みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

たぶん6年前から霊がとりつきやすく・・・続きの質問2

自分自身の魂が不安定な状態なので、そんな事が起きてても不思議ではないです。
今のところ、金縛りにあうとか霊の仕業と思えるような事はないです。
また、私には自殺願望はありません。
彼らもまた、変化できない悲しみなどから救ってほしいのだと思います。
でも、おばあちゃん(身内か分からない老婦人)以外の死人は、私には有害なの
でしょうか?お祓いを依頼できるようなお金も、私は持っていないし・・・・。
霊障?を避ける工夫は何かありますか?とりあえず、自分の部屋(彼とは別室です)に盛り塩を一つ置きました。
この質問の回答は2ヶ月ほど受け付けたいと思います。
持病のPTSDは回復するのに長期間かかると思いますし・・・。
どうか、みなさま、よろしくお願いします。

続きの質問1:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=171845

投稿日時 - 2001-11-20 17:24:33

QNo.171848

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

54人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(20)

ANo.20

訂正ですm(_ _;)m

独鈷印→×

普賢三昧耶印→○

投稿日時 - 2011-12-21 00:41:03

ANo.19

おかしいなと思ったら、般若心経を唱え、

臨:独鈷印

兵:大金剛輪印

闘:外獅子印

者:内獅子印

皆:外縛印

陣:内縛印

裂:智拳印

在:日輪印

前:隠形印

↑の順で『諸印契』してみてください。
その後、汚れなどを払うイメージで『ケンバヤケンバヤ・ソワカ』と2回唱えます。

↓YouTubeより
http://www.youtube.com/watch?v=nb9An127waY&sns=em

投稿日時 - 2011-12-20 23:32:27

ANo.18

私は一応真言信仰者ですが1度金縛りにあったときにためしにしてみましたが見事に成功しました。

まあ除霊なんて多少の修行で、できるようになるものなんです。

TVでも放送していましたが自分についた霊を払う場合はまず

般若心経を唱え続いてアビラウンケンソワカと唱え二本の指で円を空中に描きその円の中心を指で貫くそして手刀を持ち九字を切ってください
最後に体の埃を掃う仕草をしながらオン・ケンバヤ・ケンバヤソワカ
と唱えると弱い霊は簡単に落ちます。

自分の身を守るためのものは覚えないほうがいいでしょう下手に退魔法をすると霊を怒らせてしまいますからね。(手刀はその場の邪を封じるだけです・・宗派によって違いますが)

まあ霊は存在しないと断言する人も少なくはありませんがやはりそんなにいないとも言い切れないと思います
ですからどうしようもなくなったら調べてお札購入してくださいあなたが作っても良いですが聞くという保障はありません。
お勧めはお寺まで行きお坊さんに書いてもらうのが良いでしょう。

投稿日時 - 2007-10-15 23:19:38

ANo.17

水晶を購入して、肌身離さず身につけることをお勧めします。
水晶ならつけているだけでそういうものをよけられますのでいいと思います。
でも、購入したら身につける前に浄化してください。
他の人の念がこもっているかもしれませんので・・・。
あとは、定期的に浄化してください。
浄化の方法は検索すれば出てきます。

投稿日時 - 2006-10-16 00:05:49

ANo.16

初めて書き込みします。
6年前の出来事があなたの心に大変な影響を与えているのですね。できれば,その出来事をあなたが自分なりに整理することができれば,だいぶ楽になられるかと思います。喜怒哀楽の激しいところに霊は憑き易いようです。人間はプラスの存在で,霊はマイナスの存在。マイナスがたくさん憑けば,なおさら人間は弱ってしまいます。とにかく自分が楽しいと思えることをたくさんやって自分自身のプラスを強くすることも必要ですね。それと盛塩ですが,部屋の四隅に小皿などに乗せてやられた方が良いかと思います。部屋と水回りをきれいにすることは他の方も書かれていますよね。ホコリが溜まったところや湿ったところは霊の居心地がいいそうですから,きれいにされるといいです。
それと霊に同情しないこと。私はあなたたちに何もしてやれない。だから,私から離れてくださいと強く念じる。若しくは声に出して言ってもいいです。優しくすると骨までしゃぶられますよ。ただし守護霊さん達は別です。プラスの存在になりますから。先に書いたことを言っても守護霊さんに無礼になることはありません。悪い霊の影響というのは精神面に強く出てきます。
早くあなたから悪い霊の影響がなくなるようお祈りいたします。

