みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の学校の問題点

今春、高校を卒業する予定の者です。

僕は、学校という組織に多くの疑問を感じています。

簡単に申し上げますと

(1)教師のレベルの低さ
(2)おもしろみのない平凡な授業
(3)基本的に生徒が主体でない
(5)心の教育
といった所ですね。

まず(1)ですが、はっきりいって教師として1人の大人として、尊敬できない先生が多すぎます。中には恩師と呼べる先生もちらほらいますが。具体的に言うと生徒1人1人を平等に扱う事。これが全くできていないように思います。
(2)についてはもっと授業をおもしろくする方法を先生達は常日頃、真剣に考えろと言いたいです。進学校などはおもしろさという要素はあまり関係ないと思いますが、それ以外の学校などではもっとおもしろみのある授業をしたほうが良い。考えればおもしろくする方法なんていっぱいあると思います。
(3)は学校のシステムに原因があると思うのですが、学校は生徒が主役じゃないんですか!?上(教師)から命令されてばっかりで。。こうしろああしろとか、そんなんじゃ本当に主体的な人間を育てる事は難しいと思います。
(4)は高校で心の教育ってもんがないと思うんです。見てると、先生方は授業だけしてれば後はもういいっていう雰囲気が漂いすぎです・・・。本当に生徒に心まで届く心の教育をすればもっといい世の中になるのになぁと。

人間は組織に入ると自分の地位などを気にして保守的になり易いとよく聞きます。やはり文科省を変えなければはじまらないと思います。私は、先生の採用試験をもっと厳しくしたほうがいいと思うんです。研修期間を2年にする。熱く語れるかどうか試す試験を行う。などなど。(まだまだ考えつきます)
勉強だけできれば先生になれるという採用方法はおかしいです。日本でこういったふうに採用基準などを大胆に変える事は可能なのでしょうか??

投稿日時 - 2006-01-11 16:46:09

QNo.1889391

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(24)

あなたはきっと頭のいい人でしょうね。あこがれますよ(^。^)。でもどのくらいよくて、人を批判しているのでしょうね。先生はあなたに褒められるためにいるのじゃないんです。自分の知識を生徒に教えているのでしょう?そしたら尊敬してあげてくださいよ。先生より、知っていることが多かったら、あなたが、きっとお勉強好きな方でしょうね。クラスでも1番とか(^_^)vそりゃ面白くない授業もあるでしょう?だって顔が違うように、考え方もそれぞれ違う、いろんな先生がいるからね。あなたの好みの顔の人もいれば、嫌いな顔の人もいるでしょう?それと心も同じですよ。学校が、生徒が主体ではない、といわれますが、これはおかしいです。生徒主体に授業は構成されてますよ。ただ大学いくための基礎教育場、となっている事には違いないようです。本当に何を学ぶ教育しているのでしょうね。きっと教員ですよ。教育者ではない。心の教育は尊敬する先生に学ぶもの、学問も、さながらその先生の生き方にです。あなたはきっとその生き方を探しているのでしょうね。自分の人生の見本となるような先生を(^^♪
しかし今は無理です。みんな学問的頭は、いいんだもん。そこが先に光ってしまって、本当の心は、みつけきらんよ。だから本当の生き方の見本は、日本の文化をたどり本の中から、歴史上の人物に見習ってください。人文学、心豊かになりますよ。

投稿日時 - 2006-01-31 15:25:16

お礼

人文学すこし興味あります。
大学で触れてみようかな。。

>あなたはきっとその生き方を探しているのでしょうね。自分の人生の見本となるような先生を(^^♪
そうかもしれません。なんか僕の心の中を見透かされているような・・笑。
人文学を勉強してきた方ですよね??

俺も心が豊かになりたい!!

回答有難うございました!!

投稿日時 - 2006-01-31 22:58:43

ANo.23

(3)については、ご指摘の通りシステムの問題があると思います。今の学校制度は基本的に、大量生産型の域から出ていないと思います。文科省は「一人一人の個性を伸ばす・・」なんて、誰からも賛同を得るようなお題目を言っていますが、システムの抜本改革無しにはできません。両親が揃って、愛しいわが子の子育てにあたってさえ、なかなかうまく育てられないのに、本当にそのお題目を達成しようとするなら、1人で30~40人の個々に対応して教育にあたっていくのでは難しいです。生徒を主体とするには、教師の力量もさることながら、その対応には限界があると考えます。
(4)の心の教育についてですが、教師の殆どは小・中・高・大そして学校勤務という、いわば小さい頃からずっと学校で生きてきたわけですから、学校の論理=即ち、授業云々、成績向上、或いはスポーツ好成績等に注目が行きがちなのです。教師のさがなのかもしれません。
私は、誰もがうなづき賛成するような謳い文句について、改めて疑いの目を持つことが必要だと感じます。「一人一人に対応する教育が、本当に国としてできるのか、或いはどこまでする気があるのか」、「学力向上・・・というけれど、学校の成績が悪くったっていいじゃないか。また別の物差しもあるよ」といったふうにです。

投稿日時 - 2006-01-28 00:11:23

お礼

日本の教育システムは腐ってますよ。。真剣に。

アドバイス有難うございました。アンケートのほうへうつしてみます。

投稿日時 - 2006-02-02 05:07:13

ANo.22

高校3年生です。
私は学校大好きです(卒業したくない、とまで思います)。

(1)教師のレベルは学校によって違います。
高校は義務教育ではないし、自分で学校を選べるわけです。
やっぱりレベルが高い高校の教師はレベルが高いのでは?
平等というのはとても曖昧な言葉だし、ここでは具体的な事例がないのでよくわかりません。

(2)「面白い授業」なんて、総括して言われても先生達も困るでしょう。

(3)高校は主体的な人間を育てるところ、とみんながみんな考えているわけではありません。
誰が主役、とかも些細な事だと思います。
私の学校では先生から命令されるなんで、そんなにありません。
どんなことを命令されるのでしょうか?
授業中に私語はするな、ベル前に着席しろ、チョーク持ってきて、とかですか?
みんな授業を受けるために学校にお金を払っているのですから、当然のことですよね?

