みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ゴルフスイングにおけるイップス病について

私は、ゴルフをはじめて20年で、ハンデは11です。しかしここ5年ゴルフができません。
イップスになってしまいました。よくパットではイップスがありますが、ショットにおいていっぷすになり、バックスイング→トップポジションまではいくのですが、どうしてもダウンスイングが出来なくなってしまったのです。不思議なことに素振りは完璧に出来るのですが、ボールを打つとなると、とたんに症状がでてしまいます。この5年色々試行錯誤しましたが、いっこうに直りません。たまにぎこちなくダウンスイングができても、すぐにまた腕が下りなくなってしまいます。本当に悩んでいます。神にもすがるおもいです。ヒントをいただければうれしく思います。

投稿日時 - 2005-07-27 13:27:14

QNo.1541539

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

56人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

私も3年近く、同じ症状に悩まされました。。

私の場合、シャンク病が原因で、クラブが振れなくなってしまったのですが、ハーフスイングまではまともに打つことができたので、まずはできることだけを練習するようにしました。

徐々にフルスイングにもっていって、ミスが出始めたら、またハーフスイングから・・・の繰り返しです。

かなり時間はかかりましたが、おかげでシャンク病ともおさらばできました。

これは持論ですが、できないことを繰り返すということは、失敗の経験を積み重ねることになるので、悪いイメージが定着してしまうと思うのです。

ですので、イップスに陥った場合には、ムキになってできないことを繰り返さない方がいいのかなというのが、振り返ってみての感想です。

投稿日時 - 2012-05-06 17:03:55

ANo.13

私もここ3年ほどゴルフイップスです。 素振りやゴルフ練習場ではこの症状は出ないのですが、本番では特に長いシャフト、ドライバーをはじめとするウッド系や3、4番アイアンです。 ハンデは現在8です。
トップで左腕が固まってダウンスイングができない状況で、無理にダウンに入ると左手が固まったままなので、体の回転ができず、そのため右肩が下がりダフラないとしても、時にはとんでも無いひっかけボールとなります。
なので今では、イップスが出る前提でのフラットスイングにしています。 完治しませんが・・・
ゴルフはプレー以外にクラプ仲間との付き合いも楽しいことから、こんな有様でも続けています。
イップスに無知なお方は、スイング理論についてアレコレとアドバイスしてくれますが、本質的にはメンタル的なものと思い、スイング時の集中力を違う部分に持っていければとして受け入れています。 こんな状況でも時々30台もでます。 まずはゴルフプレーすることを楽しんでください。
現役イップスゴルファーより
 

投稿日時 - 2010-06-07 13:02:22

ANo.12

才能の問題でしょ。

投稿日時 - 2009-08-28 08:04:04

ANo.11

私も時々イップスにかかります。最初にかかったのは池越えの左足下がりの難しいライからのロングアイアンショットを池ポチャしたのが原因でしたが、それからドライバーFW、パット等々数回かかりました。今もFWとUTのイップスにかかっています。私の場合もあなたの場合もそこそこゴルフが上手いと周囲も認め自分自身も自負する一方(ほんとはたいしたことないのにね)それほど上手くないことも自覚しているところに原因があるのでしょう。いずれの場合も私の場合はゴルフはいつも通りのペース(1回/週)で続け、1年くらいで直りました。だから今回も1年ぐらいはかかるでしょうが、いずれ直ると信じてゴルフを楽しんでいます。イップスを直すのを楽しみながらクラブやフォームを変えていろいろやってみます。 お互いにそのうち何かの拍子に直ってしまうと言うことを信じて頑張りましょう。

投稿日時 - 2009-08-24 15:41:02

ANo.10

グリップの少し下あたりの重心を意識しクラブと身体のバランスを維持することだけを感じる

投稿日時 - 2009-05-11 10:45:59

ANo.9

私はイップスではないのですが、私の知り合いが極度のイップスで長年悩んでいたのですが、Dr.コーイチローさんにレッスンを受けられて、きれいさっぱり治ってしまいました。
今ではクラチャンまで取って、回りからは元へ戻れと言われているようです。
本人も今となっては笑い話として話しています。
最近Dr.コーイチローさんのホーム・ページが立ち上がったようです。なるほどと思うことがいろいろ書いてあって、イップス以外の人も参考になります。

