みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クロマニヨン人

クロマニヨン人が人類の祖先という根拠は何でしょうか?アウストラロピテクスは二足歩行してないのですか?

投稿日時 - 2005-11-24 10:21:50

QNo.1798227

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

クロマニヨン人は、現在のヨーロッパ地方の人々の祖先と考えられています。全人類の祖先ということになると、20万年位前のアフリカ東部出身までさかのぼる必要があると思います。いずれにしても、これはDNAと骨格研究の考古学の両面からのアプローチで矛盾のない見方ということで最も有力な見方といわれています。

アウストラロピテクスは、類人猿から分離した、初めての猿人と分類されており、猿人の特徴は、直立二足歩行することです。

クロマニヨン人は、ネアンデルタール人から枝別れしたわけではなく、古い古い時代に共通の祖先の原人から枝分かれしたのです。ですから、直系の子孫ではないという意味です。

参考URL:http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/neanderthal

投稿日時 - 2005-11-28 04:32:13

お礼

原人からいろいろ枝分かれしたうちの一つがネアンデルタールであり、クロマニヨンであり、その二つが直接繋がっているのではないということですね。共通祖先(つまり原人)に対して直接繋がっているのであり、言い換えれば両者(ネアとクロ)は間接的に繋がっているということだと理解しました。そして今の現代人の枝の付け根にクロマニヨン人がいるから、現代人の祖先みたいな表現になっているのですね。有難うございました。

投稿日時 - 2005-12-01 12:10:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

ネアンデルタール人のDNAは、一部ですが、採取され、現生人類と血縁関係がないことが証明されていますよ。

投稿日時 - 2005-11-26 01:14:48

お礼

クロマニヨンはネアンデルタールから枝分かれしたのに血縁関係がないというのはいまいち理解しがたいのですが…。あれっ?それとも現生人類とは現代人のことであって新人(クロマニヨン)とは違うのでしょうか?血縁関係という定義も曖昧な自分にとってどれ程の離れ方を「血縁関係がない」というのかよく分からないのですが…。

投稿日時 - 2005-11-27 03:57:53

ANo.4

No. 3 ですが、お礼での追加質問に関して。
現生ヒト(ホモ・サピエンス・サピエンス)とネアンデルタール人(ホモ・サピエンス・とネアンデルターレンシス)は、ホモ・エレクトス(原人)から分かれた別亜種とみなされるようです。
ネアンデルタール人のDNAは残っていないと思われますので、類縁関係や分離時期をDNAから求めることはできず、考古学的に推定するより仕方ないようです。
なお、ネアンデルタール人は3万5千年前に絶滅したそうです。しかし、ネアンデルタール人とホモ・サピエンス・サピエンスが交雑することは不可能ではないかも知れず、ネアンデルタール人の遺伝子が残っている可能性はゼロではないでしょう。顔つきだけからでは遺伝関係を立証するのは困難と思いますが。

投稿日時 - 2005-11-25 15:32:06

お礼

現生ヒトとは現代人(新人ではない)のことと解釈してよいのですよね。つまらない質問に付き合っていただいて有難うございます。

投稿日時 - 2005-11-27 04:00:41

ANo.3

二足歩行したからと言って、現代人類の祖先というわけではありません。
アウストラロピテクスは二足歩行したと考えられますが、その子孫は絶滅しています。
長谷川正美「DNAから見た人類の期限と進化[増補版]」(海鳴社、1989)ではヒト上科の進化をDNAから計算しています。これによると、ヒト亜属がチンパンジー亜属から分かれたのは、アウストラロピテクス亜属から分かれたより新しい、と結論しています(アウストラロピテクスのDNAがあるのではなく、ヒトとチンパンジーの分離は300万年前であり、それよりアウストラロピテクスが古い、という意味です)。
すなわち、二足歩行した類人猿のうち、アウストラロピテクスに進化した群とヒト・チンパンジー・ゴリラに進歩した群があり、両者は並存していた可能性があります。アウストラロピテクス亜属は絶滅し、チンパンジー・ゴリラは二足歩行の能力を捨てて森林に戻った、という結論です。

投稿日時 - 2005-11-24 17:57:22

お礼

なるほど。ではネアンデルタール人とクロマニヨン人との区別はどこでついているのでしょうか?現代人の中にもネアンデルタール人みたいな顔の人っているじゃないですか?それもDNAってことですか?アホな質問ですが。

投稿日時 - 2005-11-25 12:39:19

ANo.2

回答がずれるかもしれませんが、たしかに、アウストラロピテクスも二足歩行でした。
こんな説もあります、
http://www1.fctv.ne.jp/~ken-yao/Zinrui.htmを参考にしてみてください。

さまざまな仮説がありまして、見方があります。しかし、アウストラロピテクスが現代の人の祖先ではないというのは、かなり有力だとおもいます。
参考URLの下の方も見てみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6.htm

投稿日時 - 2005-11-24 15:21:44

お礼

fctvってよく分からなくて見れませんでした。有料なんでしょうか?すみません。

投稿日時 - 2005-11-25 12:25:36

ANo.1

「現代の人類の祖先」という意味ではないでしょうか。クロマニヨン人以外の系列は死に絶え、現人類とDNAを共有しているのがクロマニヨン人、ということだと思います。

http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/HistoryHomo.htm

投稿日時 - 2005-11-24 10:42:41

お礼

壁画を描いていたから文明を持っていたと考えられ、人類に近いという理解でよいのでしょうか?言語学とかDNAとかよく分からなくて。

投稿日時 - 2005-11-25 12:23:02

あなたにオススメの質問