(4)小学生じゃないのですから、心の教育は高校では不要だと思います。
生徒が相談に来ても話を聞いてくれない先生は困りますが、
基本的には高校の先生は勉強を教えてくれるために存在するのです。
レベルが低いと思って先生を見下していませんか?
授業時間外にフレンドリーに話しかけたら、一緒にお喋りしてくれる先生もいると思いますよ。

私達生徒は「先生、授業してくれてありがとうございます。」
先生は「私の授業のためにお金を払ってくれてありがとう。」
という気持ちが大切だと思います。
特に高校は行かなくてもいいのに、行きたいと思って通っているわけですからね。

私は入学前に(中高一貫なので中学入学前でしたが)親と一緒に文化祭や説明会などに足を運び、
卒業生や在校生に話を聞いたりして(とても参考になります)、志望校を決めました。
小学校も学区外に通っていました(親の判断ですが)。
やっぱり学校選びって重要だと思うんです。
自分(又は親?)が選んだ学校なのだから、そこまで不満があるようでしたらリサーチ不足だったのだと思います。
その不満を頑張って我慢・克服するか、さらに調べてより良い学校(自分に合う学校)に転校する、など
今までにもやれる事はあったかもしれません。

質問者さんは学校という組織ではなく、質問者さんの学校に不満があるだけだと感じます。

投稿日時 - 2006-01-22 09:28:36

お礼

僕ははやく卒業したいですね。

理由は生ぬるいからですね。どこの学校も同じじゃないですかね~。

どうも回答有難うございます!!

投稿日時 - 2006-02-02 05:08:55

ANo.21

皆さんが、建設的なご意見を述べているのかで、かなり感情的な意見です。

質問者の方のご不満は、多くの回答者の方の高校3年生の時のご不満ではないでしょうか。

質問者の方の不満をある程度解決する手段があると思います。完全なる家庭教師です。複数の人間が一人から学ぶ仕組みである種の理想は求められません。教育学で無く、心理学を学んだ方に家庭教師になってもらって下さい。かなりイメージが違った教育を受けられると思います。現実に出来るかどうかはまた別の問題ですが。

ご質問者の方にも、回答者の方にも失礼かと思いますが、学校に多くを求めてもムダだと考えます。ご自分がどの様に考えるか、進んで行きたいかが重要で、外的要因は所詮”人事”です。たとえ高校生であっても、中学生で有っても、結局自分の事は自分で責任を負う必要があるのです。

お上が考える教育。親御さんがお子さんの為を思って考える教育。どーでもいいじゃないですか。日本は良い国ですので、お上が考えてくれて、マスコミが色々言ってくれて、親も色々考えてくれて、、、でも本人は満足しない。結局本人次第です。

一生懸命楽しく生きませんか?どうせご自分の人生です。親でも先生でも、誰の為でもないんです。

理想の学校の先生は、学校には居ないかも知れません。でも人生の先生はそこらじゅうに入るかも知れません。親御さんかもしれないし、親戚の誰かかも知れないし、近所のオヤジかも知れない。ただ、学校に居ないだけですよ。

投稿日時 - 2006-01-18 15:40:17

お礼

文科省ですよ文科省。あそこを抜本的に改革せな何も日本は変わらないですよ。

やはり教育は理想というのも重要視するべきだと思います。

回答有難うございました!!

投稿日時 - 2006-02-02 05:10:48

ANo.20

edf

(1)教師のレベルの低さ
基本的に教師はパーフェクト(もしくは全ての科目が標準以上)であることを求められます。
天才ってのはどこかが抜けているから天才なのであって、
全てにおいて平均以上を目指せばぎりぎり平均を超える程度の人が集まるのは当然です。
ところで質問者さんは、どんなところに不平等を感じましたか?

(2)おもしろみのない平凡な授業
上にかかわってきますが、平均的な人間=先生なので平均的な授業になりやすいと思います。
面白いの基準も人それぞれですしね。
「ようこそ先生」の番組みたいな授業は楽しそうですが、
現職の先生がこんなことをすると予定の授業が全然終わらなくってクレームが来ます。

(3)基本的に生徒が主体でない
確かに先生の指示通りに動かなきゃならないことばかりですよね。
ただ、主体的な人間に育ててもらうってのはちょっと矛盾じゃないですか?
社会人であれば常識なこと(仕事中に他の事をしない、遅刻しないetc)を
訓練するための場所が学校ですから上司(先生)がいてルールがあって当然なのだと思います。

(5)心の教育
これも難しいですね。
そもそも高校は義務教育では無いので大学進学や就職のための勉強がメインだと思います。
心の教育は家庭、補助的に小・中学校で行うものだと思います。

