたなら、支払時期の説明などが十分行われていなかったことです。
>> 1)重要事項説明がなされていない。

にあてはまりますか?
当てはまった場合は役所に相談し、指導して貰うってだけですか?

後、仲介業者に確認する内容の件ですが、

>> 2)契約が完了しているのなら、37条書面は何時出るのか?

これは、先ほど上記でも書きましたが重要事項説明すら受けてないのですけれども、
色々なHPを見てみると、契約日に重要事項説明をし、その後契約といった流れの説明がありまして、混乱しています。
お聞きしたいのは、重要事項説明や契約書と言われる37条書面というのは、契約日前に貰えて、事前に確認することが出来るものなのか?です。

>> 3)契約が完了しているのなら、なぜ管理会社まで赴かなければならないのか?

これは、ダメだと言われたらどうする事も出来ないのでしょうか?
仲介業者は契約の段取りやアシスタントも含まれているのであれば、せめて管理会社まで連れて行ってくれるとかはないのでしょうか?
場所もアポも自分でなんて、ヒドイ気がしてしょうがありません。

うだうだと書いてしまいましたが、最終的に私が望んでいる事は

(1)予約金のように1部振込みならまだいいのですが、全額振込みは契約が済んでから。
(2)契約は仲介業者の店で行う。
(3)事前に契約書&収容事項説明の内容をコピーかFAXで貰う

の3点です。
明日の夜、仲介業者と会うのですが、少しでも望み通りになるようにするには、どのように仲介業者にお話すればいいのか、詳しくご存知のようなので、お忙しいとは思うのですが、ご伝授頂きたいです・・・。

投稿日時 - 2006-02-27 23:38:24

ANo.1

不動産業界の経験者ですが、今回は、権利関係が2重か3重にわけて取引しているのでしょう。

貸主がいて、その貸主に建築推進した業者がいて、その業者の管理会社がある。 その物件を、仲介している業者にあなたは取引したんでしょう。

そして、その手の管理会社は、入居審査が厳しく、家賃の設定とか、保証金や保証できる人材かを慎重なのでしょう。 

ですから、その物件と取引を絶対にしたいなら、仕方ないかもしれません。
しかし、他にいい物件あれば、やめたほうがいいのでは。あまりいい取引には思えませんが。

投稿日時 - 2006-02-27 10:56:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

友達に話をしても、皆あまり良い印象を持てないようで「やめとけば?」と言います・・・。

もう1度、不動産屋さんに疑問をなげかけ、それでも納得出来なかったら、契約はやめようと思います。

お忙しい所、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-27 22:39:46

あなたにオススメの質問