みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ロシアの治安

この夏、モスクワ、サンクトペテルブルグ、イルクーツクなどの観光をする団体ツアーに参加を考えています。しかし、チェチェン情勢や治安のことを考えると、モスクワで地下鉄に乗ったり、サンクトペテルブルグで劇場に行ったりするので、テロとか心配です。
飛行機の搭乗や劇場などでのセキュリティーや地下鉄での安全確保など・・・最近行かれてきた方やそちらの治安に詳しい方ご意見をお聞かせ下さい。

投稿日時 - 2005-07-21 21:44:05

QNo.1529273

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

モスクワ在住の者です。ペテルブルグにも何度か滞在したことがあります。

他の方々も仰られていますが、そこまで不安に思う必要はないと思います。他の外国に比べて、ロシアが特別治安が悪いとか、そのようなことは決してないと思います。

地下鉄もキョロキョロしたり大声で騒いだりなど、目立つ行動をしなければ、特に危ないことはありません。私は毎日乗っていますが、危ない目にあったり、見たりしたことはありません。

デパートや劇場のセキュリティもきちんとしています。入り口にガードマンがいて、金属探知機で持ち物チェックをしますし、テロよりはスリなどを警戒した方がいいと思います。

また、街頭での警察官による職務質問ですが、#3さんも書かれている通り、不良警官による賄賂要求は今でもあるようです(減ってきてはいます)。ただし、ビザ、パスポート、滞在登録がきちんとしてあれば、ほとんどの場合問題なく解放されます。賄賂を取ろうとするのはほんの一部の警官です。

治安については、夜間外出をひかえるとか、危なそうな若者集団に近づかないとか、危険そうな場所に行かないとか、そういう基本的なところを守っていれば、団体ツアーで行かれるということですし、そこまで心配する必要はないと思います。

あと、ロシアでは観光地であっても、英語がほとんどといっていいほど通じません。最低限のサバイバル会話ぐらいは覚えていったほうが、旅行も楽しめると思います。

#3さんとかぶってしまうのですが、小額紙幣&コインは必須です。大きなお店でも、おつりがないことがありますから、できれば100ルーブル札以下(最悪でも500ルーブル札)を常備しておくことが大事です。

いろいろ書きましたが、まあ、治安についてはそんなに心配することないってことですね。それよりも空港で何時間も並ばされるとか、建物がいきなり閉まっているとか、そういう危険の方が多いです。

旅行楽しんできてくださいね(^0^)/

投稿日時 - 2005-07-23 03:44:33

お礼

一般的な犯罪や、共産圏の名残りのようなトラブルにむしろ対策をということですね。実践的で貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-23 06:18:42

ANo.3

 一般的な地球上の何処であっても起こりうるような、空港から白タクを利用してぼったくられたり、混雑している場所でのスリ、置き引き等、これらは注意して行動することで犯罪を予防できますが、現在最新のロシア事情としては「警官」によるゆすり、たかり等の旅行者にとっては不可抗力の事態が時として起こることです。国家権力を背に銃を携行し、市民の安全を守るべき者が簡単に日銭を稼ぐための犯罪行為をごく日常的に行い、場合によっては最も厄介なゴロツキと化している現状があります。モスクワ中心部が最もひどい状態で、観光名所や街中、主要駅周辺などには巡回中の警官は必ずいますが、もちろん全てが悪徳警官というわけではなく(全体の3割位が悪徳警官だと思います-多い!)また、たとえ悪徳警官にぶつかったとしてもパスポートとビザにさえ具体的な不備がなければ、“合法的にゆする=罰金を取る”ことは出来ないので、警官を見て妙にビクビクする必要はありません。警官はまず外国人と思わしき人物を見つけると「パスポート、ビザを見せろ」と言ってきますので、警官の姿を見たら目をそらしたりせず自分から堂々と彼らに向かって行きましょう。(目をそらしたり、無視して通り過ぎようとすればとそれだけでいきなり護送車に連行されます-私は実際に2度連行されました!護送車の中では中近東系の若者が数人の警官になにやら尋問されていました)モスクワの中心部を徒歩で観光していると、1時間に5~10人くらの警官に次々とこの手の職務質問を受け、観光どころではなく、うんざりしてしまいますがこれが私たちの知っている西側先進国とは異なるロシア(ここ最近)の現状だということを認識しておいてください。外国人への職務質問は警官の正当な職務?なので、実際にはきちんとパスポートを見せればそれで終わり、というのがほとんどです。
と、多少脅かすようなことを書いてしまいましたが、これはロシア語に不自由しない日本人の男が単身で何処へでも個人旅行して、実際にはビザに不備などもあったりした場合のモスクワ中心部のみに限った私個人の体験で、通常の団体旅行者には当てはまらないこともあります。最近では現地で警官らの行動を注視する余裕も出てきて、彼らの行動を見ているとやはり団体それもロシア人のガイドが付いているような場合に前述のパスポートチェックをやっているのを見た試がなく、単身者を狙う傾向にあります。この場合ドイツ人観光客や北欧人観光客は自国民と見分けがつかない場合もあるため、やはりなんといっても最大のターゲットは、言わずと日出る国からの観光客です。また、ルチノイ駅(空港に最も近い地下鉄駅)という場所で、多数の警官が行き交う人に職務質問をしていた際、当然自分は職務質問されるだろうと思っていたところ私には全く興味を示さないので、この警官らの行動をずっと見ていたのですが、対象が女性のみでそれも僅かに中近東系の濃い顔立ちの人にターゲットを絞って職務質問していました。明らかにチェチェン紛争の影響だなと思いました。

