みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

青年海外協力隊の理数科教師として

現在高2です。大学は理数系の学部に進学を希望しています。
大学卒業後に青年海外協力隊の理数科教師として参加したいと思っています。
日本での就職のことなどをまだ,考えてはいませんが,青年海外協力隊に参加したいという気持ちが漠然とあります。

数年後,理数科教師という派遣項目はあると考えられますか。
仮に派遣されたとして,派遣後はどのような職業が向いているでしょうか。

また,青年海外協力隊に限らず,発展途上国などに教師を派遣するようなことをやっている団体はあるのでしょうか。

青年海外協力隊に参加したことのある方(理数科教師ではなくても)や,そうでない方,情報をお持ちの方,どなたでも結構ですのでアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-07-10 23:55:16

QNo.1504980

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

理数科教師の派遣は、青年海外協力隊の1つの目玉でもあります。特に、アフリカへは多くの理数科教師隊員が派遣されていますし、フィリピンでは協力隊員がグループで派遣され、現地の理数科教師の方々に対し、実験などの仕方を教えたりしているようです。

理数科教師の要請は多いので、実際には、大学を出てすぐに派遣されている人も多いです。ただ、No1の人もおっしゃっているように、現地で苦労する人もいるみたいです。

また、理数科教師隊員の派遣前に、日本国内の訓練所で英語を教えた英語講師も、以下の問題点を指摘していました。
1.教師経験がない 2.英語ができない 3.専門知識がない

3の専門知識がないというのは、正確に言うと、専門知識が狭いということです。派遣先は中学等が多いので、理数科の幅広い知識が必要ですが、大学はどうしても理数科のうちのひとつの狭い分野を専攻し、それを学ぶことになります。

私は、No1の人とは違い、必ずしも社会人になってからではなく、大学卒業後即(あるいは大学在学中)の参加もいいのではないかと思います。
ただ、上記の3つの問題点を考え、教職免許を取り、教育実習や、あるいは塾などで、教える経験をする。理数科の幅広い知識を持ち、それをわかりやすく教えられるようにする(塾でも、あまりできない子に教える経験が役に立つかも)。英語力をつける。ということを、在学中にしておいてほしいと思います。

私自身も協力隊経験者です。理数科ではありませんが、日本語教師ということで、同じ教師。社会人経験はありましたが、教師経験は教育実習(社会科)、家庭教師ぐらい。日本語教師歴はボランティアでもなしという状態でした。協力隊経験自体はとてもいい経験でしたが、確かに日本で日本語教師の経験をつんでいたほうがよかったなとは思いました。

ただ、未経験の人、また大学在学中、大学卒業後即参加の人でも、いい仕事をしている人もたくさんいました。また逆もあります。だから、一概には言えないと思っています。

NGOは、あまり詳しくはわかりませんが、協力隊以上に即戦力が問われるんじゃないかと思います。協力隊の場合、国内で3ヶ月弱の訓練、また専門分野についての保管研修などもあります。さらに、現地にも事務所があり、いろいろ相談や健康・安全管理面でも、ある程度頼れるところがあります。日本のNGOではそこまでのことをしているところはないでしょう。教師に関していえば、それこそ学校立ち上げからかかわったりするケースもあるかと思います。

ところで、「派遣後はどのような職業が向いているでしょうか」の、「派遣後」は日本に帰ってきてからという意味でしょうか?
派遣後の就職の安定を考えるなら、教師になってからの参加のほうがいいと思います。「現職参加」という制度があり、帰国後も元の職場に復帰できます。
大手の民間企業でも「現職参加」が可能なところもあります、

ただ、途上国で2年間住み、何かをするということは、それまでの考えをガラッと変えることもあります。それまで国際協力とは縁のなかった人たちが、帰国後、そういう業界に進んだり、大学や大学院で勉強をしなおしたりという例は多いです。だから、いまから、「派遣後」を考えることもないかと思います。

青年海外協力隊も1つの進路として頭に置きつつ、No2の人が書かれているように、NGOにかかわったり、理数科教師になるためのいろいろな勉強、そして協力隊にしろNGOにしろ必要となる英語やそれ以外の外国の言葉の勉強などを、ぜひ、在学中に学んでください。そのなかで、自分がやりたいこと、進みたいことが見つかるでしょう。

参考URLは協力隊を派遣している国際協力機構(JICA)のHPです。いろいろ参考になることが見つかると思いますよ。

参考URL:http://www.jica.go.jp/Index-j.html

投稿日時 - 2005-07-14 11:08:58

お礼

お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
経験者からの回答,うれしく思います。
まだ,漠然と考えているというのが正直なところなので,色々と調べて考えて見ます。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-07-18 15:08:42

ANo.2

質問者さんは、海外青年協力隊のお仕事を
したいのでしょうか?
それとも理数科の教師として途上国に貢献
したいのでしょうか?

もし後者でしたら、公立学校の教師になって、
事業の一環で派遣ということがあります。
確か親(教員です)の同僚でそんな方がいらっしゃいました。

他にも教師として派遣を行なっている団体はあります。
高校生であるなら、大学生になって自由な時間が
出来る頃になったら、何かしら海外ボランティアに
参加してみる、もしくはNGOでアルバイトなどを
してみてください。
そこで自分の将来につながるような団体、
情報と接点ができるはずです。

前者でしたら、1の方がおっしゃってるように
海外青年協力隊は即戦力が問われますし、
社会人としての経験が活きてくるので、
あせらず一度社会に出てみてください。

ちなみに私は参加したことはありませんが
現在私の友人(イギリス大学院卒→海外でボランティア活動
→日本帰国後ユニセフ等でアルバイト→海外青年協力隊)
が派遣されています。
市役所で現地の人の教育プログラムを行なっているそうです。

大学で学んでいたのがが国際援助の分野であったため
友人の多くが同分野で働いています。
私も高校生の頃、国際援助といえば海外青年協力隊
くらいしか思いつきませんでしたが、
一般企業に勤めることも含め、国際援助につながる道は本当に数多くあります。

頑張って下さい。

投稿日時 - 2005-07-12 11:52:55

お礼

お返事大変遅くなりまして申し訳ありません。
たまたま,青年海外協力隊のことをしったので,青年協力隊に限らず,理数科の教師として途上国で仕事をしたいと思っています。
色々と考えて見ます。
情報ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-07-18 15:03:52

ANo.1

基本的に青年海外協力隊は即戦力を求めていると思います。途上国での仕事であり、適応できない人も少なくありません。
できれば学校を出てすぐよりも、いろいろと社会経験を積んでから参加することをお勧めします。仕事の仕方を知らない人よりも、仕事ができる人のほうが望まれていますし、なにより苦労するのは自分自身です。
協力隊の制度は20歳~69歳までメニューが揃っていますので、焦る必要はありません。協力隊参加をゴールとするのではなく、いろいろと自分の可能性を広げることが得策だと思いますよ。

私自身協力隊に参加しましたが、今思えばきちんと仕事をして社会を見てから参加したほうがいい活動ができたと思います。
卒業後すぐが悪いというわけではありませんが、やはり生徒たちのことを考えると、社会経験は非常に大切だと痛感したので書きました。

投稿日時 - 2005-07-11 23:10:28

お礼

お返事大変遅くなりまして申し訳ありません。
経験者の方からご投稿をいただけてうれしいです。
経験が大事ですか。確かに日本人にさえ教えた経験のない人が異国の人には教えられませんね。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-18 14:33:27

あなたにオススメの質問