採用試験はどんなものか知っていますか?現状でもかなり厳しいですよ。
ただ、コネ(親が校長→採用)的なものが残っているのも事実だし、
試験の好成績者≠すばらしい先生でもあると思います。

熱いかどうかは個人の主観ですよね。
ものすごく熱いんだけど一般常識のレベルも怪しい教師は魅力的ですか?
たとえばGTOみたいな・・・

採用方法そのものを変えるのは難しいorものすごく時間がかかると思いますが、
今後は採用後も免許更新を行うという形になるようです。
少しは変化してきているのではないでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-17 12:29:59

お礼

だから天才を用意しろって言ってるのではないんですよね~。天才はいませんから。

少しは変化してきているといっても・・・・ん~なんかスピードが遅すぎますね。

回答有難うございます。
アンケートのほうへ移動してみます。

投稿日時 - 2006-02-02 05:13:06

ANo.19

高3です。
生徒ってみんな同じじゃないんだから平等に扱うことは出来ないと思います。あなたが言うように平等に扱ったとして一人一人感じ方だって違うわけだから平等じゃないって思う生徒もでてきちゃうんじゃないですか?
問題があるのは教師だけじゃないと思います。やる気のない生徒、無駄に首をつっこんでくる生徒の親、よくわからない政策をする文科省など。

おかしい、変だって思うなら直接言ってみればどうですか?私の学校では結構言ってますよ。それによって変わったこともあります。心まで届く心の教育が足りないと感じるならあなたの言葉で教師の心を動かせばいいんじゃないんですか?こんなに教育にたいして熱い考えがあるなら目の前のことを変えてください。というかあなたが教師になるなり、文科省に入るなりすればいいのにって思います。

よく給料もっとさげろって言えますね。頑張ってる人達だってたくさんいるのに。

投稿日時 - 2006-01-15 02:09:35

お礼

頑張っている人は実際います。僕の学校でもいます。

しかしですよ、欧米と比べ、教育の質が悪すぎます。

回答有難うございました。
これからなんらかの行動はしていこうと思っております。

投稿日時 - 2006-02-02 05:22:06

ANo.18

(1)(2)(5)に関してはたぶん一緒のことですね。
要は教師のレベルが低く、ただ知識を垂れ流すだけの「面白みのない授業」で、「心の教育」など及びもつかない・・といったところでしょう。

役所はともかく、もし民間企業がこの様な結果をまねいたなら、即刻経営陣は退陣でしょう。
仰るように個々の先生の責任ではなく、システム全体を掌る文科省の責任であることは明白ですが、官僚は結果責任を問われないと言う理屈が一方であります。

人間が熱く語るのは、自分が信じる思想・心情にそった行動が出来る時であり、文科省はそう言った「偏り」を無くし、マニュアル通りの機械的な教育を推奨しているのですから、多様性など生まれるべくもありません。
但し、現実問題として主体的な人間を形成するためには、そういった障害を乗り越えて、偏差値の高いグループ入りをして、そこで得たものを生かしていく方法と、システムからドロップ・アウトして、既存のプロセスでない階段を上って高み(社会的成功)に登るしか道はありません。
それ以外の人間は、ひれ伏して自分の時間を売り渡す(就職して人から金を貰い、時間を売る)ことしか生きる道が無いのが資本主義です。
最後に、主体性とは自分で勝ち取るものであり、人や制度から与えられるものではありません。

投稿日時 - 2006-01-14 23:15:02

お礼

アドバイス有難うございます。

システム全体を総括している文科省・・・くそくらえや!!!!

投稿日時 - 2006-02-02 05:25:15

ANo.17

いいたいことはたくさんありますが、総じていうと「自分から動け!」ということです。責任の他者転嫁をしたところで自分自身が幸福にはなれません。今現在の1分1秒も戻っては来ません。不平・不満は改革の第一歩であり、個人のそのような考えが集団化して、世論を巻き起こすことでムーブメントは確立されます。そのプロセスでもめ事も多々発生するでしょうが、それは自分を磨いてくれます。最近の学生は(と書くとこれまた語弊がありますが……)、当事者の分際で評論家に転ずる者が多すぎる! と感じています。もっと聞きたければ補足を要求してくださいね。

投稿日時 - 2006-01-13 23:21:51

お礼

ご指摘されたとおり、これからかたちとして動きたいと思っております。


どうも回答有難うございました!お互い日本の教育をよくしていくため、頑張っていきましょう。

投稿日時 - 2006-02-02 05:23:53

ANo.16

今、教育学部で勉強している大学生です。

(1)・尊敬できない先生が多すぎる・・・
普通、尊敬できる人は沢山いるのでしょうか?
あなたにとって、どういう人が尊敬できるのですか?
やはり人それぞれ違うわけで、あなたが尊敬していても友達は違うかもしれません。
  ・平等に扱う・・・
あなたにとっての平等とは何でしょうか?
最近思うことですが、平等という言葉だけが先走っているように感じます。
何かあったら「平等にしろ!!」っていう人が多いように感じます。
すべてが平等になることがあるでしょうか?
やはり、多少は平等でなければならないでしょうが、平等にできないということを学ぶ事を与えられるいい機会ではないでしょうか?

