みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自公過半数割れの秘策はあった?

今回の選挙は、自民党が296議席を獲得し単独で絶対安定多数を確保、自公で定数の3分の2を超える327議席を占める結果となりました。
これは、民主党を始め社民党、共産党等の野党が今回の選挙の戦い方を誤ったためとも思われます。
そこで質問ですが、今回の選挙で自公の議席を過半数割れさせるには、民主党を始めとした各野党はどのような戦略をとればよかったのでしょうか。
結果論で結構ですので、みなさんの考える秘策を教えてください。

投稿日時 - 2005-09-20 22:17:13

QNo.1662380

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

民主党に勝つチャンスが無かったかといえば、そうともいえないのですね。孫子の兵法に依れば負けることは無かったということですね。背水の陣形を取るということですね。そのための策は、解散と同時に、まず民主党主が、国民に向かって「侘びを入れることですね」つまり、民主党として郵政民営化に賛成すべきであった、この点を間違えたので不本意な選挙になってしまった、その点に対するお詫びですね。それから、選挙の結果のいかんにかかわらず郵政民営化に賛成し、より改革が進む代案も出すといってから、年金改革を争点にして選挙に突入すれば負けることは無かったですね。つまり、間違いを認めてから戦うということですね。今後、そういうことが出来れば負けないと思うよ。ただ、見る限りにおいては民主党の面々は出来がいい人が多いので、間違いを認めない人が多そうだね。何が間違いなのかがわかっていないと背水の陣形は取れないので、もっと頭の柔軟な人を集めないとね。

投稿日時 - 2005-09-20 23:34:42

お礼

ありがとうございます。
「間違いを認めてから戦う」というご指摘には、単なる選挙戦略を超えたとても奥の深いものを感じました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:11:48

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

郵政改革PRのために、国と特別契約を結んだ竹中大臣の知人が経営するPR会社が提出したPR企画書の中に、「郵政改革PRは、老人、女性など、“ちょっとIQの低い人々を中心に進める”」という一文があったそうで(国会でも取り上げられた)、加えてこの会社との発注がかなり不明朗な部分があるらしく、これをもっと追求すれば大分事態は変わったかもしれないですね。

投稿日時 - 2005-09-22 11:14:29

お礼

確か、5月か6月頃に国会で問題になっていましたね。しかし、企画書にそんな一文があったとは知りませんでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-22 20:56:06

ANo.9

今回の選挙は、選挙というよりは、人気投票という面が強かったため、政策で訴えるのは無理でしょう、あとはパフォーマンスですね、有名人を起用するとか、そういう手はあったかもしれませんが、ただそうまでして勝つことが、いいのかどうかとは感じますが。

なんとなく、いまの、自民党を見ているの消費税反対だの、マドンナ旋風だの言っていた、昔の社会党を思い出しますね、ある種末期状態なのかなとも思います。

投稿日時 - 2005-09-21 13:52:29

お礼

パフォーマンスも有名人の起用も自民党がやっていました。政策で勝てなければ、そちらの土俵で勝負するというのも一つの方法だったかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:52:10

ANo.8

WOc

過半数割れに追い込むことができる政党は民主だけだったでしょうが、
民主は選挙の前から負けていたので、それを逆転する選挙戦略があるとしたら、
小泉氏のスキャンダルでもでっちあげるしかなかったでしょう。

岡田氏が中国に頼んで、今度は反小泉デモでもやらせるとか(笑)


小泉総理が「参院で否決されたら解散する」と言った背景には、
解散前、郵政改革に対する国民の支持が高いという調査結果を得ていたからだ、
という報道がありました。
確か、武部筋からの情報だった、かな?

小泉総理は一番勝てるタイミングで選挙をやったということだと思います。

選挙活動の当初、民主は、小泉が作った土俵に乗るまいと、
争点は年金など他にあるとか、郵政改革は実は賛成だとか
あれこれ言を左右させていましたが、
そもそも郵政改革の対案を出さなかった時点で負けていたということです。

選挙戦略のミスではなく、選挙の前から、通常の政治活動自体がミスっていた。

敗因は、
そんな状況を正確に把握できておらず、
流れは民主にあるとたかをくくっていた所にあると思います。
国会の流れは確かに民主でしたが、世論はそうじゃなかったのに。

正しい選挙戦略としては、
「参院で否決されたら解散」と小泉総理が言った時点から、
郵政改革に反対なのではなく、法案に反対なのだと
機会があるごとに発言し続け、
政策論の勝負に持ち込むしかなかったでしょう。

でも、対案出してないからそれはできなかった。
選挙後半、賛成を言い始めましたが、有権者は信用しませんでした。

今回の選挙は、
小泉は自民の中で勝ったのであり、
民主は政治そのもので負けたのだと思います。

社民と共産については、あれ以外に戦略はなかったでしょう。
現状維持が目的ですから、護憲だの確かな野党だのと、ニッチな票をかき集めるしか方法がない。

投稿日時 - 2005-09-21 11:54:03

お礼

中国に反日デモをやらせるというのは…(笑)
結局のところ、今回の選挙で民主党が勝つためには、郵政民営化の土俵で自民党と戦うしかなかったようですね。
社民と共産のことについても回答していただきありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:44:52

ANo.7

小泉自民党が今回の選挙の大勝を必然としていたかどうか明確ではありませんが、少なくともそれを想定外の結果とする考えに対して疑問をもっても良いと考えています。小泉さんを変人とすることにより今回の選挙を「戦略無き戦い」と捉えた民主党では最初から到底勝ち目は無かったのでしょう。

