みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

療育を受けることになりました…

二歳八ヶ月の男の子を持つ母親です。

言葉の遅れと、動作の余りに幼いと、う
まだ、ママやパパもまともにいえません。
(「なん語」で「まままままま」「ぱぱぱぱぱぱ」という発音です。)

簡単なテストの結果、

姿勢、運動は一歳二ヶ月程度
認知、適応は一歳三ヶ月程度
言語、社会は十一ヶ月程度

と診断されました。

これから、月に二回の療育で、(言語と作業療法併せて)
小学校入学までに、
何とか普通レベルまで上げていこうと
いうことになりましたが、

同じようなことで療育に通われたことのある先輩ママさん。

どのようなケースで、どの程度上がっていったか、など
お聞かせください。
お願いします。

投稿日時 - 2005-11-17 16:21:50

QNo.1784799

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

息子の障害がきっかけで一般校から養護学校に転勤した教員です。

うちの場合は産まれてきた時すでに障害がありました。
多くの方がそうだと思いますが、子どもに障害があると知ったとき
親として申し訳ない気持ちと同時に何とかしてやりたいという使命感がうまれます。

わたしの場合も何とか他の子と同じように。。と訓練を頑張りました。
かなり厳しいこともしました。
幸いなことに、その頃のことは子どもはあまり覚えていません。
(今は成人しています)

現在知的障害の養護学校の高等部で勤めていますが
正直なところ、2次障害がでている子が結構います。
子どもたちは親御さん(とそのまわり)の期待に応えようと本当に頑張ります。
その結果うまくいくことも勿論ありますが、そうでないことも多々あります。

すでに何人かの方がそのことについて書かれていますが
わたしも同様の意見です。
事実と解釈と思い。。
この3つをきちっと区別することが大事です。

とはいえ、このことがわかるのはもう少し先のことだと思います。
今は戸惑いと葛藤の連続。。ではないでしょうか。

わたしが今のあなたにアドバイスできることは
あなたのグチをしずかに聞いてくれる人を見つけることだと思います。
人は話をすることで、混乱した頭の中を整理することができることがあります。
気持ちを落ち着かせることができます。
そういう人を見つけてください。
身近の肉親。 療育の先生。。 同じ療育をうけている子どもさんのお母さん。。
学校の先生、親の会のメンバー。。
ネット上の掲示板に書き込んでもよいし、このgooの場でかまいません。
とにかくあなたの思いを聞いてくれる人を作ってください。

あなただけが悩んでいるのではありません。
子どもさんとあなたにとって、明るい道が拓けることをお祈りします。

投稿日時 - 2005-11-21 02:16:55

お礼

ご意見ありがとうございました。
今の私には、まだその心境に至るまで、まだ葛藤がありそうです。

またここで相談する折には、もっと心境をチェンジできていればいいかなと、思っています。

アドバイスいただきました皆様、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-22 09:32:01

ANo.5

おはようございます。
もう一言だけ、申し上げてもいいですか?

>目標になりますし、希望が持てます

これも出来ればやめましょう。(やっぱりやめれないかもしれませんが)

他のお子さんが、同じプログラムで、健常児と変わらないレベルのIQを身に付けたと聞くと、「よ~しうちも!」と気合が入ってしまうのは仕方がない事だと思います。
でも、これも良くないのです。

私も偶然、お隣に同じ療育の通所施設に通われていた子供さんが居られました。(学年は違います)
その子供さんが、小学校に入るまでにこんなに伸びたと聞かされるたびに、うちの子もそうなって欲しいと力を入れてしまう自分がいました。

でもね、やっぱりその子によって伸びるペースも得意な事も不得意な事も違うのですよ。
同じにはなりません。

今、うちの娘はIQ40です。元お隣の子供さんはIQ70以上、普通の高校を受験されるそうです。
だけど、いくらIQがあっても社会に出て行くときの心配は全く同じなので、いつまでたってもご両親の悩みは尽きないのが実情です。

同じくらいの状態の子供さんとどうしても比べてしまいがちだし、負けないようにと力を入れることは、10年たったら多分無駄だったな~と思われるに違いありません。
なので、出来るだけ「誰々みたいになるようにがんばろ~」はやめましょう。(これがなかなかやめられないのが親心なんですけどね)

でも、同じように療育訓練されている子供さんの親で、子供さんをよく理解し、素晴らしく過ごされている方の子供さんが、結構順調に伸びているのも確かなんです。
ですので、目標にするのなら、子供さんが「いつまでにこうなった」を目標にされるより、そうなるまでに親御さんが「どうされたか」を参考にするなり、目標にされる事をお勧めします。
#4さんの場合なら、後半の部分に「こんな事がよかったよ」と教えて頂いているので、そちらを親が目標にするといいと思います。

