みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ男性同士の性行為でのエイズ感染が多いのか

日本でのエイズ感染者の半数以上が男性同士の同性愛者であるとききます。
同性愛者よりも異性と関係を持つ人の数の方が多いはずです。ほぼ似たような行為をするはずです。
なぜ男性の同性愛者の感染者数がそんなに多いのでしょうか。

投稿日時 - 2005-12-10 22:59:15

QNo.1831435

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同性愛者(男性同士)が性行為を行う場合、女性の膣に当たる部分がないため、肛門で代用するそうです。

肛門のまわりはデリケートにできていて、膣と男性性器で性行為を行うより、出血しやすく、エイズに限らず、血液を介して感染するB型肝炎やC型肝炎の感染率が上がると聞いたことがあります。

おそらくそのあたりが感染率が高くなっている原因ではないでしょうか?

投稿日時 - 2005-12-10 23:10:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

#2さんの回答を参考にすると、

同性なので、妊娠することもないのでコンドームをつけないことが多いからではないでしょうか?

コンドームは粘膜の直接的な接触を防ぐのでエイズに有効であると聞いたことがあります。

投稿日時 - 2005-12-11 03:47:15

お礼

やっぱりコンドームの使用は大切なのですね。
男性同士で使用する部位にも問題があるようです。
色んな謎が解けました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-20 00:06:39

ANo.1

男性同士の場合、「結構相手をころころ変える」浮気者が多いようで、結果的に広めているんじゃないでしょうか?

ホモ経験が無いので本当かどうかは知りません。

投稿日時 - 2005-12-10 23:08:19

あなたにオススメの質問