みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シマノやダイワのゴアテックスのレインスーツは?

前に http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1470405 で質問したものです。その節はありがとうございました。
やはりゴアテックスのレインスーツが欲しいのです。ネットオークションでシマノやダイワが比較的安いですが、モンベル、ノースフェイス等のアウトドアメーカーが作るのと品質(性能?)に違いはありますか?特に透湿性や防水性に。
あとリョウビが格安でありましたが買っても大丈夫なんでしょうか?1万円以下で新品が出てるのでとっても魅力的ではあるんですが・・・。

用途は山ではなく、雨の中の作業に使います。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-07-20 14:52:27

QNo.1526095

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ゴアテックスは各メーカーがゴアテックス社の厳しいシャワーテストを受けてそれに合格しないとゴアテックスのマークをつけられません。

つまり、ゴアテックスのマークが付いていればほぼ防水・透湿性能は保証されていると考えていいと思います。

あとはゴアテックスにも種類がいろいろあります。
使用用途に合えば、メーカーはどこでも大丈夫ですよ。

投稿日時 - 2005-07-20 15:32:16

お礼

ありがとうございます。
安心しました。

投稿日時 - 2005-08-02 06:50:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ゴアテック素材自体は シマノ・ダイワ・リョウビなど販売メーカーが作っている訳ではなく 繊維メーカーが ゴアッテックスのライセンスを元に製作した生地を仕入れ 作っています ですから 透湿性能は
製品についているゴアテックスのタグ(XCRやパックライト)で どんな性能か判断出来 タグが同じなら 販売メーカーが違っても ゴア性能は同じです

但し ウエアーの作り 形状(出来栄え)や縫い方、縫い目の処理に違いが出るでしょう
実物を見て 特に裏の 処理や着心地を確認できれば
安い方が得ですね

リョービの価格が魅力的です!
釣具メーカー品はやはり 釣りをしない人には 手を出し難い様ですね 登山用に比べると やはり少々重くがさばります 作業用にはかえって 釣り用の方が向いてるでしょう 狙い目商品です。

余談ですが 初期のゴアテックスが一番透湿性能高く
ゴアのテント(通気性最優先)などに使われています。 最近は薄く・軽く・ストレッチ性など ゴアが好まれる様ですが 転んだら一発で破れそうで 作業用には もったいないかな?
丈夫なゴアは 生地が固く ゴアゴア(しゃれではなく)着心地良くないです こんな感じで
実物確認してみて選択してみて下さい

投稿日時 - 2005-07-21 12:36:50

お礼

ありがとうございます。
旧ゴアの方が良いとは思いませんでした。オークション8000円行かないで終わってしまいました。入札はしなかったです。もったいないことしましたね。
また安いのが出るのを待ちますね。

投稿日時 - 2005-07-22 22:26:37

ANo.3

#2のものです。補足です。

少しシマノの雨具を調べてみましたが、
袖口がネオプレーンのような(ウェットスーツ素材)物で作られて言うようですね。

もしお使いのシュチュエーションが腕を上げての作業が多いのでしたら、このような袖がベストだと思います。

投稿日時 - 2005-07-21 02:13:25

お礼

ありがとうございます。
腕を上げての作業はあまり無いです。手を首くらいまでの高さにはたまに上げますが。

投稿日時 - 2005-07-21 06:43:51

ANo.2

#1の方がおっしゃっているようにゴアテックスのレインウェアとして売られている物でしたら一定のクオリティをクリアしています。
つまり正しい縫製、シームシーリング(縫い目止め)、構造をしているということです。

しかしそれでも違いは出てきます。

(1)ラミネート生地の違い。
山でなく作業でお使いとのことですが、ゴアテックスはラミネートする生地によって強度、透湿性、耐水性が変わってきます。
一般的に登山メーカーの物は軽量化を求めてリップストップナイロンとという薄い生地に格子状に強い繊維を入れて軽くても引き裂きに強くした物を取り入れていたりします。
強度で言うとタフタと呼ばれる均一な生地のほうが日常的な摩擦や汚れには強い気がします。
透湿性や、耐水性の差は基本的なゴアテックスのスペックを下回ることはないので、普通に使ってる分には体感できない程度です。

(2)つくりの違い
僕はこれが一番大きいと思います。
山メーカーの雨具は何よりも動きやすさを考えて作られています。よって軽量で手足を動かしやすく作られているのが多いです。
また、シルエットも釣具メーカーのほうが重ね着(着膨れ?)を考慮してかゆったりしている物が多く感じます。
そして、肝心なのはフードと袖とファスナーです。
どんなに生地がしっかりしていてもここの作り次第で水は容赦なく進入してきます。
僕はモンベル、TNFの雨具を使っていますが、フードに関してはモンベルが逸品です。
双方ともファスナー部分には折り返しなどがしっかりありますし、袖にはベルクロとゴムで水の浸入をしっかり防げます。ゴムだけの物はやめたほうがいいですね。

細かいところで言うと、ファスナースライダーが顎にあたらないようになっているとか、フードの調節が片手で出来るようになっているとか、ヘルメットをかぶっても視界が確保できるとか、フードが三方向に調整できるとか、腕を上げても裾がでないとか、オーバーヒートしたときにポケットがベンチレーションになるとか・・・

列挙するときりがありませんが、山メーカーの物はよりシビアな状況での使用を前提にしているので、日常で使うときでもより快適です。「安物買いの~」にならないために安い物は買わないほうが良いと思います。

長くなってすいません。

参考URL:http://www.montbell.com/japanese/products/function/system/index.html

投稿日時 - 2005-07-21 02:01:48

お礼

ありがとうございます。
やはりモンベル等の作りはかなり違うのですね。モンベルのレインスーツが欲しくなりました。お金貯めないと・・・。

投稿日時 - 2005-07-21 06:42:24

あなたにオススメの質問