私もお隣の奥さんが素晴らしい方だったので、随分お手本にさせていただきましたし、相談にものっていただきました。今では一番なんでも話せる大事なお友達で、逆に相談にのることさえあります。
こんなお友達をたくさん見つけてくださいね。

投稿日時 - 2005-11-19 07:20:45

お礼

ありがとうございました。
考えさせられるレスです。

まだ「はいそうします」と素直に受け取れる心境ではないことは確かです。

まだ診断名も出てない状況なので、余計にもやもやとネガティブな考えと、まだ希望をもちたいという思いが交差しているので…

私自身ものすごく、トロいタイプでした。
幼稚園の年中の時の、年齢で言えば五歳半の頃
にあった運動会でのお遊戯も、全然踊れなかったし、

小学校での算数でも、引き算でいきなりつまずき、九九は泣きながら特訓されて、やっと覚えた…などと、
かぞえればきりがありません。

ちなみに小学校の入学前の知能テスト(考査)でも、分からなくて、カンニングした記憶があります。

そんな親の悪いところに輪をかけて似てしまった…
だけではないのか?的に思ってる自分もいます。


まだそこまでの心境になれるかどうか、わかりません。
療育に通ううちに、そう思えるようになれるといいのですが。

投稿日時 - 2005-11-21 21:11:47

ANo.4

今、ご自身にとってつらい状況をお察しします。自閉症の息子がいます。4歳までしゃべらず、落ち着きもなく、このままではと絶望したこともありました。しかし、幼稚園に入り、療育も月2回ほどしていくうちに、本人の力がつき、今は普通に中学に通っています。きちんと言葉をしゃべるようになるのは言葉についての認知がないとオウム返しになったりしていたので、何でも早く、早くとあせったこともあったなと思い返します。まず、お子さんと楽しい時間を過ごしてください。親に余裕がないとお子さんはつらいです。本人が嫌がらなければ、外につれていってもいいし、一緒に自然の中に行く、アスレチックで遊ぶことやお料理や掃除を一緒にすることもいいかも知れません。また、ほかの人の手も借りましょう。時には人に預けてあなたが息抜きをしましょう。きっといいですよ。

投稿日時 - 2005-11-18 08:43:55

お礼

ありがとうございます。
月に二回の療育と、集団生活のおかげで、中学生になられた今、普通クラスで頑張っておられる。

目標になりますし、希望が持てます。

うちの息子の場合具体的な診断めいがつかず、ただ「発達遅滞」であるということです。

様子を見ましょう的な言葉で濁されることも多く、
見守るほうの親が不安になり、ストレスが溜まります。

絶対良くなると息子を信じて頑張ろうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-18 21:01:17

ANo.3

ある人から聞いたお話ですが、
3歳児程度の言語理解、社会性があれば、
福祉作業所などで働くことができる。
5歳児程度であれば、福祉就労でやっていくことができる・・・。

今は小さなお子さんなので、先のことまでは見えないかもしれません。

ただ、今後大きくなって、将来的に、自立していくためのことも少しずつ考えていくといいと思います。

No.2の方も言って見えるとおり、普通レベルということは、ノルマを課すことにもなり、親子ともにかなりきつい状況になりやすいです。

その際に、最初に書いたように3歳児段階をまず目指す。と言うことが少しでも励ましになればと思います。

今後色々な葛藤や悩みが出るかと思いますが、同じような悩みを持った方や、相談相手は必ず見つかります。めげずに前向きに考えていくことが結果的に親子ともに安心した生活を送れ、成長も早いと思います。

頑張りすぎずに頑張ってください。

投稿日時 - 2005-11-17 23:53:18

お礼

有難うございます。
実家の母からも、もっとのんびり構えるように言われました。

プレッシャーを与えることは良くないと、肝に銘じます。

「後悔したくないので今のうちにやれることはやっておきたい」
という気持ちもあるのでその辺の折り合いをつけながら、

子供のためには何が一番いいのかを考えてあげようと思います。

投稿日時 - 2005-11-18 21:07:55

ANo.2

こんにちは。現在12歳になる自閉症児の母です。

うちの娘も3歳3ヶ月から週1回、3歳7ヶ月からは週2~4回の療育訓練を3年間みっちりやって頂きました。
訓練内容は、個別の言語感覚訓練、音楽療法、運動療法、集団の水泳訓練、山登りなどいろいろです。
で、どうなったか・・・中度の知的障害を伴っており、3年間でほんの少しだけ伸びたでした。ご期待に添えなくてすみません。

