みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

退職した場合の確定申告について

私は9月末で会社を退職しました。
健康保険、年金、税金など退職前は会社が全部やってくれていて、私は何も考えず、全く無知で来てしまいました。
取り敢えず周りに聞きながら、国民健康保険と年金の手続きはできましたが、確定申告?というのがよく分かりません。
こちらでの質問広場や他のサイトでも書いてありましたが、退職すると『給与所得の源泉徴収票』というのが会社から送られてくるので、それを添えて税務署に行き確定申告をしなければならないということです。
9月末で退職し11月7日現在、源泉徴収票は会社から送られてきていません。
これは自分から会社に請求しなければならないのでしょうか?
退職後また就職すれば、次の会社にこの源泉徴収票を提出すれば処理してくれるとのことですが、私は年内就職するつもりではありません。
この場合、私はどのような手続きをすれば良いのでしょうか?
確定申告をすると何がどうなるのでしょうか?
確定申告しないと罰せられますか?
色々調べましたが、頭の中がパニックでよく分かりません。
詳しくお分かりになる方、教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-07 15:28:40

QNo.1763501

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。大変ですね。
すっごく、乱暴な言い方になりますが、単純に言ってみます…
確定申告って、要するに、所得税(稼いだ分に対して税金が掛かる)の計算をすることです。
サラリーマンは確定申告をする代わりに、会社が「年末調整」という形で
計算してくれていたのです。
サラリーマンは月々の給料から「源泉税」という形で、あらかじめ
「今年の所得税額はこれくらいになるだろう」という額を納めています。これを1年間の給料の総額が確定した12月にきちんとした税額を計算し直すのが「年末調整」です。
あなたの場合、年の途中で退職していますから、会社は年末調整してくれません。
会社にいた間の給料と社会保険料(税金を計算する基になる金額から差し引ける=「控除対象」と言います)、源泉税額(既に払っている税金)を書いた「源泉徴収票」が送られて来るわけです。
源泉徴収票は、会社から送られて来ると思いますが、会社も職員の分と
一緒に出力するつもりで、12月頃送る予定なのかもしれませんね。
心配だったら、電話で請求しても構わないと思いますよ。

で、源泉徴収票が届いたら、他に「控除対象」となる
「生命保険の掛金(生命保険会社から葉書が届きます)」とか、
退職後の「年金」とかを所得金額から引いて、
基礎控除(本人の控除できる額)や扶養者がいたら「扶養控除」を
引いて、残った額に税額をかけると、今年の税額が確定します。
すでに「源泉税」でいくらかは払っていますから、これを相殺して、
税額の方が大きければ、その分を支払います。
源泉税の方が大きければ、差額が戻ってきます。

確定申告をしなくても、罰せられることはないと思いますが、
あなたが損をするかもしれませんよ。

わかりにくくてすみませんが、がんばってください。
この際ですから、所得税のしくみに詳しくなって下さい。

投稿日時 - 2005-11-07 15:58:56

お礼

norja_49 経験者様

こんにちわ!!
乱暴な言い方?ではなくとても分かりやすく、馬鹿な私でも少しは理解できました。
そうですね~、この際所得税について勉強して、この質問広場でどなかたに教えることができればと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-07 16:13:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

源泉徴収票は退職した際に、特に請求をしなくても会社から渡される物です。送られてこないのなら請求した方が良いでしょうね。

会社勤めされていた時に、毎月所得税が給料から天引きされていたと思います。引かれる額は1年間の総所得をあらかじめ想定して、それを月毎に割ったものです。で、年内に辞めたという事は所得税を納めすぎている事になりますよね?その納めすぎた分を返却してもらう作業が「確定申告」です。

年内に就職する予定がないのなら、年が明けてから源泉徴収票などを持参して、あなたの住んでいる地域を管轄する税務署へ行って確定申告を行います。
その時に必要な物は直に税務署へ問い合わせた方が正確ですよ。

投稿日時 - 2005-11-07 15:51:20

お礼

nk506 一般人様

返答ありがとうございました。
確定申告とはそういうことだったんですね!!
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2005-11-07 16:09:38

ANo.1

まず源泉徴収票は、退職から1ヶ月以内に発行すべき事となっていますので、本来であれば既にもらっておくべきものですが、会社によっては年末近くにまとめて発行する場合もあったりしますが、いずれにしても請求されてみた方が良いかと思います。

給与収入金額が103万円を超えていれば、基本的には、年末調整していなければ確定申告の義務がある事となりますので、必ず確定申告すべきです。
ただ、中途退職の場合は、確定申告すれば所得税が還付になるケースが多いものとは思います。

要するに、毎月の給料からの源泉徴収は、概算により徴収しているのですが、年末調整又は確定申告により1年分の所得税を再計算し、その所得税額と実際に源泉徴収された税額との差額が還付又は徴収により精算される事となり、年末に会社に在職していない場合は、ご自身で確定申告する事となります。

給与所得者の還付のための確定申告の場合は、翌年1月から税務署で受け付けますので、早めに行かれた方が混まなくて良いものと思います。

確定申告に必要なものは、源泉徴収票、ご自分で健康保険を支払っていればその支払った金額がわかる書類、ご自分で国民年金を支払っている場合は控除証明書、ご自分で生命保険・損害保険を支払っている場合は、それらの控除証明書、認め印、還付口座となる預金通帳、が基本的なものです。

投稿日時 - 2005-11-07 15:44:57

お礼

kamehen 専門家様

親切なご説明ありがとうございました。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2005-11-07 16:02:47

あなたにオススメの質問