(2)面白みの無い授業・・・
これは、実際自分で授業をしたことがあるのですが、難しいものです。
それは、ギャップです。
生徒観と教師観が違うことです。
教師は一つの視点ですが、学級は大勢の視点があるわけです。
すべてを汲み取ることは難しいものです。
例えば、あなたにとってゲームが面白くても、隣の席の人はゲームよりスポーツが面白いなど、一人一人違うわけです。
すべての教師ではありませんが、常日頃授業の検討を事務作業や生徒の指導などをしながら勤務時間過ぎてもするひとはいます。

(3)・生徒主体・・・
教師に頼りすぎていませんか?
高校を卒業する年齢になっても、自分から動く気がないのですか?
学校が校則決めているのは、当たり前のことです。
もしそれが嫌ならば、自分たちの手で変えようと努力することが一番です。
努力をせずに、口だけで言うのは簡単ですが、まったく意味が無く、大人にいいようにされるわけです。

(4)・心の教育・・・
わざわざ授業でやる必要がないと思います。
心を育てるのは、特定の時間でなく日ごろの行いが実は心の教育につながると思います。
誰にでも挨拶することのひとつで、人に対してOpenな心へと変化するわけですし、清掃することで、自分だけでなく実は人に対しての気遣いというものを知らずに学ぶこともできるのです。

教員は人間です。
完璧な人間が教員になるのは、本当に理想論です。
完璧な人間は実際いません。
誰にでも失敗があり、それを土台として新たな道が開かれるわけです。

質問者の考えが間違ってるとは言いません。
しかし、あなたの言ってることは、自分にとって都合の良いもののように感じる人がいることもあります。

是非、自分の思ったことを県の教育委員会や市町村教育委員会、はたまた文部科学省に手紙やメールを一度送ってみてはいかがですか?
視点を一つ変えてみてると、またあなたの考えは変わると思います。

(長々となり、まとまってないかもしれませんが、ご了承ください。)

投稿日時 - 2006-01-12 19:16:17

お礼

回答有難うございます!!

行動にこれから移していくつもりでおります。

投稿日時 - 2006-02-02 05:19:35

ANo.15

 中学生です。
 1.多分心理的な面から、完全にそうしろというのは難しいと思われます。ですから、そのようなことがあったら、その度に先生に指摘すれば良いと思います。粘り強く言ってもそれを受けてくれない先生は困りますが。
 2.授業というものの本質からして、別に面白くなくても良いような気もします。まぁ、面白い授業をしてくれれば、我々生徒としては大変ありがたいですが、その他にも、色々必要な要素(わかりやすさとか)がありますから、無理につけなくても、という感はあります。
 3.これは同感できますが、教師側だけでなく、生徒のほうにも問題はあるような気もします。具体的には語れないのですが・・・。
 4.中学ならまだしも、高校で心の教育をするのは、少し甘やかしすぎ(?)な感もあります。ですが、こういった現実も考慮すると、中学より前で何とかすべきと思います。

 1・3では、学校のシステムより、長い歴史の中で組み立てられてきた、「社会のシステム」「社会的な概念」に問題があるような気もします。

投稿日時 - 2006-01-12 19:06:53

お礼

ご立派な中学生ですね~~w関心します。

長い歴史の中で積み重ねあげられた何かがあるのでしょうね。それを崩すには相当な労力がいりそう。。


アドバイス有難う!!

投稿日時 - 2006-02-02 05:18:26

ANo.14

あなたの思うところよく分かります。その主張するところ、正しいと思います。問題は、言うだけのことを行うのは容易いことではないということです。
御自身がご指摘のことを、今後どれ程実行できるかを試して頂きたい。必ずしも教師になる必要はありません。何処かで逢う子供にどれ程行えるか、もしできれば其処から問題解決の“方法”を見つければよい。これは問題です、と指摘するだけならテレビでよく見かける識者然とした“似非の大人”と変わりありません。こうすればこうなるとだれをも納得させ、現実味のある方法を明確に自らが示す。世は一人の力では動きませんが、時として一人の力が引き金となり、世を動かす時がある。それには沢山の複合的な要素が絡まり興るのですが、それはここの主題とはそれますのでここでは触れませんが、自分がそうなり得るかは別として、多くの大人が“何故できないでいるか”を知る必要があるでしょう。答えは人から与えられるものではなく、自分で掴むものです。

投稿日時 - 2006-01-12 11:42:02

お礼

教師には少なからずなりたくはないですね。

多くの大人たちが何故できないでいるのか。その答えをはやく見つけ出し、僕が明確に主張していきたいと思っています。

たぶん死ぬまで主張するかも・・・?w

どうもアドバイス有難うございました!!
多くの回答・アドバイスを頂いた中で、Ahoooさんのアドバイスが何か心に響きました。

これから頑張ってみます。

投稿日時 - 2006-02-02 05:16:33

ANo.13

>心の教育

小学生の段階から知識を詰め込み、名門の中学・高校~いい大学に行かせようとする親が多いのは結構ですが、小学校以前に、保育園~幼稚園にすら通わせようとせず、お家や外でぬくぬくと甘やかして育てる馬鹿親が多いような気がしてならないです。

保育園は決して”子供を預けるためだけ”にあるものと考えてはならず、物心のつく前から同年代とふれあうことで、とにかく早期に集団生活を経験させることをもって、心の教育とするための場にもするべきだと思います。

