みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

教育学部音楽科について

国立(こくりつ)の教育学部音楽科をめざしている高校生♀です。

私はピアノを小さいころから習っているのですが、進度がかなり遅く、教育学部音楽科の実技試験レベルまで全然達していない状態です。なので、大体の教育学部音楽科の実技課題であるベートーベンのソナタはとても厳しいように感じます。

そこで質問なのですが、センター重視で、ソナタレベルまで要求されない大学はあるのでしょうか?
私の探し方が甘かったのかもしれませんが、私が調べた大学はどこもソナタレベルの課題ばかりでした。

やはり、このくらい弾けないと音楽の先生には、なれないのでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-27 02:15:02

QNo.1540850

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

小さい時から、習っていたピアノの進度の遅い原因は、なんでしょうか?

私は、ピアノを教えていますが、やはり音楽大学を目指す子は、小さい時から演奏にセンスがありますし、それに練習もきっちりしてくる子は、グングン上達します。

ピアノ以外の専攻で受験されるのでしたら、他の回答にもありますが、実力があれば、合格は可能かもしれません。

ピアノも諦めないで、1日何時間でも練習してください。
弱気なようなら、国立受験は、難しいですよ。

また、音楽の先生は、私立の音楽大学や音楽短期大学でも教職課程をとれば、資格は取ることはできますよ。
ピアノのレベルも学校によっては、ソナタまでなくても、十分受験可能です。

国立を出ても、音楽の先生にすぐになれるわけではありません。(現在は、音楽の授業数が減っており、音楽教師の募集も少ないです)

入学も大変ですが、入学後や卒業後も考えて、進路を考えてみてくださいね。

投稿日時 - 2005-07-27 17:49:41

お礼

回答ありがとございます。
小さいころからずっと趣味でピアノをやっていて、自分が教育学部音楽科に行きたいと思うようになるなんて全然想像していませんでした。
そして、私が目指しているのは小学校の先生なのですが、私の小学校時代の音楽の先生があまりピアノを弾いていなかった印象がある(CDなど)ので、それほどピアノは必要でないのかなぁと思っていました。

将来は教育大などに行って、他の教科の免許も取りたいと考えています。

入学後や卒業後も考えて、進路をじっくり考えてみようと思います。

投稿日時 - 2005-07-27 18:14:05

ANo.4

こんにちは。アドバイスになるかどうかわからないですが・・・。私の専門楽器は、エレクトーンです。音楽の専門学校に行っていました。YAMAHAの講師になりたくて。その学校にはピアノ科もありました。毎月東京芸大の先生方が楽典や声楽の授業に来てくださいました。あなたは演奏以外に、楽典やソルフェージュの勉強しっかり出来ていますか??もちろん聴音も!!
実技のレベルがあまり自信がなくても筆記の方で実力が出せるのならまだカバー出来ると思いますが、もしもあなたが楽典や聴音に自信がなかったとしたら、もし、大学に合格しても、大学生活を送るのは大変難しいと思います。
私の通っていた学校でも、演奏技術が。。という学生がいました。その子は楽典・ソルフェージュ・聴音が苦手で、いつも授業がその子の番になるとストップして、進まないんです。本人が一番そこを気にしていました。
私の音大に行っている友達の授業に出たことがあるんですが、全然レベルが違って、ショックを受けました。きっとほんとに大変ですよ。
あなたが師事している先生はなんとおっしゃっていますか?

投稿日時 - 2005-07-27 13:57:38

お礼

回答ありがとうございます。
楽典と聴音はやっていますが、声楽がこれからといった感じです。
実は私も以前、YAMAHAの講師になりたくてグレードをとっていました。初見がとても苦手で大変でした…。

投稿日時 - 2005-07-27 18:02:40

ANo.3

専攻(自分が一番自信がある実技)がピアノならソナタレベルの曲が弾けないと難しいです。
弦や管、声楽を主として入学するつもりならソナチネぐらいでも大丈夫でしょう。
教育学部は高い音楽性よりも歌が歌えて、楽器が弾けてという幅広い技術が求められます。
大学によってはピアノを主として受験する他に、ピアノ以外を主として受験できる所があります。その場合の課題曲はバッハのインベンションなどのソナタ以外もあります。

