みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ルアーで釣れず、フライで爆釣れ。毛ばりで釣るか?、

ルアーの竿で、フライみたいに毛ばりを使用して釣る方法を教えてください。私は浮くルアーを浮き代わりにしてトライしていますが、フライみたいに釣れません。(毛ばりが問題なのかも知りませんが、やっぱりルアー竿で毛ばりは無理なの?)みなさん、どうしてますか。それと、魚に警戒をあたえずに遠くまで飛ばす仕掛けってあるの?(釣りには初心者の私にいろいろアドバイスをお願いします。)

投稿日時 - 2005-10-15 21:36:40

QNo.1716384

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 “アジャスタバブル”というルアータックルでフライを飛ばすツールが現在でもコータックさんが販売しています(URL参照)。もう20年近く販売されているもので、私も使っていました。しかし面倒くさいので結局フライはフライタックルで釣るのが一番という結論に達しました。
 私がフライを始めた頃は最低でも5万円コースでないとタックルはそろいませんでしたが、今では2万円で一通り揃ってしまい、結構侮れない高性能なものばかりなのでいい時代になったものです…
 どんな釣りでも遠くに飛ばすにはロッドをしならせることが一番です。従って振り下ろす時ばかりでなく振り上げる時も“キュッ”と鋭く振り上げてルアー(または仕掛け)の重みをロッドに与え、極限までしならせる気持ちで振り上げます。その状態を保ったまま振り下ろせば驚くほど飛びますよ。
 それでも物足りなければロッドの長さを長くすることです。裏技として、頭の上でひらがなの“の”の字を書くように大きく振ると結構飛距離が伸びます(オーバーヘッド・ロールキャストと言います)。

参考URL:http://coatac.co.jp/catalog35/catalog35.htm

投稿日時 - 2005-10-16 03:42:23

お礼

ありがとうございます。今度お店で探してみたいと思います。

投稿日時 - 2005-10-20 22:13:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

仕掛けの組み合わせ、考え方は間違っていないと思います。
実際そのやり方で私は釣っていますので…

テクニックと言うか、釣り場によって少しコツが必要です。『爆釣』と書かれていますので管理釣り場でしょうか? もしそうならば毛ばりまでの糸を出来るだけ長くし、ゆっくり静かに動かす事です。

流れの速い場所では自分の立ち位置からまっすぐ下流方向に向かっての釣しか出来ないと思います。ラインのテンションを感じながら下流方向に少しずつ流していきます。
適当なところまで流したら今度は逆にゆっくり上流に向けて引いてきます。
自分の下流方向に別の釣り人がいたら出来ませんが…

投稿日時 - 2005-10-16 11:58:38

ANo.4

やはりルアーとフライは別物と考えたほうが良いと思います。それぞれの目的で考え出された釣法ですからタックルも全然違います。ただ魚を釣るだけだったら色々なやり方がありますが趣味としてやるなら的を絞った方が良いと思います。ルアー、フライトもそれぞれの醍醐味があります。それそれ゛長くやってみて釣法をマスターすることです。つれなくても一日続けてみる。その繰り返しでマスターしていくと思います。回答にならなくてすみません。

投稿日時 - 2005-10-16 11:29:46

ANo.2

今は無きマミヤのEZ FLYCASTER LINEというアメリカからの輸入物で7gのを使ったことがあります。フライをつける側とライン側がテーパーになっていてこれでターンさせるようですがなかなか難しく、オレンジ色で浮き目立つので日本の渓魚には向かないですね。
実際ルアーをメインでウェットフライも試してみたい時にやってみましたが、釣果無しでした。
バスや鯉をフライで釣るのに向いていると思います。元々はアメリカでサーモンフライやエッグをつける物ではないでしょうか。

>私は浮くルアーを浮き代わりにしてトライしていますが・・・

トレーラー方式ですね。ドライフライにウェットやニンフをつけるやり方は海外では一般的のようで、国内のHPでも見かけます。バスなら釣れるかも知れませんが、渓魚ならそれぞれの専用ロッドで釣るのが一番だと思います。

投稿日時 - 2005-10-16 00:46:45

ANo.1

ほぼ、記憶の片隅に残されていたものですので名前すら分かりませんが、そういった仕掛けが過去にありました。

 重さはだいたい10~15gぐらいで先端と末端に少し堅めの軸が30mmくらい出ていて 中間が少し太く(8mmから10mm)出来ていてその部分の長さが10cmくらいでした
 それをフライラインと道糸の末端に接続して投げる物でした。

 当時流行ったものでしたが今は見られませんね。
 その商品からフライまでのラインが2mくらいにしてキャストだったはずです あとはゆっくり巻き取るようなものでした。

 釣果はなんともわかりません(使用したことがないため)
参考まで。

投稿日時 - 2005-10-15 23:08:49

あなたにオススメの質問