「三つ子の魂百まで」ということわざにもある通り、子供が3歳くらいになったところで生涯の人格も決定され、そのうえ幼稚園に通うこともできるようになりますが、お家で母・子だけで過ごし、集団生活から遠ざけようとする甘やかしがまかり通るから、知識が詰まっているだけの、ただの自己中心的な子供ばかりになってしまうとしか思えませんし、知識の詰め込みだけなら、中学校からでも決して遅くはありません。

現代の教育の場において重要なのは、”最終学歴がどこの卒業か”ではなく、”何歳の段階で集団生活を経験し始めたか=どれだけ早く集団生活を始めるか”であり、最終学歴などは、現代の問題からすれば本質的に重視することではないと思います。

投稿日時 - 2006-01-12 10:32:31

お礼

回答有難うございます。

アンケートのカテのほうへ移してみようと思います。

投稿日時 - 2006-02-02 05:05:47

ANo.12

現役教師ですが・・・・
レベルの低い同僚が多いか、というとたしかに学問レベルや人間としての社会常識レベルの点で、疑問のある人物はいます。(私?それは、まあ・・・)
ただ問題は採用試験ではありません。そもそも一回の試験で教員の資質など判断できるわけが無いのですが。
生徒を平等に扱う。ある意味では不可能です。全員に対して官僚的な対応するならまあある意味平等にできますが、40人同時に親身になるなんてのはできません。そう見せることはできるかもしれないけれど、新興宗教の教祖なみのうさんくささです。
授業を面白くすること。問題は誰にとって、なんですが。これまた全員に面白くするなんてことは不可能です。ですからもちろんこうすれば面白くなるのではないか、といろいろ工夫はしますが、とりわけ高3の反応は・・・受験前だと「それより受験向けの問題やってくれ」ってのもありますし、これまた全員の要望に応えるのは不可能です。
生徒が主役、というのはそれはその通りなんですが、教師のコントロールを離れてかまわない、という制度は日本にはありません。
というか、学校によってはそうしないと授業そのものができないところが沢山ありますが、あなたはどうお考えでしょうか。教師はそれでもほっておけばいい・・・ことにはなりませんよね。
心の教育。道徳教育ですか?1歩間違うと個人的な宗教心や思想の押し付けになりますが?それこそ上からの押し付けだらけになりますよ。そうではなく自然に心の豊かさを獲得していくにはどうしたら良いか。それを考えていろいろ材料を提供するので私たちも必死になっているのですが。
そもそも論理的・理性的に物事を考えられず、自分の好き嫌いや感情だけで物を言う少年が増えているように感じます。生徒とのやり取りでまったく人の理屈を聞く気が無いわけですね。そういう場合に心の教育ってのはまさにただのお説教、自己満足以外の何者でもありません。まず、人の話を聞いて、社会的な常識を踏まえて判断する、などのことができるように、必ずしもがっこうのカリキュラムに無くても教えていっているのもまた学校(少なくともその一部の教師の一部)なのですが。
そういう点でもっともあてにならないのが
文部科学省なんです。現場のそういう問題を逆手にとって、非現実的な教育理念を押し付けようとしているのですが。

投稿日時 - 2006-01-12 07:25:10

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2006-01-31 22:51:21

ANo.11

No.1の回答者です
お礼ありがとうございます。

盛り上がっているようですが、ただ、ここは質問をするところで、自分の意見を示して議論する場ではありません。

自分の意見の正当性を問うならば、アンケートのカテに移行することが賢明ではないでしょうか。

まして、>「主観で何が悪い」というのは、議論の余地がありません。

確かに、あなたが指摘するように「教師の質が落ちている」というのも事実です。教育の腐敗も事実です。

しかし、あなたの文面を見る限り、自分の高校への不満としか受けとられません。それはあなたにとって損です。
あなたは、自分の高校を選んだの、高校から選ばれたのか、自分で選んだ高校をならば、不満だけをいうのではなく、どうその現実を変えていくかを考えるべきではないでしょうか。論理が飛躍しますが、自分が選んだものに対して、現実の努力をせず、不満だけをのべていると、その性癖はいつかでも続いてしまします。
自分がかりそめにも関わったとに対して、どう責任を取るかを考えないと、高校を卒業したからとった、その先、また不満ばかりになるでしょう。
現実とかけ離れた理想は誰でも言うことができます。
どう現実を返るために、現実に働きかけるのか、どうしようもない現実であるならば、その現実から逃げるしかありません。
こうした、議論になるので、アンケートの方に移ることをお勧めします。

投稿日時 - 2006-01-12 03:03:42

お礼

>盛り上がっているようですが、ただ、ここは質問をするところで、自分の意見を示して議論する場ではありません。
すみません。どうかお許しを~~^^;

確かに理想を追いかけすぎている部分があるかもしれません。。

現実は厳しいと。。。

投稿日時 - 2006-01-31 22:50:00

ANo.10

1:レベルの低さ?
レベルが高い人間が教師と言う「3K」の職業を選ぶと思いますか?