参考URL:http://www.dr-koichiro.org

投稿日時 - 2007-02-10 23:35:27

ANo.8

自分も2年ほど前からイップスにかかってます。
競技に出始めて初めてレッスンプロに習ってから
ドライバーでダウンから降りてこなくなり始めました。
最初はドライバーのみでしたがやがてアイアンショットにも
症状が出てきてしまいました。
トップで生まれたての子馬みたいにぴくぴくしてしまい
身動きが取れなくなってしまいます。
試行錯誤して自分でいろいろやってきましたが
全く治りません。
コースで何も考えずに打ち始めると打てる日もありますが
練習場で打ってるとすぐに打てなくなります。
ゴルフなしの人生なんて考えられず絶望感の中生きてます。
感知された方良い意見を聞かせてください。

投稿日時 - 2007-02-08 12:38:17

ANo.7

私も同じ悩みを持ち質問しています。(QNo.2560252)
即効性のある回答はありません。言えるのは自分では治せないことです。適切なアドバイザーが必要です。私最初にイップスにかかったのは数年前です。横峯さくら以上のオーバースウィングで,黙っているとオーバースウィングになってしまう自分と,途中で止めようとする自分が葛藤しトップでスウィングが止まってしまいました。最初はコースでドライバーを打つときだけでしたが,すべてのフルショットに広がり,練習場でも出るようになりました。素振りの通りにボールが打てないのはおかしいと,御祓いや念力グッズにまで手を出しました。書物やインターネットでの体験談など様々な情報をあさり,たどり着いたのが,「日本ゴルフメンタルトレーニング協会」のホームページでした。私は今ここで矯正中です。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/0345369701/index.html

投稿日時 - 2007-01-08 20:50:06

ANo.6

息子さんとラウンドですかいいですね!!
私も5年前にゴルフを始めたばかりの息子と一度だけ回りました
その後息子は腰を痛めてしまいゴルフをやめてしまいました
(原因はゴルフではないのですが)

それまでは、一緒にビデオをとったり、お互いを批評したり
でしたが、今は、まったくゴルフの話は出ません

ゴルフを嫌いになったわけではなく、ゴルフ番組は時々見ているようです
でも、一緒に話はしなくなりました
ゴルフが出来ないのが悔しい気持ちはわかるのですが

UTAHIMEBOOさんとは条件が違いますが
身体が悪くてゴルフが出来ない方のことを考えれば
まだ、可能性が十分残っているだけ幸せだと思います
その幸せはご自分で切り開き、ご自分で掴むしかないと思います
ゴルフが好きなら、なんでもやってみてきっかけを掴んで欲しいと思います
ばかばかしい事でも意外にきっかけになったりするものです

早くラウンドできるようになられる事を祈っています

投稿日時 - 2005-08-02 01:00:47

お礼

ありがとうございました。
そうですね。。。
私には、まだ可能性がありますよね。
頑張ってみます。

投稿日時 - 2005-08-02 08:44:53

ANo.5

一打の差で予選を通過、一打の差で優勝
私のように楽しむゴルフでもバーディパットは痺れます。
プロなどは神経をすり減らしますね。
あなたの場合も一打が重いのでしょう。
シングルを目の前にすれば当然ですね。
スコアをつけずに、ただ漠然と打って入れる
アプローチもPGAのプロのように低く止まる球を遊び心で試したり、
ハーフセットで回ったり
余裕のあるプレーをすれば良いと思いますよ。

投稿日時 - 2005-07-28 17:35:29

お礼

ありがとうございます。
遊び心、大事ですね!

