みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

K-1,Dynamite,PRIDEその他?

最近、TV各局で格闘技をやってますね。
昔はボクシング、その後力道山などのプロレス、更にややマイナー?な沢村のキックボクシングと三種類位しかなかった訳ですが、
(1)どの様な変遷を経て現在の格闘技になったのですか?
(2)タイトルのK-1,Dynamite,PRIDEその他の明らかな相違点はなんですか?
(3)各試合の(所属と言うか?)やっている有名な選手は?
(4)下世話な話、元オリンピックメダリストの柔道選手は、大学など後進の指導より金ですか?
(5)外国選手が多いですが、その国で同様の格闘試合をやってるのですか?
質問が多くなってしまいましたが、詳しい方お願いします。

投稿日時 - 2005-12-31 19:43:35

QNo.1869179

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>(1)どの様な変遷を経て現在の格闘技になったのですか?

大きく分けるとPRIDE系とK-1系になります。

PRIDEは特定の団体ではなくDSEというイベント会社の企画によって立ち上げられました。
これは総合格闘技を中心とした興業を行い成功しました。
日本における総合格闘技の流れとしては、やはりプロレスの影響が強いです。
UWFインター、リングス、パンクラスというようなリアルな戦いを求めたプロレスラー達が様々な団体を立ち上げました。
また、初代タイガーマスクが創設した修斗はプロレスとは違う総合格闘技の団体として作られました。
しかし、これらは大きな流れとはならず、メジャーにはなりませんでした。
そこに黒船がやってきます。
アメリカでUFCという総合格闘技の試合が開かれ、そこでグレイシー柔術というブラジルの格闘技を使う人が優勝します。
そこに当時、日本の総合格闘技でも強いとされた空手家、市原海樹が参戦し、そのグレイシー柔術に負けます。
グレイシー柔術は60年以上前、日本の講道館柔道を学んだ前田光世が世界各地を周り他流試合を行い、最後に
定住したブラジルで柔術として現地の人々に教え、そのとき学んだグレイシー一族が独自に発展させたものです。
柔道が元になっていることなどから日本でにわかにグレイシー柔術が脚光を浴びます。
そこで元UWFインターの高田延彦が400戦無敗といわれる一族最強のヒクソン・グレイシーとの総合格闘技による試合を行ったことがPRIDEの始まるキッカケとなりました。
そこにリングスの解散による選手の流出やUFCや他団体の選手を呼び込むことで興業として大きくなってきました。
特定の団体ではなくイベント会社が中心となることで団体の垣根を越えて選手を集めることが出来たのが良かったのかと思います。
これが現在のPRIDEとなっています。

K-1は元は約10年前に正道会館という関西の空手団体が行った興業で立ち技(空手、キックボクシング(ムエタイ)、ボクシング、カンフーなど)の最強を決めるという目的で行われました。
国内ではなく主に海外のキックボクサーを呼び込み、自流派の日本人と戦わせることで世界規模であるという印象をつけ、
また、日本では珍しいヘビー級に重点を置く事で迫力があるKOを売りに広まりました。
最近では軽い階級のK-1MAXという興業を行い、成功を収めています。
また、総合格闘技がブームとなったため、元リングスの前田日明を招聘し、彼を中心としてHERO'Sという総合格闘技ルールの試合を行っていますが、PRIDEの二番煎じとなっています。


>(2)タイトルのK-1,Dynamite,PRIDEその他の明らかな相違点はなんですか?
これに関しては他の方の質問に回答しているのでそちらを参照してください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1868303

>(3)各試合の(所属と言うか?)やっている有名な選手は?

元はPRIDEは総合格闘技系、K-1は立ち技系でしたが、最近、K-1が総合格闘技に手を出したため選手の取り合いが始まっています。
試合毎の契約という場合もあるので、両方に参戦している選手もいます。
下記に挙げるのはチャンピオンや日本人で有名な選手の一部です。
詳しくは各WEBサイトを見てください。

・PRIDE
ヒョードル(ヘビー級王者 サンボ)
ヴァンダレイ・シウバ(ミドル級王者 ムエタイ)
五味隆典(ライト級王者 修斗)
吉田秀彦(柔道金メダリスト)
桜庭和志(プロレスラー)
ミルコ・クロコップ(元K-1 GP準優勝)
マーク・ハント(元K-1 GP王者)

・K-1
セーム・シュルト(2005年度GP王者 空手、元パンクラス王者)
アーネスト・ホースト(4度のGP王者 引退近し)
ピーター・アーツ(3度のGP王者 キックボクシング)
武蔵(日本人最強? 空手・キックボクシング)
角田信朗(K-1競技統括プロデューサー、最近現役復帰)
ボブ・サップ(主にK-1だが、PRIDEにも参戦)
曙(K-1で格闘技デビュー 今はプロレス中心)
山本"KID"徳郁(HERO'Sミドル級王者)
魔裟斗(K-1MAX[70Kg以下の階級] 日本人最強)


>(4)下世話な話、元オリンピックメダリストの柔道選手は、大学など後進の指導より金ですか?
金もあるでしょうが、金だけならはっきり言ってリスクが高いですね。
勝てば良いですが、負ければ多くのものを失います。
ボクシングの場合、日本ではPRIDEやK-1に出ると2度と元の競技の世界には戻れなくなります。
柔道も基本的には禁止しています。(条件付なら認めてはいる)
これらは各競技が選手の流出と不用意な参戦で負けることで競技のイメージを悪くなることを防ぎたいようです。
今まで築き上げてきたものを失っても良いぐらいの覚悟は必要です。
曙を見ればわかりますよね。横綱というネームバリューは日本ではかなりつぶしがききます。
それでも負けてしまえば、人々から痛々しい目で見られ、ショープロレスに出るしかない状況です。


>(5)外国選手が多いですが、その国で同様の格闘試合をやってるのですか?
それぞれ専門の格闘技があるので、その試合はやっていると思います。

投稿日時 - 2006-01-04 17:48:38

お礼

いやー、胸の痞えが取れました。なるほどですね。興行(イベント)だったんですね。イベントとして観てるなら、悩むこと無い訳でした。
有難うございました。

投稿日時 - 2006-01-04 18:26:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問