常識では、「戦術レベルで戦略でのミスを取り戻すのは不可能」と云われています。日本においての例外は唯一「桶狭間」ぐらいじゃないでしょうか。

個人的には「過半数をとれれば議員年金廃止を選挙後の特別国会で可決させる」ぐらいの奇襲策を以って選挙戦を戦っていれば、民主党にも勝つチャンスが有ったのではないかと思っています。落選してしまえば議員年金もくそも関係無いですからね。そういった危機感を持てなかった民主党議員のセンスの無さにとても情けなさを感じてます。あと自民党の造反議員についても同様のセンス無さを強く感じますが・・・。

投稿日時 - 2005-09-21 09:36:47

お礼

民主党に危機感が不足していたというのは#1のことにも通じていますね。
おっしゃるように、危機感を持って奇襲策をしかけていればかなり違っていたかもしれません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:34:38

ANo.6

今回は郵政解散だったので、あくまで郵政で堂々と戦うべきでした。 郵政で小泉政権より魅力的な政策を打ち出すべきでした。

例えば抵抗勢力により骨抜きになった小泉郵政改革より、さらに徹底した改革にする等。

実際のところ現状の寄せ集め体質の民主党では、不可能だったかも知れませんが。

投稿日時 - 2005-09-21 08:01:02

お礼

ありがとうございます。
これまでのところ、民主党が郵政民営化に賛成していれば違う結果になっていたという意見が多いですね。
自民党圧勝の選挙結果を受けて小泉首相も同じようなことを言っていたのを思い出しました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:24:58

ANo.5

 郵政民営化には方法論に議論の余地はあれ、全面賛成だとして、議論を小泉さんがまともに説明のできない具体的な政策などに移せばかなり違ったと思います。
 ただ、どちらにしても民主党が過半数取ることはなかったと思います。自民党の過半数割れはあるとは思いましたが。
 郵政民営化は話題として大きく取り上げられたので、目がそちらばかりにいってしまったと思います。
メディア対策が功を奏したんじゃないでしょうか。

 どんなテーマでも中身や言っていることの信憑姓、あるいは人間性など様々な角度から検討しないと。
ただ改革、改革といってもどう改革するかが重要ですから、ただ民営化すればいいってもんじゃないと思います。
今回の選挙は小選挙区制の功罪両方が見えた気がします。
 2大政党化は果たして現時点で必要なのかという気
もしましたが、今の政権がまっとうにやってくれればいいと思います。

投稿日時 - 2005-09-20 23:47:56

お礼

民主党が選挙の争点だった郵政民営化に全面賛成して、具体的な政策論争(郵政民営化のということですね?)に持ち込むことができていればかなり違っていたでしょうね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-21 22:19:45

秘策はありません。
仮に秘策があったとしても、秘策が実行できなければないのと同じです。
僅差で負けたのならともかく、これだけの大差で負けたというのは、負ける理由というのが存在するわけで選挙の作戦善し悪しというレベルを超えています。

投稿日時 - 2005-09-20 23:11:06

お礼

ありがとうございます。
確かに秘策など通用しないほどに、小泉郵政民営化自民党の横綱相撲は見事なものでした。

投稿日時 - 2005-09-21 22:04:22

ANo.2

回答の無い質問ですからアンケート向きですね。

民主党は単独過半数をとる計算でした。
秘策があった訳でなく、自民党の分裂で漁父の利を得る事ができると言う皮算用だった訳です。

逆に言うなら、民主党が労働組合に気を遣って改革に否定的である事をカムフラージュすれば、逃げ切れるだろうとの読みだったとおもいます。
自民党を追い出された族議員を被害者面させてお涙ちょうだい作戦というのも秘策だったかもしれません。

もしも民主党が勝てた作戦を今考えるとしたら、小泉さんよりも激しく改革を行うと言う作戦しか無かったでしょう。
労働組合に殺されてもいいから、絶対単独過半数をとって政権を取ると岡田さんや枝野達が言ったとしたら、国民の意識も変わったかもしれませんね。

どっちが本気で改革をするのか?という勝負だった訳ですから。

社民党も共産党も民主党との差を際立たせる作戦が功を奏したようです。

民主党がこの一年間の党運営や選挙戦の反省をふまえて前原さんを代表に選びました。
前原さんの反労働組合という活動方針は、2ヶ月遅かったですね。

投稿日時 - 2005-09-20 22:48:25

お礼

ありがとうございます。
これまでは民主党の敗因や自民党の勝因を問う質問が多かったようなので、じゃあ野党が勝つにはどうすればよかったの?ということが知りたくて質問させていただきました。

>>どっちが本気で改革をするのか?という勝負だった訳ですから。

なるほど、これは今回の選挙戦の本質ですよね。
本質が分かれば立てるべき戦略も見えてきたのかもしれませんね。

投稿日時 - 2005-09-21 21:57:33

ANo.1

 こんばんは。

 どんな戦略を取っても無理だったと思います。

 なぜなら、スタートラインが違うからです。与党と野党が「よーい、ドン」で選挙戦をスタートしてませんから。

 与党(のうち自民党)は、参議院で否決されそうな情勢になったときから、候補者選びや選挙準備を始めています。それに対して野党は、不意打ちを食らった形で解散後選挙準備を始めてますから、ハンディキャップ戦みたいな物です。それも、強い方にハンデをあげているんですから、勝負になりません。

投稿日時 - 2005-09-20 22:33:51

お礼

ありがとうございます。
不意打ちをくらった野党にハンデがあったのでどんな戦略をとってもダメだったということですね。
逆に言えば、郵政民営化法案を否決に持ち込む時から選挙準備を進めておけばよかったということになるかもしれませんね。

投稿日時 - 2005-09-21 21:42:57

あなたにオススメの質問