みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イタリアとフランスとドイツの良いとこ悪いとこ

ヨーロッパの国が好きです。その中でもイタリアとフランスとドイツに興味がありこのうちのどれかの言語を学びたいと思います。一番気持ちが傾いてるのはフランスですがイタリアの人当たりの良さも好きです。また、私は英語も好きなので英語も通じるドイツもよいな~と思っています。もしドイツに留学したら英語も勉強も出来て一石二鳥だと思うからです(フランスとイタリアでは通じいことが多いと聞いたので)でも私はこれらの国の表面上のことしかしらないのでみなさんの意見を聞きたいです。それぞれの国の(もちろん一つでもいい)悪い点と良い点を教えてください。

投稿日時 - 2005-09-02 01:25:02

QNo.1620949

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

言語を学ぶ目的にもよると思いますが、好きだからその国でその土地の言葉でしゃべりたい!と考えているのであれば、実際に行ってみるのが一番いいかもしれないですね。

私はそんな感じでフランス語を勉強していましたが、ドイツ語にも挑戦したいと思ったところ、難しくて挫折し、イタリア語も、イタリア人に聞くとフランス語よりも文法的に難しいし、こんな小さい国の中でしか使えない(スイスの一部でも使えますが)から勉強しても意味ないよー、って言われたことがあります(日本語と同じ感じですね。しかもイタリアの方が人口も少ないし)。
そんな経験から、そんなに詳しいわけではないんですが、難しいながらもフランス語が一番勉強しやすいかな、と私は感じました。
何より、フランス語の響きが一番好きだから、って言うのが一番の理由なんですけどね。

以下はあくまでも私の印象ですが・・・

いずれの国も行ったことがありますが、日本人に一番マッチするのはドイツかも。個人的にはヨーロッパの中では日本人に結構近いかな、と思ってます。いろんな意味で信頼性は高いです。お話してみると、いい人は多いけど、ちょっとつまんないかな、って感じ。

イタリアはもう正反対!!ラジオをつけると朝からハイテンション!楽しくていいんですが、いい加減っぷりもかなりなもので、ちょっと疲れる感じです。でもおいしいものを食べたい人にはお勧め。イタリアンのフルコースは全然値も張らないし、本当においしい♪

フランスはどうなんだろう?洗練されている感はあります。かわいい洋服も安くてたくさん手に入るし、いろんな意味で住んでて困ることはなさそうです。ただ、かなりの個人主義で、議論も大好き!って感じなので(カフェに行くと、この人たち、何時間しゃべりっぱなしなんだろう・・・っていうお客さんをたくさん見ます)、自己主張の苦手な日本人とは根本的に違う部分も多そう。

ちなみに、おっしゃるとおり、ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイスの一部)では英語で問題ないことがほとんどですが、フランスではぼちぼち(外国語教育が選択制なので、英語を選択していない人も多い)、イタリアは厳しい感じです。
(ただし西ヨーロッパだと、空港や大きなホテル等、観光客が多いところは一般的に問題なしです。)

などなど、私もヨーロッパが好きなので長々と書いてしまいましたが、機会があればぜひご自分で実感されることをお勧めします!

投稿日時 - 2005-09-02 11:59:24

お礼

どうもありがとうございました。ドイツは日本人と性格が似ているとよくききますもんね。やっぱり悩みますね・・

投稿日時 - 2005-09-13 02:25:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ご専門(ご志望)は何学部ですか?

それによります。

大学行けば、英語と(ドイツ語やフランス語)は理系でさえ、とります。

あなたが文系志望であれば、3つとるべきではないでしょうか。これからは国際化社会ですから、日本の国語を基本にして。

投稿日時 - 2005-09-02 10:00:54

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2005-09-13 02:26:18

ANo.1

こんにちわ
役に立つ言葉と言う意味では3つの中からでは フランス語 ドイツ語 イタリア語の順位だと思います。理由は
1. フランス語は一応世界の共通語の中で英語に継いで  第2位と考えられる。
  フランス語は旧植民地(主に北アフリカ)でも使れているので、市場が大きい。
2. ドイツ語は英語に近いのでドイツ人は英語が達者な人が多く英語で切り抜けられるので
通訳、翻訳の市場がフランス語より狭い(統計で確かめた分けではないので感覚で答えています)但し、ドイツ語はオーストリア、スイスの一部でも使われています
3. イタリア語は使う頻度が少ない(市場が狭い)
4. これから覚える第2外国語でしたらむしろ中国語、韓国語の方がビジネスチャンスは広がるかも知れません。

投稿日時 - 2005-09-02 01:47:10

お礼

そうか~ドイツ語のほうがフランス語より活用性があると思ったんですがちがうのですね。そうかイタリアはちょっと使う機会が少ないのですね・役に立ちましたありがとうございました

投稿日時 - 2005-09-13 02:28:58

あなたにオススメの質問