みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

女性・女系天皇の必要性について

天皇の跡継ぎとして女性・女系天皇を許可する皇室典範改正案が出ていますが、どうしてそこまでして急いで可決させようとするのでしょうか?

そこまで男系にこだわる必要性はないように思えるのですが・・・。何世代も続くと純潔とは言いがたいと思うのですが、どうなのでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-07 15:25:17

QNo.1950016

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

反対派は、純潔どころか、平安時代には近親相姦と外戚婚姻が多発していて純潔やら正統だの言う事は歴史認識が甘すぎる。

ところで。
仮に。
愛子サマが即位なされて、その後ろを男がつき従う姿を見たらどう思いますか?

根本はここだと思います。
小泉首相みたいに女性と縁が無い人間にとっては
天皇は本家であれば、男でも女でも構わない考えかもしれません。

しかし、戦前の男尊女卑という
「明治に創られた伝統」
が大好きな連中は見たくないんでしょうね。

私には反対派がこうにしか見えません。
「女性に頭を下げたくない」

投稿日時 - 2006-02-08 16:48:37

お礼

回答数が多いので、こちらにまとめてお礼を書かせていただきます。
後ろに男がつき従うことになるのでしょうか?
例えそれでも、いいんじゃないかなって思います。

僕には女は家で家事をしているだけでいい。
男の後ろについていればいいんだよ。

としか思えません。
小泉首相のような強引に可決させるのはいかがなものかと思いますが、
いづれは女系・女性天皇を了承してもいいんじゃないかなって思ったりします。

皆様貴重なご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-09 17:59:03

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

朝鮮など北方系は父系社会です。
南方系は母系社会です。

もともと父系という仕組みなので,それを正統と言う人はそれを変えたくないのでしょう。

皇室典範と関連が深いのは,靖国参拝問題です。

皇室典範改正反対派は,靖国参拝を控えるべきと言う連中です。
小泉のやろうとすることを,反小泉が反対していると言うことですね。

皇族も割れています。

投稿日時 - 2006-02-07 23:06:01

ANo.4

ずっと男系だったので、男系が良い。
しかしそれが無理なら、女系を容認。

投稿日時 - 2006-02-07 18:59:42

ANo.3

 語ると長くなる話ですので、できるだけ簡潔に。

 重要なのは「天皇制」の正当性を裏付ける根拠であって、ご本人に血筋はこの際どうでも良いからだと思います。
 こんなことを書くと不敬といわれかねませんが、個人的にはそう思っています。

 民主主義が堕落したり、現システムが悪化したりした場合に、その重要なカウンターとして「錦の御旗」の下に革新勢力を糾合出来るというのは、「ただの民主制」にはない、「天皇制」の特徴であり、美点です。
 現にこれまでの長い歴史で、天皇制の存在意義は、その一点に集約されてきました。望むと望まぬとにかかわらず。
 そこで問題になってくるのが、「担ぎ出した陛下の正当性は?」ということです。これまでは、問題がありませんでした。一夫多妻制のおかげ(?)で、後継者には事欠きませんでしたので(継体天皇のケースは例外的ですが、「一応」いらっしゃいました。)。
 「歴史的な万が一」のとき、擁立すべき天皇陛下の正当性に疑問があるようでは、このような手法は意味を失います。これまで培われてきた男系天皇という「正当性」は、既成事実としては大きなものですから、「その事実を国家全員で変えたんだ」というような大芝居的な事実の確立は極めて重要になります。
 これは、天皇制の危機であると同時に、悪政から日本国を守るための「最大の保険」の危機でもあるのです(何を以て悪政というか、という問題は別次元でありますが。)。

 ところが、現時点では、本当に後継者がいらっしゃいません。制度上。
 いや、順番としてはいらっしゃるのですが、問題はその後のことです。失礼な言い方ですが、パンダ以上に種の存続に問題があります。

 (縁起でもない話で恐縮ですが)今上陛下がお隠れになった場合、継承と同時に、普通は皇太子を立てます。
 ところが、女系天皇を認める根拠がないと、その立皇太子に支障を来すことになり「今まで政府は何をやっていたのか?」とう非難が集中するであろうことは、火を見るより明らかでしょう。
 その点では、極めて火急の問題でして、悠長なことをいっている場合でないことは確かです。

 辣腕の宰相たるもの、今のうちに急いで可決しておかないとまずいでしょう。
 でないと、今上陛下崩御!の直後に国会と宮中が大混乱することになります。そっちの方が恐ろしいのは明白です。 

投稿日時 - 2006-02-07 16:09:17

ANo.2

脈々と受け継がれてきた文化ですから、
なかなか廃止することは出来ないですよ。
政治的にも国際的な意味でもね。

ここで後継ぎが生まれなかったら、
終わってしまうという危機感から改正案がだされていますが、
伝統重視派からすれば、それは暴挙です。
宮家を復活させれば、
男は居ますからね。
      

投稿日時 - 2006-02-07 15:41:21

ANo.1

>皇室典範改正案が出ていますが…

まだ出ていません。これから出される予定です。
小泉さんはきょうも、今国会で成立させると意気込んでおられますが、思惑どおりことが進むかどうか、暗雲たなびき始めたようですね。

>男系にこだわる必要性はないように思えるのですが…

現在進行形にニュース・話題に対してコメントするのは、削除対象ですので控えさせていただきます。

投稿日時 - 2006-02-07 15:38:09

あなたにオススメの質問