投稿日時 - 2004-08-11 16:19:58

ANo.15

私は洗礼は受けていませんがキリスト教を信仰していますので、その立場からお話をさせていただきますね。
有名なエクソシストという悪魔払いの役職が正式にあるのはカトリックのみであり、結局のところ、このエクソシストも神に祈り、人を助けるという人たちです。
私自身、時折霊の様なものを見たり、霊障に悩まされることがあります。そのような時、「貴方がキリストの御名によって(天国に)導かれますように」と祈ります。聖書もロザリオも必要ありません。これらは神様が傍にいると確認するためのものだからです。
tori-loveさんのお話を読ませていただくに、とても優しい方のようですから、どのように祈っても祈りは通じると思います。霊がずっと現世にとどまるということは行く当てがなく、道を見失っているからです。霊を恐れたりしないようにしてください。彼らは私達の未来の姿でもあります。生きている人の世界と死んだ人の世界は別です。天国に続く道に気付かせてあげれば、霊は自然と離れていきます。キリスト教では全ての人が許されているのですから。それに信者であろうとなかろうと、神様は人を見守っています。
キリスト教というと教会で礼拝とかしなくちゃならないと思われるかもしれませんが、それは牧師様や神父様に助けを請いたい人や神様にお礼を言うために行く人などが自発的にしている行為で、特に信者でも私のように礼拝に行っていない者も多くいます。教会に行くだけで離れていく霊もいますから、一度尋ねてみるのも一つの手です。
あまり参考にならないかもしれませんし、これは布教活動でもありません。あくまでtori-loveさんや憑いているといわれた霊が穏やかになるならと思い、書きました。全てが良い方向に動くと信じることが一番だと思います。そうなりますように。それでは、失礼します。

投稿日時 - 2002-02-13 01:55:39

ANo.14

初めまして。私も先程、霊がとりついていたようで、知り合いの霊能者の方に
方法等を聞き、なんとか脱出しました。少しでもお役に立てばと思うのですが・。

私の場合、自分の力を過信して、占いを職業としてやっていました。
ですが、先程、ある強いお坊さんの霊に取り付かれ、命が危ないと言われる
状態でした。多分、霊感だけにたより、お祓いの方法をきちんとしていなかっ
たので、バチがあたったのかな・・。

私が相談した霊能者2人から言われた方法が、寝る前に左手でコップを取り、
左手で蛇口をひねり、左手でコップに水を入れて、左手で蛇口を閉め、
左手で自分の枕の左側に水を置いて寝ると良いといわれました。
とにかく左手で全てを行いなさいと。
次の日、だいぶ軽くなっていましたが、完全には復活していなかったので
何日か続けました。
そうすると、体がかなり楽になりました。

あと、自分の力を復活させるために、自分の守護石も持ちました。

あとまだあるのですが、水に米酢をとかしてふきんに染み込ませて、床を軽くなぞるようにするといいとも言われました。
そして、使い終わった米酢は流しに流すのではなく、外に流したほうがいいそうです。

水に関係するところはきれいにするように。
台所や洗面所やお風呂等・・。

これを全てやったら、今ではパワー回復しました。
あと、気持ちを強く持つこと、それが一番です。
だけど、霊感があるからといって、過信してもいけないですね(私のように
なってしまうので)

わかりづらい説明ですみません。少しでも参考になれば嬉しいです。
良い方向に行きますように・・。

投稿日時 - 2001-12-18 14:06:08

ANo.13

これは、これは、大変失礼致しました。
線香に関する説明で、前回、おおよそどの宗派にも受け入れられるような内容の説明をしたつもりだったのですが、考えてみますと、前回私がお話しした内容は、「霊」は存在するとする考えを前提にしなければ出て来ない事に気付きました。

「霊」の存在自体を明確に否定する考えを基本にした場合、私が前回行ったような説明では、当然ご納得がいかないことになります。

特に、日蓮宗系の教義においては、良いか悪いかは別にして、ご自分達の教えのみを正しい教え「正法」とし、それ以外の教えは全て邪教として折伏すべきものとお考えになるので、「霊などは存在しない」とする日蓮宗系の宗派のいずれかに属する方々にとっては、前回私が行ったような説明は、「到底許されない考え」と言うことになってしまったかもしれません。大変失礼致しました。

