みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

陰性症状?それともうつ?

統合失調症で通院して、ジプレキサとトレドミンを服用しています。
症状は幻聴・ニタニタ笑う・疲労感・倦怠感・無気力・死にたくなる気分・気分の落ち込みです。

薬を飲んだら幻聴や死にたくなる気分や気分の落ち込みは治ったのですが、
疲労感と倦怠感や無気力は治っていません。

死にたくなる気分や気分の落ち込みは統合失調症の陰性症状ではなかったのでしょうか?
それとも統合失調症の陰性症状だとしても
服薬したらある陰性症状は落ち着いたが、別の陰性症状は治っていないということはあり得るのでしょうか?

同じ陰性症状だとしても、死にたくなる気分や気分の落ち込みは治ったのに
倦怠感や疲労感や無気力は治らないというのはおかしいですから、
もしかして死にたくなる気分や気分の落ち込みは鬱病を併発していたと邪推してしまうのですが?

投稿日時 - 2005-08-17 19:45:43

QNo.1586378

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

統合失調症でうつ気味になることはありえますよ。
併発というのはちょっと大げさかも知れませんが。
不安なら主治医に相談して、抗鬱薬も追加してもらっては如何ですか?

投稿日時 - 2005-08-17 20:22:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

統合失調症の症状は大きく陽性症状の活発な急性期と
院生症状主体の慢性期に分けることができることは、
質問者様もおっしゃっているとおりだと思います。

質問者様の文章から推察するに、
質問者様自身が統合失調症に罹患されている
のでしょうか?
そうだとすると急性期の辛い時期を乗り越えて、
現在は表面的には少し落ち着かれているのかと思います。
統合失調症は、急性期には特に
現実的なものの認知や状況理解が
困難になる特徴が大きく、
薬が奏功して、陽性症状が治まり、
自分のしていたことを回りから聞いて
理解したりできるようになると、
そのことにショックを受けたり、
病気の自分を受け入れられない状態になることがあるようです。
精神的な病に限らず、自分が慢性的な病気に罹患して
それまでの生活を制限されるということを受容することは
相当困難を伴うことというのはよく理解できることだし、
そのことでうつ状態や、自信喪失から
死にたい気持ちになってしまうということも
あるのではないかなと思います。
とても苦しくて辛いことと思いますが、
病気である自分を受容して、
ありのままの自分が無理なく生活していく
ことのできる環境やスタイルを作ることで
少しずつ和らいでいく部分もあるのかなと思います。

もう一つ考えられることは、陽性症状との付き合いが長かった場合。
幻聴をはじめとする幻覚との付き合いが長い患者さんの場合は、
クスリによってその幻聴などが消えてしまったことで、
自分の一部を剥ぎ取られたような喪失感とか
不安感に襲われることがあるそうです。
今まであるのが当たりまえで、四六時中一緒にいると
認識していたものがなくなるのだから、
その喪失感を感じることも、当然のことと思います。
そのことに関しても、
外部に信頼できる相談相手やサポートしてくれる人を
できるだけたくさん作ることや、
環境的にストレスのそれほど多くない環境にするということが
不安感や気持ちの落ち込み、死にたい気持ちなどを
和らげる方法だろうと、
心理学的には考えられると思います。

投稿日時 - 2005-08-18 19:26:16

ANo.2

トレドミンは効き始めるまでに1ヶ月から1ヶ月半かかると説明書などに書いてるようですがもうそれぐらい服用なさっているのでしょうか?経過していなければ、もう少し待ってからでないと判断できないようです。

 もう、1ヶ月半以上経過しているなら、薬の副作用も考えられます。倦怠感、眠気、脱力感、傾眠、という副作用が報告されています。

投稿日時 - 2005-08-17 21:26:25

あなたにオススメの質問