ペテルブルグは留学で9ヶ月暮らした私の体験ではこうしたことは一度もなく、夜中公園でマラソンしていても道路脇で一晩寝たときも、その後旅行で5回訪れても警官からの職務質問や何かの犯罪に巻き込まれたなど一度も経験していませんので、団体旅行でホテルからエルミタージュやボリショイやマリインスキー劇場などを観光するようなルートでは全く心配は無用と思われます。

イルクーツクは最後に訪れたのが9年前なので今はどうなのか分かりませんが、アンガラホテルかインツーリストホテルに泊まって街中を見て、リストビャンカに行ってバイカル湖を見て、といった観光ルートを団体で行うのなら心配は無用です。
ちなみにイルクーツクは金沢市と姉妹都市関係で、市長の息子さんは日本の金沢大学に留学経験を持ち、街中に「金沢通り」という道路もあるんですよ。
昔のイルクーツクのガイドブックには「シベリヤホテル」というのが掲載されていたのですが私が訪れた時、黒こげに焼失した直後で中から中国人数人が焼死体で発見された放火殺人であると現地のロシア人から聞きました。市場の奥の方には中国人の貧民街のような所があって一部のロシア人はこれら中国人を毛嫌いするきらいがあり「中国人はたまに殺される」とか普通に!話してくれました。「中国人と間違われないように!」「日本人のことを嫌っている者はいないので、ロシア人となにかトラブッたら日本人であることを話すのが良い」という忠告もロシア人から受けました。

モスクワで私を護送車に連行した警官は、私が日本人であることが分かり、その後私がアルバート通りに行きたい旨を伝えると、一緒に案内してくれてなんと缶ビールを一本くれました。本当にいいヤツでしたよ。正に警官にあるまじき者ですが、これもまた「ロシア」というものなんでしょうね。
夏は思ったより暑く、また市中にはトイレが少なく有料ですから小銭(ルーブルの小額紙幣)は必ず持って観光した方が良いと思います。ここまで書いて矛盾しているかもしれませんが、ロシアは一般的に考えられているより治安は良いですよ。剣の極意じゃないですけど、ビクビクせず相手の懐へ踏み込むんですよ。

投稿日時 - 2005-07-22 16:09:01

お礼

テロに遭う確率より、悪徳警官や外国人排斥行動に会う確率の方がはるかに高そうですね。貴重な情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-23 06:08:29

ANo.2

テロについては自分で未然に防げる種類のものではないので、
旅行者がどれだけ心配したところで起きてしまうものは起きてしまいます。
極論を言えばテロが怖いなら旅行を取りやめる、
ロシアに限らずどの国に行くときでも
それくらいの気持ちは持たれていたほうがよいかもしれません。
日本が安全というわけではないですが
やはりよその国に比べれば治安はいいですからね。

それとは別に旅行に当たっての
ロシアの治安全体について感じる事を書きます。

例えばモスクワの地下鉄、
分からなくても普通の市民らしく「ふるまう」ことです。
キョロキョロしていたらいいカモです。
知らない土地へ行くと不安で落ち着かなくなると思います。
きょろきょろするのは分かります。
が、ここでひとふんばり。

その代わりの街の地理は行く前に徹底的に頭に叩き込みましょう。
団体ツアーで行かれるとのことなので
ガイドブックに載ってる範囲の地理で十分です。
有名な建物、場所が分かってるだけで方向感覚がつかめます。

あと大人数でわいわいがやがややってると
目を付けられやすいというのはあるみたいです。
私は一人でぶらぶらしていることが多いせいか、
変な目にあった事は少ないですが、
知り合いの話を聞くと数人でわいわい喋りながら
地下道歩いてる時などに絡まれたりしたそうですよ。

ロシアなので、テロそのものよりも
説明なく突然建物が閉鎖してるとか、
日本ならあり得ないわけの分からない状況に陥ることの方が
多い気がしますので、理由が分からなくても
どんと構える気持ちを持っていかれた方が
テロの心配をするよりもいいと思いますよ。

投稿日時 - 2005-07-22 00:05:34

お礼

テロより、もっと起こりうる諸々のトラブルの方がむしろ注意喚起が必要とのこと。参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-22 05:21:34

ANo.1

テロですか?テロはどこで起こるかわからないので、心配しても無駄です。

テロで死ぬ確率と、交通事故で死ぬ確率は、交通事故で死ぬ確率の方が高いと思うのであまり気にしてもしょうがないですよ。それに日本にいたってテロに巻き込まれる可能性もありますので。

もちろんイラクとかイスラエルとか、テロの危険度が以上に高い国に行くのならば問題外ですが、ロシアは特別テロの危険が高いわけではありません。

結論は、テロは防ぎようがないので、気にしない、ということです。

投稿日時 - 2005-07-21 21:48:50

お礼

おっしゃるとおり、どこにいても、テロに巻き込まれたり事故が起こる確率はありますね。ロシアは特別テロの危険が高いわけではありません、とのことも参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-22 05:17:07

あなたにオススメの質問