私は、「霊」というものがあるのかないのか、再三申し上げておりますように分かりません。
従って、「いる」とも断言できませんし、「いない」とも断言できません。

しかし、そのどちらの立場に立って見ても、「線香は、御香の匂いをもって仏前を清浄にし、それを仏様への御供養とするため」のみの効果しかないとする考えは、採ることができるものと考えます。

また、キリスト教においても、司祭が紐のついた香炉を振りながら儀式を行う場面を見かけたりもしますので、「香の匂いをもってその場を清浄にする」という考え方自体は、洋の東西を問わず共通する考え方なのかもしれません。

従って、線香の効果としては、odd-artさんの説明の方が、どの宗派に対しても適合する、より一般的な説明であると考えますので、前回の私の説明の中の線香に関する部分を撤回し、ここで改めて訂正させて頂きます。

失礼致しました。

投稿日時 - 2001-11-25 23:20:11

補足

02’3/3 zatsunennさん、No.11のところに私がお線香をどう使っていたか書きました。

投稿日時 - 2002-03-03 18:06:20

ANo.12

 回答により、新たな疑問が生じております。
 御香は、智・行の兼ね備わったところの仏の生命(法身)を表しているのです。
 また、御香は一般に線香を三本焚きます。三本でなくてはならないということもありませんが、いちおうは仏法僧の三宝を表わして三本としています。
 線香を焚くこと自体の理由は、御香の匂いをもって仏前を清浄にし、それを仏様への御供養とするためです。
 如何でしょうか?

投稿日時 - 2001-11-24 22:10:53

ANo.11

「盛り塩」は、もともとは飲食店や寄席など、客を多く集めなければならない商売をしている家の門前に縁起物として用いられるものと聞いています。
これは、牛や馬など昔の交通手段である動物は、塩を舐めるのが好きなので、門前にそれらの動物がよく集まるように、つまり、それらに乗って、もしくは、それらの動物をひいてやって来たお客さんが、門前にたくさん集まるように、かなりの量の塩を山のようにして門前に盛り、縁起物として用いられるようになったそうです。

相撲などで土俵に撒く塩は、「お清め」の意味を持つものです。

そもそも日本における神様の場合、非常に清く穢れの無い魂の極みの存在とされており、罪や穢れのある人が側によることを嫌い、また、不浄な場所には降りてきません。
そのため、身に穢れを持つ者は、神前に近寄ることもしてはいけないと考えられておりますし、神様をある場所に降ろし、神事を行う場合には、その場所は清浄な状態にしておかなければなりません。

親族の中に死者が出た場合には、穢れの最も大きなものと考えられているために、1年間は初詣など、神前に出ることは避けなければならないわけです。
親族の中に死者がいない場合にも、日常生活の中で人は罪や穢れを負う機会が多いので、神前に出る前にそれらを全てはらい落としておなければなりません。
そのため本来は、斎戒・沐浴してから神前に赴くのですが、神前に赴く度に一々斎戒・沐浴してはいられないので、簡易にそれらの罪や穢れを落とすため、多くの神社の入り口付近には「手水(ちょうず)」という、水が流れる場があり、そこで手を洗い、口をすすいで斎戒・沐浴の代わりとし、その後で神前に出るわけです。
そして、一説によると、上記の「沐浴」とは、海水での沐浴をさすため、海水の代わりに海水からできる「塩」を海水の代わりとして用いたとするものもあります。

一方、土地の穢れを簡易に祓う方法として、きちんと掃除をしてから塩・酒・洗米を撒き、土地の穢れを落としてから、神棚を設け、酒・米・山の幸・海の幸などの供物を供え、神様に降りて来て頂いて、神事を行います。相撲も神様に奉納する神事が起源だそうです。

一時期、神仏は同時に祭られていたため、現在多くの仏教における葬式を行う場合、上のような内容が合わさって、葬儀に参列した人は、参列した後でお清めとして塩を身にふりかけ、手を洗い、酒をいただく事で死者の穢れを祓うことができると考えられています。

