みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

BRONZE B4 と PM6100SA ver.2

モニターオーディオのBRONZE B4と
マランツのPM6100SA ver.2を購入しようと
考えているところです。
スピーカーケーブルは、オルトフォンの
3100SILVERという
ケーブルにして、バイワイヤリング接続したいと
思っているのですが、単品のオーディオ機器を
購入したことがないので
教えて頂きたいと思うのですが
このアンプに、このスピーカーケーブル8本
入るのでしょうか?
スピーカーの出力端子が1系統とマランツの
ホームページにかいていたので
ひとつの穴に2本のケーブルを
入れることになると思いますが
このスピーカーケーブルの太さで
入るか心配しております。

それから、CDプレイヤーはマランツのSA7001を
購入したいと思うのですが、アンプとスピーカーで
予算オーバーしてしまうため
お金が貯まったら購入する予定ですが
もうひとつアドバイス頂きたいことがあります。

10年前のケンウッド ミニコンポの
定格40w x2のアンプに
3100SILVERをバイワイヤリングではなく
普通に合計4本を
BRONZE B4に接続し SA7001でSACDを再生した音と

PM6100SA ver.2を 3100SILVERでBRONZE B4に
バイワイヤリング接続し
PCのONKYO サウンドカードを、RCAでアンプに接続し
CDを192/24bit のDVD-Aに
アップサンプリングした音は
どちらが綺麗でしょうか・・・?

どうか、宜しくお願いします。
あと好きな音楽は、クラシックです。

投稿日時 - 2006-01-11 03:39:32

QNo.1888573

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です。長文でのお礼、ありがとうございました。

端末処理ですが、店によってしてもらえるところと、してもらえないところがあります。また、料金はもちろん、技術レベルも異なると思われます。

TVのケーブルというとアンテナ線かと思いますが、スピーカーケーブルの端末処理は、これに比べれば多少は簡単だと思います。ですが、もし不安が残るということであれば、端末処理をしてくれる店にお願いされるのが良いでしょう。

セッティングは、経験によって磨かれる技能といえます。こればかりはお金で買えるものではありませんので(セッティング屋を雇うというのはあるかもしれませんが)、ある意味で自分だけの財産ともなり得ます。

低音が片方に寄るのは、部屋の特性もありますし、壁からそれぞれのスピーカーまでの距離による場合もあります。あるいは、お書きのとおり、足下がふらついていたという場合もあります。

駆動力に関してですが、これは出力(定格出力・瞬間最大出力)ではありません。車でも馬力さえ大きければ良いというものではないのと似ています。確かに、出力の大きなアンプは概して駆動力も大きいと思われますが、小出力のアンプでも強い駆動力を持つものはあります。現在のところ、これを数値で表す手段はないと思われます。
ただし、電源の質が影響するのは間違いないと思います(でかいトランス、でかいコンデンサが良いという意味ではなく、十分な供給量と供給速度が必要という意味)。あまり説得力のある説明ではありませんが、ミニコンポと単品コンポを比べれば、後者の方が良質な電源を持っているものと推定できます。

marantzとDENONの違いですが、これは主に、メーカーごとの「良い音」に対するポリシーや感性の違いであると思われます。したがって、購入者の側としては、自己の感性にあうメーカーの製品を選ぶことが必要になるでしょう。

スピーカーを壁に近づける、もしくは本棚に押し込むという手法は、かつてはかなり広く推奨されていたと聞きます。ただ、個人的には、あまり感心できません。理由としては、第1に、低音の輪郭が不鮮明になることが多く、第2に、定位や音場感が損なわれる可能性が高いことがあります。
不明瞭な低音よりは、量感では劣ってもフットワークの軽い低音の方が良いと考えます。小回りの利く低音は音楽全体を前へ進めますが、ノロい低音はテンポ感を失わせ、躍動感に欠けた「眠い」演奏になります。また、BGM用としてならともかく、音楽に向きあうような聴き方をするときは、やはり定位や音場感にも配慮したいところです。

駆動力という言葉も、実際のところ、当方の意図するところは同じです。音の立ち上がり、終わりが俊敏であること、これが音楽の基本であると思います。

投稿日時 - 2006-01-11 18:50:16

お礼

Yorkminsterさん、こんばんは。

なるほど、なるほど。
スピーカーケーブルの末端処理は、購入する前に
お店で尋ねてみたいと思います。
不器用なので、お店の方に一度きちんとした
ケーブル処理をしてもらい
次にケーブルを購入する時は
それをお手本にしながら、自分でしてみたいと思います。