2:先生は平凡でいいんです。
「堅実さ」と「ねばり」を学ぶべき場である。
学校の先生に必要なのはこの二つです。
天才である必要はありません。

3:生徒主体になれば、生徒に媚びる先生が現れます。
そうなれば収拾つきませんが。

4(5):…先生って子どもの親じゃないんですが。
でも、心の教育って一人の先生だけで出来ないんですよ。


「学校の裏山」「学校の運動場」の主役は生徒ですが、
「学校の教室」の主役は先生です。

今は堅実さとねばりに欠ける先生が少ないだけでしょう。

投稿日時 - 2006-01-11 20:12:16

お礼

え・・・教師が3Kの職業だと思っているんですか。。もっと深いとこまでちゃんと考えましょうよ。

>2:先生は平凡でいいんです。
かなり保守的ですね~~。別に天才な教師を用意しろっていってんじゃないですって。

なんか、教育のもっと本質を見てほしいです。。

どうも回答有難うございました。

投稿日時 - 2006-01-31 22:47:41

ANo.9

教員の採用試験は今でも十分に厳しいですよ。資格は、大学で学部にコースが用意されていれば2年ぐらいかけて単位をとってしまって、あとは教育実習さえ受けるだけですし、希望すればほぼ100%取れるでしょう。ただしそれで採用されるかどうかは別問題で。今なら倍率は7-8倍程度ですかね? これは他の公務員試験と同じ程度だと思いますが、年々厳しくなっています。何と言っても少子化のダメージをまともに受けるのは学校なんですから。
まぁおかしいと言えるとすれば採用の区分ではなく、一旦なってしまえば中々止めさせることのできないことじゃないかなとは思いますが。教員の大幅リストラなんて聞いたことないでしょ。
まぁ改革となったら文部省の方からとなります。基本的に教員は教育カリキュラムに則ってそれに従うものですから、学校行事一つにしろそれは文部省の管轄によるものなんです。あくまでも教員はその指導内容に従うだけです。もちろん細かいところは学校の自主性にまかせられますが。

で前半部の不満点についてはまたえらく受動的なんだなぁという感想を持ちました。何から何まで用意されないといけないんでしょうかね。赤ちゃんじゃないんだから、用意されていないものは自分で見つけられませんか?
私は高校、大学の時は生徒会や学生自治会の方に積極的に関わりましたし、その結果ほんのわずかですけどと自分にとってはですが、住みよいところになりましたよ。
それなりの義務を果たして(例えば課外活動へのより充実した援助を求めるために、まずは課外活動の団体全部に対して厳しい会計監査を義務づけました)、公的に(形骸化していた生徒・学生総会を規約を作り直すところから立て直して学校側に認めさせました)権利を要求して、事前事後には根回しを忘れずにw それでもわずか数年間の活動ですから大した結果は出ませんでしたが、私にとっては大きな財産となっています。
また勉強一つとっても、興味のある講義には積極的に出て終わった後には教授の部屋におしかけて遊ばせてもらったし、温泉旅行を企画して一緒の風呂に入ったこともあります。そういう場でまぁ議論する訳ではないですが面白い授業とはなんぞやなんて直に話しをすることもあります。それで何もかもが上手く変わることは早々ないし、どちらかと言うと先生側・学校側に同情的というか最近の学生には困ったもんだ派にはなりましたが。
要は自分の住む所ぐらいは自分で掃除するのと同じことで、自分の生活する範囲に不満があるなら自分で改善しましょうということです。

まぁ厳しいこと書きましたが、大学生にもなれば自分で起業することだって出来ますしね。要求したいことがあるなら、それなりの体勢をととのえて要求しましょうということです。まぁ大多数の他の学生にとってみればそういったことはどうでも良いことなので、皆のためでなく自分のためになるように頑張ってください。

投稿日時 - 2006-01-11 19:09:34

お礼

今の採用試験が難しいのは知ってます。
問題なのは、学力が高いかどうかで採用かどうかを決めてしまっているところです。

>何から何まで用意されないといけないんでしょうかね。赤ちゃんじゃないんだから、用意されていないものは自分で見つけられませんか?
私は高校、大学の時は生徒会や学生自治会の方に積極的に関わりましたし、その結果ほんのわずかですけどと自分にとってはですが、住みよいところになりましたよ。

もっと高いレベルで考えませんか??少しだけ住みよい環境になった。ではダメでしょう。生徒全員が主体でいきいきと過ごせる体制、システムをつくるべきなんです。

回答有難うございました。

投稿日時 - 2006-01-31 22:43:54

ANo.8

(1)レベルの低さ
これは否めませんね。
ただ、生徒1人1人を平等に扱う必要はないのではないでしょうか。
(2)おもしろみのない平凡な授業
これも総じて否めません。関心を持たせる為におもしろさをだすことは重要ですよね。
(3)基本的に生徒が主体でない
米英のハイスクールと比較するとそうですね。
ただ、アメリカのハイスクールは生徒の主体性を重んじる余り、生徒はやりたい放題の学校が多いようです。どちらが良いのかは一概には言えません。
(4)心の教育
抽象的な表現ですが、「道徳」の授業はしっかりやるべきだと思います。
質問者さんの提案は今は理想論ですが、教育に対する危機感は社会全体として高まっている事は事実であり、その危機感がやがて教育を少しづつ変えていくと思います。

投稿日時 - 2006-01-11 19:08:08

お礼

日本はもっと他国を見るべきだと思いますね。

経済的には高いレベルを持っていても教育という観点から見ると、呆れるほど教育システムが腐ってます。

どうも回答有難うございました!!