ですから、歴史的に見れば、「盛り塩」が霊を寄せ付けなくするということは無いのですが、罪や穢れを祓う「お清め」として用いられることから、盛り塩も効果があるとする説もあるようです。


それから「線香」ですが、これは、線香の香りに乗って、死者の魂が成仏することができると考えられています。
ですから、死者に線香を上げるのは、その死者の成仏を願う意味があります。
この点を捉えて、「霊は線香が好き」とも、言うことはできるかもしれません。
ご自宅の仏壇に線香を上げるのは、先祖の成仏を願うのと同時に、先祖の霊格が高まり、より強力に先祖の霊が子孫を守護して下さるように願うわけです。


「小豆」は良いかも知れません。
除霊ではないですが、「呪い」から身を守るために、白いエンドウ豆を2粒床下に入れたり、白いエンドウ豆を2粒衣類に縫い込んだりすることによって、「呪い」から身を守ることができるそうです。
同じマメ科ですから、昔から似たような使い方をしてきているのかもしれません。


しかし、前にも言いましたが、私は知識だけで、霊を見たり感じたりすることはできませんので、上述の内容や方法が、本当に効果があるのかないのか、私自身は全く分かりませんので悪しからず。

投稿日時 - 2001-11-24 10:28:51

ANo.10

「塩」の使い方は色々とありますが、家の中にまくなら「小豆」が良いですよ(掃除が塩よりかなり楽です(^o^)、残ってもベタベタしませんし)。

盛り塩は悪い人・霊を追い払うと言う意味でやっている場合と、良い人・霊を集めるためにするのだと言う場合もあります。
実行者の不可思議な「気」のエネルギー量とその方向性によると思われます。


当家でも小豆は昔からかなり使っています。他の国では韓国、台湾の伝統的な霊に対峙する場で見たことがあります。

投稿日時 - 2001-11-24 07:34:29

お礼

02’3/3 fukunokamiさんのお家は専門家なんですね。難しい言葉を使っていなくてもリアルに感じます。
盛り塩って奥が深いんですね。「気」のエネルギー量とその方向性ですか・・・。
小豆って縁起のいいお赤飯につかわれるくらいですから、伝統的に使われているというのもうなずけます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-03-03 18:09:27

ANo.9

No.#8で、盛り塩のことを書いた者です。

>稲川さんのギャグなのでは? 
とても真剣に話していたので、ギャグではないと思います(^^;
何か、塩をまとめて置いておくのがいけないと話していました。
・・あと、お線香の香りも霊を引き付けると聞いたことがあります(多分)。お仏壇にいつも置いてあるんだから、霊が嫌いな匂いじゃないですよね。

昔の風習とかで、良くない来客者が来ると「塩、まいとけ!」って言いますよね。それと、似ているんだと思います。
私も、部屋に塩をまくのか分からないのですが、部屋にまいたら、片付けとか大変そうですよね(汗)。
だから、玄関で大丈夫だと思います。

でも、上に書いたのはあくまで私の曖昧な記憶の中の意見ですので(稲川さんの話は本当だけど)、あまり気にしないでください。
軽はずみな回答をして、すみませんでした。
体調、良くなるといいですね。

投稿日時 - 2001-11-24 01:23:58

お礼

02’3/3 toroimeraiさん、稲川さん、失礼しました。m(_ _)m お線香のことについては、私のことをNo.11のところに書きました。案外引き付けてしまったのかもしれません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-03-03 18:16:36

ANo.8

あの、ひとつアドバイスなんですが、稲川淳二さんの話によると、“盛り塩”をすると、逆に霊を呼び集めることになるそうです。
本当は、お相撲さんのように塩をバーッとまくのが良いと聞きました。
一度、試してみてはいかがでしょうか?
tori-loveさんの無事を願います。

投稿日時 - 2001-11-23 11:16:23

補足

11/23 え~~!そうなんですか?“盛り塩”は・・・。
それは、稲川さんのギャグなのでは? でも見えない私には分かりません。
他の皆さんは、どうお考えですか?
塩をバーッとまくのは自分の部屋でいいのでしょうか?それとも玄関?
すみません、皆さんのご回答、読んではいるのですが書き込みする気力が
なくて・・・。その内ちゃんと補足なりお礼なり書き込みします。
お陰さまで病院にはちゃんと通えています。 まだ、記憶がたまに連続
出来ていない時があります。投薬でなんとか安定できればいいのですが・・・
早くこの状態から抜け出したい。