投稿日時 - 2005-07-29 17:57:22

ANo.4

追記です
ハイハンデイーの方がよく話されるのを聞きます
自分のハンでイーを守る事ばかり考えていると
却っておかしくなったとか

私の友人H4の方はH4では満足しない
俺はもっと上に行くのだからこんなもの(H4)にこだわらない
いいと持った事は何でもやって見るんだと

だから下手な私に自分のスイングをチェックさせたり
私の意見を真剣に聞いてくれ、その通りにスイングして見たり
3Wをプレゼントした時には流石にこんなクラブ使えねーよ
と言いました
でも、その友人のいいところは、そのクラブを使って見た事です
2年後に、月例にその3Wを使用したいがシャフトを折ってしまったなんとかならないかと電話をよこしました
私のクラブの選択の正しかった事を証明してくれたのです
私も、その友人に3Wをプレゼントしてよかったと思いました

先にアドバイスしました別のスイングを勉強される件ですが
やるとすれば、本気で最初からやってください
中途半端でやっても結果は見えています
今までの自分のスイングは捨てて、そのスイングをマスターして欲しいのです
その内に、ご自分の中の問題が自然に解決されると信じています

投稿日時 - 2005-07-28 01:36:15

ANo.3

自分の方法でやろうとすると潜在意識が出ます
この際、思い切って、新しいスイングを勉強される事をお勧めします

トップから一気にスイングする事を教えているのは
坂田信弘プロの「ショートスイング」です
肩の高さまで上げたクラブがクラブ自身のの重さで落下し始める
と思う間に左肩の高さまで(フィニッシュ)振り切れている

考える事は大切な事です
でも、考えすぎは健全な動作に影響する事があります

気分を変える為に(俗にリフレッシュと言います)
一度試して見てください

いつも申しますが
ゴルフダイジェスト社の発行で
書店で取り寄せてもらえます
正式なタイトルは「ゴルフ進化論」です
約3,000円かと思います

早く直してください

投稿日時 - 2005-07-27 20:46:19

お礼

ありがとうございます。
色々やってはみたのですが・・・・・。
最近、息子がゴルフを始めまして、一度でいいので一緒にラウンドしてみたいのです。
がんばってみます。

投稿日時 - 2005-07-28 08:53:05

ANo.2

何も考えてはいけません。
アドレスに入ったら2秒後にフィニッシュをい取って下さい。

自分の中で時間規制をすると良いと思います。
練習場で1分間に30発打って下さい。

これが出来なければ専門医にカウンセリングを受ける事をお勧めします。

投稿日時 - 2005-07-27 18:57:30

お礼

二秒後フィニッシュ、いいかもしれません!
早速、試してみます。
打てないかもしれない恐怖感が薄まる気がします。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-07-28 08:49:41

ANo.1

ゴルフは下手なのでアドバイスできませんが、私はバスケットで似たようなことを経験しました。
 試合前のシュート練習ではバシバシとリングに吸い込まれるのに、試合中になるとリングに届かなかったり、届かないことを意識するとオーバーしたりし始め、その後練習でも満足にシュートできなくなり、イスップ病と同じような症状になりました。
 その時に治すきっかけになったのが何のプレッシャーもない子供たちとの遊びのバスケットでした。単純に楽しむ、うまくなくてもいいと思えることである種のアバウトなプレーが出来るようになりました。
 自分が常にうまくなろうと目標を意識してプレーすることでうまくはなるのですが、体よりも意識が強いと体がついていけなくなるのが原因かなと思いました。意識しなくても練習で体が覚えていたドリブルなどはこんな症状にならなくて、ポジションを変えたいと長距離のシュートを意識して練習し、かなり出来るようになっても、体には練習量が足りず頭で考えていたように思います。

 こんな経験から結果への意識が強いとイスップ病になってしまうのではと思います。自分は楽しむことを第一にすることで克服できたと思っています。
いままで出来たことを意識からすてて、単純に楽しむ事を優先する事と、どうせ現状では上手くないのだからといった開き直りも必要でしょう。
 いままでの自分のイメージを捨てることはとても難しいことですので、会社のかたとかと行かずに、初心で楽しめるメンバー、下手でも許してくれるメンバーでプレーされることからはじめて見られてはと思います。

 この症状で同情されるとかえってプレッシャーに感じる方もいるようですので、がんばってとは言いませんし、がんばっても仕方のない事だと思います。
 ただの球あそびです。テキトーに楽しんでください。(^^//

投稿日時 - 2005-07-27 17:03:42

お礼

温かいお言葉、ありがとうございます。
テキトー(笑)にがんばってみます。

投稿日時 - 2005-07-27 17:41:43

あなたにオススメの質問