投稿日時 - 2006-01-31 22:38:29

ANo.7

jk7

これは日本の学校の問題点ではなく、あなたの学校の問題点ですね。
学校といってもいろいろありますからね。
(1)教員は生徒一人ひとりと平等に接する…は基本ですね。できない教員は良くないと思います。
でも逆にあなたは、例えばどんな先生に対してでも挨拶をしていますか? あの先生は尊敬しているから挨拶するけど、あの先生は嫌いだから挨拶しない…なんて事がもしもあるなら、それはあなた自身も人と平等に接していないわけであり、人を批判できる立場にはありませんね。もし出来ているならご容赦願います。
(2)今となっては、私も魅力的な授業を受けたかったと思っています。当時は大学受験しか考えていませんでしたら、そんな事を考えてもみませんでしたが…。もっと本質を理解できるような授業を受けたかったですね。あなたの言う楽しい授業とは、どのようなものなのかわかりませんが…。
でも工夫して授業を組み立てている先生もいますよ。しかし考えることと実践することはまた別物なのであり、おそらくは授業をしたことがないであろうあなたが批判できることなのでしょうか? 何しろ授業とは、生徒という人を相手にして行われるものですからね。しかも多様化している生徒を相手にですよ。
(3)学校は生徒が主役。それが望ましいと思います。あなたの学校では、生徒は先生の言いなりだったようですが、生徒の自主性が重んじられている学校はいくらでもあります。
生徒を主役にすべきと主張するのは結構なことですが、あなたは自分が学校で主体的に行動できるようにするために、どのような働きかけをしたのですか? そこが大切なのでは?
(4)先生は授業だけしていれば…は、進学校によくあるパターンですね。でも心の教育は、小中学校という義務教育の場、そしてその根底となる家庭教育の場で、ある程度受けていなければならないものだと思います。

熱く語れるか…を採用の基準ですか?
ずいぶん曖昧な基準ですね。試験官によっては熱く感じたり、そうでなかったり、難しいと思います。
研修期間がのびれば、先生の質が向上するのでしょうか?大切なことは研修の長期化ではなく、経験であり実践です。直接生徒と関わりながら先生も成長するはずです。もちろんその前提として、その先生の内面に自己研鑽しようとする気持ちがあるかどうかが重要ですがね。

文科省がどうこう言う問題ではありません。
先生に限らず、どのような職業に就いている人でも、向上心があるか、自己研鑽しようという気持ちがあるかどうかが大切なのです。 

投稿日時 - 2006-01-11 18:53:52

お礼

いや~~僕の学校の問題点だけ。。なんてあり得ない~~。

僕の学校でこういう事が起ってるんだから他で起っていると思うのは普通でしょ?事実、教師の犯罪なんて全国でかなり起ってるんだし


>文科省がどうこう言う問題ではありません。
文科省の責任でしょ。どう考えたって。
抜本的に改革すべきです。

かなり悲観的なんですね。ほんとに専門家ですか??
呆れます。

投稿日時 - 2006-01-31 22:32:59

ANo.6

1)平等に扱う。
  生徒もみながみな同じような行動をして、同じ結果がでればそれもOK。

2)これは同感。

3)生徒が主体?どういうことを?
 生徒が先生を選べるようにするとかであれば同意。

4)心の教育
 これは学校で教えることじゃないですよねぇ…。

と、塾の元講師が考えます。
もし今も講師を続けていればきっとこんな不満を抱くでしょうね。

1)生徒のレベルの低さ
 じっと話を聞けない。
 与えられた宿題をまったくやってこない。
 etc
2)かわいげのない生徒
 悪ぶったのがかっこいいと思っている。
 冷めたのがいいと思っている。
3)主体性のない生徒
 言われたことしかやらない。
 自分で大事なことを決められない
4)責任感の欠如
 大事な瞬間から逃げる。

とはいえ、やはり教師の質が悪いのは100%同意です。
一般企業などで社会経験それなりに積んだ人間をもっと増やすべきですね。教師という狭い世界だけでぬくぬくとしているのが悪の元凶でしょう。

あとは、生徒の甘えをなくす方策も大事ですね。
今は生徒が大事にされすぎですな。

言葉で言ってわからなければ、退学体罰なんでもやれと。
(このあたりは異論反論あるでしょう)

投稿日時 - 2006-01-11 17:44:22

お礼

>生徒が主体?どういうことを?
例えば、今の高校は基本的に学校が校則をつくっているので、生徒たちが自分自身でルールを決める、それを破れば何かペネルティを与える。などですかねぇ。

>4)心の教育
>これは学校で教えることじゃないですよねぇ…。
学校で教えることじゃないと言って割り切るのもどうかと思いますが・・・

>教師という狭い世界だけでぬくぬくとしているのが悪の元凶でしょう。
同感です。給料もっとさげろ!って言いたいです。

ご丁寧な回答どうも有難うございました!!^^

投稿日時 - 2006-01-11 18:22:00

ANo.5

教育カリキュラムの基準さえ満たせばOKという教育が多いんでしょうね。

教育は将来国を動かす人間を育てる大切な事だと思いますが、世間にはあまり関心を持たれていませんね。

マスコミの報道を見れば明らかです。(国民の関心がある事を重点的に報道するから)
私は「誰が次の総理やるか?」よりも「何をやるか?」の方が大切だと思います。(特に教育問題)