投稿日時 - 2001-11-23 21:57:33

ANo.7

霊の世界というのは、素人が下手に関わり合いになるとロクなことにならないようです。確かに巷には悪霊退散を標榜し、多額のお金を要求する商売が存在したりしており、興味を持ったが故にかえって不幸になってしまった方も大勢おられるようです。
したがって「霊云々に興味を持つのはやめましょう」というのが最も良い回答なのかもしれません。

しかし何事もそうですが、一度気にしだすと気持ち悪いですよね。そういう時は焦って事をおこさず、冷静になるのが肝要です。

「霊界」について書かれた本の中で、私が面白くて解りやすいと思ったものに、「霊界入門シリーズ 我が輩は霊である」(深見東州著・たちばな出版)があります。
これは以前深見氏が「夏目そうしき」というふざけたペンネームで出されていたものですが、外見の「おふざけ度」からは想像できないくらい深い内容でした。気軽に読めるよう書かれていますので、この手の世界をあまりよく知らない方は、最初に読んでおいた方がよいのではと思います。
文庫版が500円程度の安価で出ていますので、お時間と興味がありましたら一読されることをお勧めします。

下にたちばな出版のURLを記します。参考まで。

参考URL:http://www.tachibana-inc.co.jp/

投稿日時 - 2001-11-23 00:07:24

お礼

02’3/3 気持ちを楽にするお薬を飲んでいる為か、最初怖かった気持ちも薄れ、いつの間にか気にならなくなりました。
この病気は視界にも影響が出るみたいで、ひどい時はTVを見ることも出来ませんでした。今でも本は読みたくても非常に困難です。
霊に興味をもってるわけではないんですが、いつか心に余裕が生まれたら・・・その手の本も読むかもしれません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-03-03 18:13:26

ANo.6

医学的治療と霊的な治療は一緒にやられてよいと思います。

私の場合は 「般若心経」が効果があります。
成田山新勝寺の断食参篭堂で何十回も行きましたが、これも効果があります。 水かぶりもここでは出来るので、此れもかなりよいです。 特に後頭部から背中にかけて水をかけるのです。

手軽には、いろいろ難しい作法もありますが、とりあえず「肛門」を常に閉める事をお勧めします。

霊は自分の苦しみをわかってくれる人の所に行く場合と、恨みの場合(数百年続きます・・・経験上)がありますが、前者の場合はどちらかというと、心やさしい人の所へ行きますので、同情とか係わり合いにはならないようにした方がよろしいです。

又、病院には比較的こういう例が多いので、霊的体質の人は、暗く感じる病院は止めたほうがよろしいでしょう。

投稿日時 - 2001-11-21 18:41:44

お礼

12/6 おかげ様で最近、投薬の効果も出てきました。
成田山とは初詣で有名な所ですね。先日、初めて行ってきました。
今回は、とりあえず「護摩ご祈祷」に参加させて頂きました。
巨大な太鼓のドーン!という響きに全身ビリビリきました。宗教上の難しい意味は
分からないですが、火をたいて一心にお祈りするのってイイですね。
なんとなく、気分がスッキリしました。いいところですね。広いので、今度またゆっくり
見に行こうと思っています。ありがとうございました。
それと人込みの中に居ると、動きに気をとられて頭がボンヤリしがちなのですが
そんな時、肛門を閉めると意識が集中できました。(^-^)
この病気になってから、確かに体質が変わりました。自律神経が乱れやすく、
不健康な生活になりがちです。生命力が弱くなってしまったように感じています。

投稿日時 - 2001-12-07 00:23:34

ANo.5

私は、霊というものがあるのかないのか分かりません。
ですから、それに対する効果があると言われている方法をいくつか知っていますが、本当に効果があるのかどうか、検証の方法の無い私には全く分かりません。
ですから、参考程度にお聞き下さい。
私の知っているものの中で、ごく一般的なものだけご紹介致します。

1.ご自宅の仏壇に毎朝線香を上げてご先祖の霊を祭り、守護を願う。
2.神社でお祓いを受ける。
3.お守りを持つ。
4.早九字をきる。


3の「お守り」ですが、神社などで頂いてくるのが一般的ですが、自分で作ることもできます。

『奇跡のまじない入門』/角田章 著/日本文芸社/定価780円(平成5年当時)

