みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

標準原価制度の場合の原価差額の配賦について

 すみません、どなたか見解を伺いたいのです。
 当社では、システムの問題上、通常の製品製造原価を算出する過程に、最終的に販売管理費になるような研究開発費(中身は殆ど人件費)のような費目まで標準原価計算を行っております。この部分は原価差額の配賦を行うことなく製造勘定から販売管理費に振替えています。つまり、標準原価のまま振り変わっているのですが、この処理は会計上もしくは税務上問題でしょうか。(この部分について配賦再計算を行うと、会計上も税務上も利益は減ります。節税にはなりますが、当期利益が減ってしまいます。)原価計算基準では期末の棚卸資産と売上原価に配賦する、となっておりますので、配賦しなくとも問題ないでしょうか。

投稿日時 - 2005-10-29 07:56:26

QNo.1742892

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

販売管理費に振り返られるものも対象に原価計算を行っているなら、原価差異も販売管理費への振替が必要なのでは?
原価計算基準は、製品(給付)に関する原価の計算を対象にしているため販売管理費への振替が想定されていないだけなんじゃないでしょうか。

研究開発の標準はどうやって設定したのですか?
素人考えでは、標準を設定できないからこそ研究開発のように思うのですが。
よかったら教えてください。

メーカーに勤めたことがないので想像で書きました。

投稿日時 - 2005-10-29 21:02:49

あなたにオススメの質問