具体的な対策より、まずは質問者さんや他の回答者さんのように、教育について考える方を増やす事が大切だと思います。

投稿日時 - 2006-01-11 17:27:50

お礼

>教育カリキュラムの基準さえ満たせばOKという教育が多いんでしょうね。
まさに僕の高校なんてそうです。
以前、ある先生と二人きりで教育について少しですが話す事ができたのですが、いい先生だと思ってた先生なんですが、実は上から与えられた事しかやらないという主義という事がわかって正直、腹が立ちました。

ご丁寧な回答有難うございました!!^^

投稿日時 - 2006-01-11 18:15:07

ANo.4

hidetarouさんのご意見と同じ意見を持っている方がきっと多い為だと思うのですが、(1)~(3)までの内容でしたらご存じかも知れませんが朝のある番組で全く同じ事を取り扱っていましたよ。
あの小倉さんとか笠井さんとかが出ている番組です。
題名は「学校と教育」だったかな?
番組の司会者やゲストの方達も皆さん一致してhidetarouさんと同じ意見のようでした。私もです。
私の場合は学校のPTA文集に提出する役だったので
hidetarouさんと同じような内容の記事を書きました。
その成果なのか分かりませんが次の年からなんと学校の先生同士で近隣の中学校や小学校の先生同士の授業参観が始まりました。それは、私が文集で提案していた内容とほぼ同じ事でした。
正直びっくりしましたし嬉しかったです。
なのでhidetarouさんが日本の教育制度を変える事は難しいかもしれませんが、hidetarouさんの通っていらっしゃる学校へ直接何らかの提案みたいな物を提出して見られるのはどうでしょうか?
また校長先生へ手紙を書いてみたり学校で弁論大会などで主張してみられるなど何かしら出来る事あると思いますよ。

投稿日時 - 2006-01-11 17:19:18

お礼

>(1)~(3)までの内容でしたらご存じかも知れませんが朝のある番組で全く同じ事を取り扱っていましたよ。
知りませんでした!見てみたかったなぁ・・

手紙を送るというのもいい考えですね。でもこれでは一つの学校しか変わる事ができません。やはり文科省を改革するしかねないですね!でも頭が固いおっちゃん達には無理だね^^;

投稿日時 - 2006-01-11 18:04:48

ANo.3

うむ、目の付け所は悪くないですが、ご質問者さんの考えはやはり理想論と言わざるをえませんね。究極的なところではそうなのですが、心の教育、いわゆる道徳者を育てられる人材などほとんどいないのです。

さて、ご質問である採用基準に関してですが、絶対的なもの以外での評価は難しいでしょう。熱く語れる人が万人の心をつかめると考えるのは間違いですよ。人によって評価の分かれるものよりも、評価の分かれないもので基準を作るのは当然です。もっと明確なものがあれば、大胆に変わる可能性はあります。

投稿日時 - 2006-01-11 17:14:39

お礼

理想論ですかぁ。でも改善の方向へは向かっていって欲しいものです。。

>もっと明確なものがあれば、大胆に変わる可能性はあります。
基準を明確にすればいいのですね?このような基準があるのか、できるのか、少し自分なりに考えてみようと思います。

丁寧なご回答有難うございました!!

投稿日時 - 2006-01-11 17:56:31

ANo.2

日本では、大学をでて働き、また必要な事を学びに大学へ行くという事がほとんど出来ない事も問題かと思います。
年齢も上、知識も上という絶対的上位にいる者が学生に教えるという方法しか取っていません。
年齢も下、ある意味で知識も下(直接自分が知らない事)を教える等言う意味での能力は存在しないというか「想定外」なのです。ある意味で自分の知らない事でも指導、アドバイスをすると言う事が出来ません。

投稿日時 - 2006-01-11 17:02:10

お礼

>日本では、大学をでて働き、また必要な事を学びに大学へ行くという事がほとんど出来ない事も問題
格差がこれからも拡がると、ますますできなくなりますね・・

回答有難うございます^^

投稿日時 - 2006-01-11 17:52:34

ANo.1

>具体的に言うと生徒1人1人を平等に扱う事。これが全くできていないように思います。

どうも、あなたの主観のような気がします。
平等に扱わないとは、どのようなことでしょうか?

>授業をおもしろくする方法を先生達は常日頃、真剣に考えろと言いたいです。

面白い授業とはどのようなものでしょう?

>上(教師)から命令されてばっかりで。。こうしろああしろとか
これも、結構主観的ですね。

>心の教育ってもんがないと思うんです
心の教育ってなんですか?

何か、問題点と言うより、個人的な不満を並べているような気がしますが、あなたの学校ではみんなそのように考えているのでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-11 16:56:29

お礼

主観の何が悪いのでしょうか?これでも客観的に見てるつもりです。

>平等に扱わないとは、どのようなことでしょうか?
そのままですよ。平等に扱わない。

>面白い授業とはどのようなものでしょう?
面白いう授業とは面白い授業ですよ^^;何が解らないんでしょうか・・・・

というか、再度質問しなくてもこんなんわかるでしょ^^;

>個人的な不満を並べているような気がしますが
個人的な不満が問題点に繋がるんじゃないですか?

>あなたの学校ではみんなそのように考えているのでしょうか?
僕の学校の生徒の大半は考えてはいないでしょう。しかし、問題点なのは明らかです。これが問題点ではんく、ただの個人の不満というのであれば呆れます。

投稿日時 - 2006-01-11 17:44:55

あなたにオススメの質問