に、一般的なお守りの作り方や「怨霊のたたりから逃がれる術」としてそれ専用の秘符の作り方、その他様々な秘符やまじないの方法が載っています。


4の「早九字」は、危難に遭った時や、自分の念力を強化したい時、
右手の人差し指と中指を前方に突き出し、ヨコ、タテ、ヨコの順番で、ヨコ5回、タテ4回、前方の空を切りながら、
「臨(りん)、兵(ぴょう)、闘(とう)、者(しゃ)、皆(かい)、陣(じん)、裂(れつ)、在(ざい)、前(ぜん)」と唱えるものです。
タレントの稲川淳二さんは、「指2本でやるよりも、指5本を揃えた状態でやった方が良い」と、以前テレビでおっしゃっておられました。

この「早九字の法」を行った後、危難が去った後には、
「オン、キリ、キャラ、ハラ、ハラ、フタラン、ホソウ、ソワカ」
と唱えて「早九字の法」によって結んだ印を解いてやらなければなりません。

一般的な方法としては以上述べたようなところです。
事態が好転なされることをお祈り致します。

投稿日時 - 2001-11-21 17:35:48

ANo.4

最終的には、tori-loveさんの中に入ってこなければいいので、頭の中で、護摩を焚くイメージを思い浮かべてみてください。そういうのを、内護摩を焚くと言っています。
こういうのは、魔術とかを研究しようとするとき、どうしても不可思議な現象が生じやすいので、わたしのように、占いを研究したりしている人に相談されると、だいたい理解してもらえると思います。ただ、こう言うのを利用して、お金をだまし取ったりする人がいるのです。また、怖いときなどに、真言宗で使われている光明真言を唱えてみるのも一つの方法です。「オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン」と書けますが、抑揚をつけて唱えます。唱え方は、参照URLで聴くことが可能です。

でも、病院に通っておられるのなら、主治医の先生にも相談されてください。PTSDと関連するのかもしれませんから。

参考URL:http://www.ayame.or.jp/gongyoushiki.html

投稿日時 - 2001-11-20 23:00:50

お礼

02'3/3 昨年、護摩ご祈祷を成田山で体験しました。火を焚いて浄化するようなイメージで、体験後はすっきりしました。自分の頭の中でイメージしてみても良いのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-03-03 18:04:44

ANo.3

 霊障云々ということですが、生命の本質を知らないがゆえの妄説といえます。
 私達凡夫は、過去世のことや未来のこと、また死後のことを、明らかに見ることはできません。したがって霊能者などの、さも見てきたかのような話に、つい惑わされてしまうのでしょう。
 また、科学や物理学がさほど発達していなかった頃の人々は、霊魂とか悪霊・守護霊といった存在に畏れを抱いてきたようです。
 しかし、死後の生命には能動性がありませんから、私達の背後に霊が付く、などということはありえません。
 また、死後の生命といっても、この現実世界の中に、科学的に観測することのできない幽霊だとか霊魂といった実体をもって、存在しているわけではありません。
 そのような、能動性も実体もないものが、人間に幸・不幸をもたらすとか、人生を守るなどということは、できようはずもありません。
 ですから、霊能者と称する人が、どんなに不思議な話を確信ありげに語ったとしても、それは守護霊とか霊魂によるものではないのです。
 むろん、世の中には、いわゆる霊的現象といわれるような不可思議なことが起きる場合もあります。
 しかし、それは、実際に幽霊や霊魂が引き起こした現象などではなく、感応の作用によるものです。
 感応について、わかりやすくお話すると、たとえば、私達が生活している空間には無数の電波が流れていますが、普段は、それらを私達の目や耳で認識することはありません。しかし、テレビやラジオ・無線機などを置いて、その電波に波長を合わせれば、そこから画像や音声が出てきます。
 これと同じように、死後の生命は、自らが作った過去世の業因によって苦楽を感じつつ、この宇宙の中に渾然一体となって溶け込んでいます。が、ときとして、生きている人間の生命力が落ちて、死後の生命が感じている苦しみなどと波長が合ってしまった(感応した)場合に、人によっては、死者の言葉が聞こえたり姿が見えたりすることがあるのです。
 昔から、同じ場所にいながら、ある人には幽霊が見え、別の人には見えない、という違いが起きてくるのも、また、いわゆる心霊写真において、同じ所で複数の人がカ
メラのシャッターを切っていながら、ある人の写真にしか幽霊が映らないというのも、それは、そこに、幽霊や霊魂などという実体が存在していないからです(心霊写真の場合も、シャッターを切った人がたまたま死後の生命と感応し、それを自らの念の作用によってフィルムに映し出したものと考えられます)。
 この前も、横浜かどこかで、悪霊寸借詐欺があったようですが、見えないから騙される。「裸の王様」状態です。
 何かの縁により、何かから悪影響を及ぼされていらっしゃるようです。大体、守り札とか、お守りとかいったものがそうです。
 本当に、困っておられるならば、お祓いされるより、日蓮正宗のお寺に行かれることでしょう。無駄なお金を巻き上げられても、詮無い事です。邪教に惑わされることなく、解決出来るでしょう。
 金縛りにあったときに、「南無妙法蓮華経」と唱えたら治ったという話もよく聞きます。
 如何でしょうか?

