みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

150℃での引張試験と室温での引張試験の降伏応力の違いについて

今私はAl-Mg-Scを用いて引張試験を行っています。
試料は亜時効材と過時効材を使用しています。
150℃の雰囲気温度をつくり引張試験をおこなっているのですが,得られたひずみ応力曲線から出した降伏応力は室温で引っ張ったときの降伏応力に比べて高い値がでると考えられますか? みなさんの考えをお聞かせください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-09-21 23:58:59

QNo.1664934

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

150度の雰囲気でしたらほとんど変わりはないと思います。
それが350度以上になりますと変化があります。
殆どの金属の常態化されるのは350度を境界にしてると僕は思いますが皆さんの回答を待っています。
http://www.ostec.or.jp/nmc/TOP/11(H15.2).pdf

参考URL:http://www.jilm.or.jp/taikai/第105回秋期大会講演プログラム.xls

投稿日時 - 2005-09-22 05:42:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問