同じ訓練施設に通われていた子供たちもたくさんおられて、高機能~重度まで様々でしたよ。
訓練をたくさんしたから、発達が急激に伸びるというものではなく、その子供の障害と能力によって伸びるスピードは決まっていたようですね。

でも、療育訓練を始められたばかりとの事ですので、老婆心ながらアドバイスを。
「小学校に上がるまでに少しでも普通に近づける」
これを出来ればやめましょう。(やめられないでしょうけど)
この親の気持ちが、子供の発達を逆に阻害します。

私もこう思って頑張っていた所、後就学まで半年の時に訓練の先生に
「今のままでは特殊学校は無理。もっと頑張らないと。」
と言われました。
何とか地元の特殊学級に入れたかった私は、残りの半年間、鬼の形相で子供にプレッシャーを与え続けたと思います。おかげで娘の状態は悪くなる一方でした。
そうは言いつつ、地元の小学校はすんなり娘を受け入れてくれて、無事希望の小学校に入れました。
「何とか少しでも普通に近付いて・・・」
この思いから、私があるきっかけで解放されたとたん、娘がびっくりするほど落ち着き、この子なりに目覚ましい進歩をとげました。

小学校入学は目標ではなくて、あくまで通過点です。

子供さんは子供さんのスピードで必ず伸びていかれますから、ゴールをそこに決めないであげて下さい。

投稿日時 - 2005-11-17 20:02:14

お礼

ありがとうございます。
親心が、プレッシャーをあたえてしまう、というのは、
気をつけていこうと思いました。

息子は、三月生まれなので、
余計に私が、力が入りすぎてることもあります。

ただ、まだ望みが捨てきれてないので…しばらくまた葛藤しそうです。

投稿日時 - 2005-11-17 20:46:44

ANo.1

3歳の男の子の母親です。
現在、週に二回、児童相談所の療育に通っています。

息子は、言葉が出始めてから、なかなか伸びずにいました。
それに加え、外出先では直ぐ走って何処かへ行ってしまい、いつも捕まえるのが大変な子でした。
他にも気性が激しく、自分の思うようにならないと腹を立てて、私に当たったり(叩いたり髪の毛を引っ張ります)物を放り投げたり、外出先では履いている靴を脱いで走り出したりと、とにかく動きが激しいのです。
幼稚園の集団の中で、上手くやっていけるのか不安があり、児童相談所で相談したところ、療育を紹介していただきました。

息子の発達検査の結果は、2歳6ヶ月頃で1歳後半~2歳の診断でした。
質問者様のお子さんの検査内容が判らないのですが、こちらでは3歳3ヶ月検診の時に行われる検査内容でした。
この時は、物の名前を聞かれ(犬はどれ?など)指を差す、というのは出来ましたが、家で色の名前を教えてなかったので、色を聞かれたときは全く答えられませんでした。
それから、例えば「着る物はどれ?」と聞かれて、洋服の絵を指差す、という内容の物も出来ない所が多かったです。

言葉の面では、入所したときは「ママ、パパ、ババ(私の母)、マンマ(何故か“パンダ”をこう呼んでました)、ブーブー(車)」とあと数語くらいで、二分語は全然話せませんでした。
運動面では、息子は動き回ることが好きなので、その点だけは年齢相応でしたけど。

今年の6月から通っていますが、言葉は伸びていると思います。
近所の人や、療育センターのスタッフの方からも、「言葉がすごく伸びてきましたね」と言ってもらってます。
今は「○○(うちの子の名前)、パンダ、すき」というような簡単な言葉を繋げて話せるようになりました。
ただ、~は、~が、などを使わないため、本当に単語を並べただけの言葉なんですが。

その子によって伸びる時期や早さは変わるでしょうが、療育に通うのはとてもいいことだと思います。息子もとても楽しそうです。
そしてスタッフの方に、色々育児について相談にのってもらえるので、親としても助かっています。
息子の場合、言葉より気性のほうが心配なのですが、お互い良い効果が現れるといいですね。

投稿日時 - 2005-11-17 17:45:48

お礼

ありがとうございます。
療育がスタートしたばかりで、効果があるのかさえ、不安に思っていたところだったので、
すごく勇気をもらえました。

うちは、動作や運動面でも一歳半程度しかありません。
その辺も更なる心配、というところです…

ただ、「伸びていくから」という療法士さんの励ましや、皆さんの体験を聞いて、
この子の持ってる力を信じようと改めて思いました。

投稿日時 - 2005-11-17 18:27:11

あなたにオススメの質問