みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

強磁性体の磁化曲線

強磁性体の磁化過程で、

1、可逆過程の範囲
2、非可逆過程の範囲
3、回転磁化範囲

と分かれますが、この過程を詳しく教えてもらえますか。

とくに何故非可逆過程となるのかわかりません。

投稿日時 - 2005-12-14 18:23:50

QNo.1839008

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

磁化の非可逆過程は磁壁の移動だけでなく、回転磁化でも起きます。詳しくは、教科書の受け売りになるだけですので、参考書を挙げておきます。少し古い本ですが、詳しく説明されています。

「強磁性体の物理 下」近角聴信著 裳華房
少し古い本ですが、詳しく説明されています。

さらに、古い本ですが(絶版になっているかもしれませんが)いろいろと、示唆に富む参考書として、

「強磁性」茅誠司著 岩波全書 (昭和27年)
磁性に興味を持ったのは、この本を読んだのがきっかけでした。

投稿日時 - 2005-12-17 15:38:32

お礼

無事ゼミが終わりました。
手元にも図書館にも本が無く中身は確認していませんが、周りにある本で何とかできました。

すばやい回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-19 15:51:04

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

磁化曲線の原点から、外部磁場を次第に大きくした場合、磁化が飽和する手前でもヒステリシスは起きます。このあたりでは、バルクハウゼン効果など興味深い現象が生じます。詳しくは下記のURLを参考にしてください。



http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/Lecture/ferromagnet.htm

投稿日時 - 2005-12-15 14:32:06

補足

参考アドレスありがとうございます。
此処で質問する前に上記のアドレスはチェックしたのですが、磁壁を使わずに説明することはできないでしょうか?

投稿日時 - 2005-12-16 18:07:19

ANo.1

ヒシテリシス曲線を見て、よく考えて下さい。わかると思います。

投稿日時 - 2005-12-14 20:09:42

補足

質問がわかりにくかったのかなと思うので補足します。

今考えているのは磁化が飽和する前までの話です。
磁化をかけていくと磁区の体積が増えていき、磁壁が移動していきますよね?
飽和磁化に達する前に3つの状態があって、その中の非可逆過程の部分です。

投稿日時 - 2005-12-14 20:12:54

あなたにオススメの質問