みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用保険の給付について

先輩で年上の人です。
勤続年数20年(正社員)
雇用保険は会社が1年前からかけるようになりました。
体調不良の為来年の1月退職します。
年齢は40台中半
この場合およそですがどのくらいの期間
給付は可能なのですか?(半年とか3ヶ月とか)
給料の%はいただけるのでしょうか?
対象になるのは幾ら勤続年数長くても
会社が雇用保険に架けた年数からの計算になりますか?
ハローワークのページで調べたのですが
細かく書いてあって分かりにくいので
教えてください。
明日か明後日に会社の先輩に知らせないとしけないので
お願いいたします。
交通費も給付の対象になるのですか?
ボーナス・その他手当ても給付の対象になりますか?
よろしくお願いします

投稿日時 - 2005-11-20 15:15:57

QNo.1790518

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

雇用保険は勤続年数ではなく、
雇用保険の取得日からの起算です。
ですので、1年前から取得ということは、
その方は被保険者期間は1年ということになります。

今回、体調不良のためということは、
一身上の都合にて退職ということになれば、
基本手当ての所定日数は、
1年以上5年未満の被保険者期間に該当します。
期間は全ての年齢共通ですので、
90日です。

交通費は賃金として離職票の計算に含みます。
その他手当ては内容によります。
持ち株奨励金や、出張旅費精算や、お正月手当て等は含みません。(実費弁償的なもの・臨時手当になるから)
が、営業手当や、住宅手当、家族手当などは含みます。

ボーナスは含みません。
☆臨時の賃金及び3ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金を除く☆ に当てはまるからです。

1月末退職で賃金が末締めの会社のように、賃金の締め日と同じ日に退職すると、退職月から6ヶ月分をみます。
今回の場合だと、1月分の賃金から8月分の賃金の6ヶ月分を計算対象にします。

ただし、1月途中退職で賃金が末締めの会社さんや、1月末退職で15日締めの会社さんのように、賃金の締め日と別の日に退職する場合、その月の賃金は計算対象にならず、その前の月から6ヶ月分で計算します。

投稿日時 - 2005-11-20 22:41:46

お礼

ありがとうございます。
とても分かりやすかったです
私が知りたかったこと丁寧に教えて頂き感謝致します。
有り難うございました。

投稿日時 - 2005-11-20 23:06:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

体調不良での退職なら、「失業」とは認められず、「失業
給付は受けられない」と記憶していますが?
その代わり、期間の延長という手続を取ることになります。
健保組合から傷病手当をもらっていたなら、引き続き
受け取れるといった制度があったと思います。

「基本手当日額」は、原則として離職した日の直前の6か月に毎月決まって支払われた賃金(残業代含む、賞与は除く)の合計を180で割って算出した金額のおよそ50~80%となっています。

http://www.shakaihoken.org/sumikin/qa/qa_koyou.html#q5
http://www.koyouhoken.com/kp_r_situgyou.htm
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/koyou/whatkoyou/koyou-qa2.htm

投稿日時 - 2005-11-20 15:31:28

お礼

ありがとうございます。
URLまで付けて頂いて助かりました。

投稿日時 - 2005-11-20 22:55:40

あなたにオススメの質問