しかしNo.1さんもおっしゃっていますが入学後はピアノで苦労しそうですね。私がいた大学の教育の音楽科の1年後期ピアノ試験はソナチネアルバム、ソナタアルバムから任意の楽章、またはそれ同等の任意の曲でした。
もちろんピアノが苦手な人はいましたがソナチネを弾いている人はいませんでした。
教授の話によると数年前にバイエル終了程度で入学してきた声楽の生徒がいて凄く苦労したそうです。
ピアノの下手さをカバーできるほど他の得意とする楽器があるなら頑張ってみては…。

ピアノの単位は何処の大学でも多分必須なので試験をクリアできなければ卒業できません。進度が遅いそうですが1曲に何ヶ月もかけているようでは試験に間に合わないかも。それから卒業実技試験もあります。どんな楽器や声楽を選んでも卒業できるレヴェルにならないと卒業できません。

今は入学のことで頭がいっぱいでしょうが入学後のことも考えてみてください。例え入試に楽典がなくても入学後は楽典ができて当たり前のように授業が進みます、聴音がなくても出来て当たり前なのです。例えピアノを主とした試験で任意の曲という試験内容でもソナタぐらいは弾けて当たり前だと思ってください。

投稿日時 - 2005-07-27 11:27:03

お礼

回答ありがとうございます。

実技試験の曲であるソナタだけを背伸びして弾くことは可能なのですが、実際はソナタアルバムまで達していないので、入学後がとても不安です。
やはり難しそうですね。

投稿日時 - 2005-07-27 17:56:39

ANo.2

音楽の先生になりたいなら、受験そのものも重要ですが、
どのような先生になりたいのか、学校での音楽教育とは
何かなどを考えて、まず先生選びをすることが重要と
思います。従来、クラシック偏重だった初級、中級教育
現場もポピュラー音楽の取り込みなどを計っています。

ただ、それにふさわしい大学での音楽教育学や音楽社会
学の研究者、教育者が日本では少ないのが現状です。例
えば、数少ない中で、ポピュラー音楽を学校内外の若者
文化としてのビジュアル系文化一般の中からジェンダー
論をふまえて研究されている新進気鋭の先生もいます。
単に、奇をてらった付け焼き刃ではなく、ロンドン大学
で音楽教育学を研究した経験を基にしっかりした論考を、
研究論文だけではなく、分かりやすい一般向け著作も
(たとえば「いろいろな音をさがして遊ぼう」)発表さ
れています。

その方に限りませんが、自分なりにそのような先生を捜
して、それを目標に受験準備をするというような自己動
機付けをされるほうが先と思います。

受験対策は動機付けがちゃんと出来ていればあとからつ
いてくるものです。ちなみに、音楽教育学や音楽学を専
攻するならピアノの試験はあまり重要ではありません。
大学によってはピアノを課さないところもあります。そ
れでも、入学後に努力すれば音楽教師になれます。

まずは、動機付けで
す。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4189509256.html

投稿日時 - 2005-07-27 10:37:29

お礼

回答ありがとうございます。

私の小学校時代は、ポピュラー音楽の取り込みがされていなかったのですが、最近はされているようですね。

私は音楽のジャンルに関係なく音楽が大好きなので、これからもずっと楽しんでいきたいです。

投稿日時 - 2005-07-27 17:49:51

ANo.1

先ず、♀という記号は動物のメスを表す記号で、人間に使うべきものではありません。
今回はご自分で使われているから問題は無いかもしれませんが注意してください。

大学入試はゴールではなく大学教育のスタートに立つための試験です。
実技試験レベルとは「音楽の先生になるのに必要なレベル」ではなく、
「音楽の先生の教育を受けるのに必要なレベル」と認識してください。

本気で音楽の先生になりたければここをセンター重視等で逃げることはお勧め出来ません。

投稿日時 - 2005-07-27 02:41:12

お礼

回答ありがとうございます。
すみません。。。注意します。

投稿日時 - 2005-07-27 17:34:45

あなたにオススメの質問