みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

腕相撲が強くなりたいです!

カテゴリ違いかもしれませんが、とにかく腕相撲が強くなりたいです!トレーニング法でもあったら教えてください。でも僕はまだ中二で背もすごく小さいほうなので背が伸びなくなるようなきついトレーニングはしたくありません・・・・ご回答お願いします!

投稿日時 - 2005-09-15 21:57:35

QNo.1651821

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

トレーニングメニューを組むとすれば、最初のうちは体を慣らす意味で、懸垂、腕立て伏せ、スクワットの3種目を1~2日おきにこなすようにすればいいでしょう。リストカールと腹筋は毎日~1日おきに行います。

回数は限界の一歩手前までを×2~3セット。セット間の休みは1~2分です。ゆっくり丁寧にやるようにしましょう。

なお留意点としては、2セット目、3セット目は回数が減ってもかまいません。ちゃんとやっていれば減って当然ですから気にしないでください。筋肉が張ったり、熱くなっていれば大丈夫です。

また、懸垂も腕立て伏せも、どちらも肩に負担がかかる種目なので、懸垂→スクワット→腕立て伏せといった具合にして、肩の筋肉を休ませる時間を十分に取って行うことです。

なお、最初のうちはまともに回数がこなせなくても(1回もできなくても)問題ありません。そのレベルから始まる人は大勢います。差をつけるのはそこで止めるか続けるかです。

2~3か月して慣れてきたら、

月 懸垂 
火 腕立て伏せ 
水 懸垂 スクワット 
木 休み
金 腕立て伏せ 懸垂  
土 スクワット
日 休み

といった具合に鍛えます。ちょっと少ないのではと思うかもしれませんが、これで十分効果があります。

懸垂、腕立て伏せ、スクワット、いずれも週2~3回程度に減らしますが、その分セット数を増やしたり、休憩時間を短くすることで、しっかり追い込むようにしてください。
リストカールと腹筋は今までどおり毎日か1日おきに行います。

また、怪我の予防のために運動前後にはストレッチをきちんとやってください。そのほか基礎体力づくりに軽くランニングするのも有効です。

なお、筋肉をはじめとした体の成長には十分な休息が欠かせないので、最低でも週1日、できれば2日は休みをいれましょう。あまり意気込みすぎず、適度に肩の力を抜いておくことも大切です。
好き嫌いせずに十分な栄養を摂って、夜更かしせずに早く眠ることも大切です。

規則正しい生活を送ることは、勉強においても集中力をアップさせたり、上手な時間の使い方をマスターするのに役だちます。運動を生活の中に上手に取り入れていくようにしてください。

投稿日時 - 2005-09-20 14:23:24

お礼

ありがとうございます。この文を見るだけでやる気が出ました!

投稿日時 - 2005-09-20 22:03:31

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

いちばん使うのは上腕二頭筋(つまり力こぶの部分)です。ですが、それを支える前腕(手首付近)や、肩、背中の筋肉も強化しないと満足なパワーは出せません。

中学生ならジムなどに通うのは現実的ではないので、校庭や公園にある鉄棒での懸垂で鍛えるのがもっとも近道でしょう。

やり方は、順手(前回りの握り)で、握り幅は肩幅より広くしてあごがが鉄棒の上に出るところまで、ゆっくり体を引き上げます。体を戻すときも同じようにゆっくりやります。これを限界一歩手前までやりましょう。

急いでやると反動を使ってしまうので、回数はこなせますが、筋肉は十分鍛えられません。きつくても筋肉を緊張させ続け、ゆっくりやることがたいせつです。20~25回もできるようになればかなりのパワーがつくでしょう。

なお、逆手(逆上がりの握り)で、握り幅を肩幅程度にして行うと上腕二頭筋を特に鍛えられます。たまに混ぜるといいでしょう。

前腕は、水を入れたペットボトルをコンビニの袋にでもいくつか入れてリストカールをやります。手のひら、手の甲それぞれを上に向けた状態で、手首を上下させ、袋を持ち上げましょう。ひじは体側につけるか、腿の上に置くなどして固定して行うといいです。

それから、胸の筋肉も関係してきますから、こちらは腕立て伏せで鍛えます。手をつく位置をやや広めにして胸に刺激を与えてください。あわせて上腕三頭筋(力こぶの反対側の部分)も鍛えられます。

また、ある程度の踏ん張りがないとパワーを効率的に乗せられません。下半身全般を鍛えるスクワットをやりましょう。足を肩幅程度に開いて、腰を落としていき、太ももが地面と平行になるくらいまで落としたら、また上げていきます。慣れてきたら、水を詰めたペットボトルを入れたかばんを背負ったりして負荷を上げましょう。

基本的には、腕だけでなく、全身を満遍なく鍛えることが必要だと思ってください。

これらのトレーニング間隔は1~2日おき(前腕は毎日でもいい)。成長期というのもありますし、2か月~1年でそれなりの効果は出るはずです。
ちなみに、こうした自分の体重を利用したトレーニングを適度にやることは、成長ホルモンの分泌を促進するので、背を伸ばすにも一役買います。

なお、もっとも効果的かつ実践的なのは、やはり腕相撲を何回もこなすことです。負けてもいいので何回かやっていると力を入れるタイミングやコツがわかってきますから、成長を確認する意味でもときどき行うといいでしょう。

投稿日時 - 2005-09-16 10:23:35

補足

まずはご回答ありがとうございます。
以前僕がした質問でも大変お世話になりましたね(笑)それで補足なのですが、トレーニングのスケジュールを立てた方がいいのでしょうか?その場合どんな風に立てればいいですか??お願いします!

投稿日時 - 2005-09-16 20:29:11

ANo.1

 簡単ですよ!

 トレーニングは「腕立せ伏せ」一本でいいです。一日の量を稼ぐより毎日の継続が効果的です。バンドを使って引き寄せる練習もあわせて出来るといいかな。

 腕相撲はスタートでまず自分のほうに「引き込む」、「引き寄せる」のがポイントです。

 とえらそうに言いますが、腕相撲の選手でも何でもありません。でも自信あります。素人同士なら負けたことがないです。

投稿日時 - 2005-09-15 22:17:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
負けたことがないなんてすごいですね!!僕はいつも負けばかりで・・・憧れちゃいます(笑)
トレーニングがんばってみます。

投稿日時 - 2005-09-16 20:34:33

あなたにオススメの質問