投稿日時 - 2001-11-20 19:03:37

お礼

はい、まさに感応して、その親切な女性は霊を見たんだと思います。
そうでなければ、あのような驚愕(きょうがく)した表情にはなりません。
金縛りなどは、今のところ無いです。霊にやられた~という直接被害もないです。
でも、もし怖い目にあったら試しに「南無妙法蓮華経」と私も唱えてみようと思います。

とても丁寧な解説、ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-11-21 10:25:24

ANo.2

以前テレビで霊能者が悪い出来事があると「霊のしわざだ」とか「霊が邪魔をしてる」という風に考えると霊が入り込みやすくなるといっていました。
まず、自分を強く持つことが大事だと思いますよ。

同居してる彼とのことであなた自身が不安に感じてるから
その代弁としてそういう女性が現れたのではないですか?
大丈夫、まず、負けない心をもってください。

たとえば、失恋したとして、自分には霊障があるからだと悲観的になる人もいれば、別れてしまったけど、もっといい出会いをしようと前向きになる人もいます。
結局、自分の心の持ちようだと思いませんか?

文章がきつくなってしまうかもしれませんが、ごめんなさい。ご質問の内容から、ちょっとそういう外的要因に自分自身負けちゃってるような感じがしたんです。
負けないでください。

霊障を避ける工夫!
おいしいものを食べ、笑い、健康になることです。
前向きに考えましょう!

きっとたくさんあなたをはげましてくれる回答もくるはずです

投稿日時 - 2001-11-20 17:54:31

補足

えっと、彼と私の部屋が別々、というところにあなた様の誤解があると思います。
(それはそうかもしれませんね)
彼とは付き合いが長いのですが、そうなったきっかけは、私が(過去の)
生々しい悪夢を見て、悲鳴を上げたり叫んでしまうので、お互いが辛いので
別々にしました。
治療のおかげで今はもう大丈夫ですが、この距離感がちょうどいい感じです。
お互い、行ったり来たり自由なんですよ~。(^.^)

>まず、自分を強く持つことが大事だと思いますよ。

そう、私もそう思います。でも今持病が悪化していて、気を強く持とうにも
持てないんです・・・。自分が活動している事に対してあまり実感が
持てない感じなんです。
それはそうと、この話に出てくる30才位の男性、もしこれが知人だった場合
どのように思えばいいでしょうね?恨みを買う覚えはありませんが、逆恨み
ということは、あるのかな・・・。

投稿日時 - 2001-11-21 10:21:40

ANo.1

その見知らぬ女性がなんと言おうと、貴方自身に霊が見えていないのであれば、御祓いする必要は無いと思いますよ。

投稿日時 - 2001-11-20 17:38:48

お礼

はい、自分に見えて困っているわけではないので、お金を払ってまで
(実際お金ないんだし・・・)御祓いしようとは思っていません。
この世にさまよう気持ちがなんとなく分かると言っても、見えたら怖い!
ので「私は見えない。悪いけど、見えないよ・・・」と6年前の、すごく
気分が悪かった時期にも自分に暗示かけて意識をそらしました。

投稿日時 - 2001-11-21 10:20:49

あなたにオススメの質問