それから、駆動力というのは出力とは違うのですね
電源の質ということから、考えると
定格、瞬間出力を引き出すための駆動力といった
感じなのでしょうか。

低音の量感と質感というのがあるのですね。
確かに、ぼんやりした低音がボンボンなるのは
いいと思えないので、壁に近付けないようにして
みたいと思います。

色々と教えてくれて、とても勉強になりました。
私の地域は、豪雪地帯の田舎の所なので
3月頃、雪が解けてからオーディオを注文したいと
思っています。
雑誌やホームページなどをみて、単品オーディオに
とても憧れていて、1年くらい勉強してきたんですけど
まだまだ分からないことが、いっぱいです。
そんな私に、丁重にご回答して下さった事に
感謝しております。
どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2006-01-11 20:52:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

PM6100SA v.2を始め、marantzのおおくのアンプは、スピーカーターミナルに独WBT社の製品を使用していることを1つのセールスポイントにしています。WBTの単体販売用グレード品なのか、OEM品なのかは分かりかねますが、堅牢さや扱いやすさでは定評のあるメーカーです。

3100Silverはそれほど太いケーブルではありませんから、2本ずつまとめて挿入しても問題なく接続できると思います。ただし、抜け落ちる危険がないわけではありませんから、2本をあらかじめ固く捩っておく方が良いでしょう。

なお、Ortofonには、3100Silverと同様の心線を用いて4本構造にした3900Silverという製品もあります。スターカッドでシングル接続もできますし、バイワイヤリングもできます。

SA7001 + ミニコンポ + Bronze B4(single wiring)か PC + PM6100SA v.2 + Bronze B4(bi-wiring)か、どちらが良いかということですが、これは「やってみないと分からない」と思います。不確定要素が大きすぎて、絶対にどちらが良いとは言えないでしょう。

ただし、個人的な経験によるものですが、SACDもアップサンプリングもDVD-Aも、CDそのものに比べれば音質や臨場感を改善する可能性があることは否定できません。しかし、部屋やセッティングの問題は、これらを遥かに上回る支配力を持っています。逆に言えば、部屋の音響特性などを把握して適切にスピーカーをセッティングしてやれば、CDでも音楽を楽しむ上で不満はありません(その上でSACD...というのはよく理解できます)。

また、Bronzeシリーズは比較的鳴らしやすいスピーカーだと思いますが、B4はトールボーイでもありますから、できるだけ駆動力(出力ではなくて)があるアンプの方が好ましいでしょう。

そのような観点から、個人的には、後者の方が秘める可能性は大きいと思います。現在、この文章もパソコンで音楽を流しながら書いていますが、ジュークボックス化するメリットも小さくありませんので。

投稿日時 - 2006-01-11 08:41:15

お礼

Yorkminsterさん、詳細に教えてくれて
どうもありがとうございます!

Ortofonのスピーカーケーブルには、3900Silverという
ものもあるのですね。
ふと思ったのですが、3100Silver or 3900Silverを
インターネットでオーディオショップから購入した場合
スピーカーケーブルの末端処理は
買うとしてもらえるのでしょうか?
それとも自分でしないと、だめなのでしょうか。
テレビのゲーブルで
このようなことをしたことがあったのですが
とても難しかったです。
写真で見る限り、このスピーカーケーブルは
それよりもさらに難しく見えます・・・

それから、部屋のセッティングも
非常に大切なのですね。
私事ですが、自作のスピーカースタンド
(お粗末な物ですが・・・)、スピーカーを置いて
再生してみたところ、右側の音量が低いと
思ったんです。
私は、今使用しているアクティブスピーカーが
きっとギャングエラー起こしてるからだと
思ってましたが、別のスピーカー(普通のスピーカー)で
やっても同じように音量が低かったのです。
どうしてかなとおもって、後ろに下がって
両方のスピーカーをみたところ
右側のスピーカースタンドの台が若干傾いて
いました。
その時、セッティングの大切さを
とても痛感しました・・・

それから、アンプの駆動力に関してですが
この駆動力というのは、スペック表を見ても
わからないものでしょうか?
それとも、瞬間的な出力のことでしょうか。
マランツとデノンの同クラスのアンプでは
マランツは中高音が繊細で綺麗であり
デノンは、低域に力強さがあるとレビューしている方が
いました。
私は、もしBRONZE B4の低音がPM6100SAで
うまくドライブ出来なかった場合
壁に近づけて低音を、膨らませようと思うのですが
これは、邪道なのでしょうか?
スピーカーを壁に近付けてやるよりも
アンプの駆動力が良いとされるものを
壁から離して設置した方が、質の高い低音が
聞こえるのかな。

長文ですみません・・・

投稿日時 - 2006-01-11 12:55:16

あなたにオススメの質問