みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株主、保証人より企業の方が立場が上なのでしょうか?

日本は、米国のドルの安定の為に買い続けていますよね?たしかにドル安定は日本にとってもプラスになる事があることがわかります。その他に韓国のIMFの保証人、中国への投資などがありますがたとえそうすることが日本のプラスになると言うことが仮にあっても投資者が投資先より下で頭を下げているのが分りません。バブル期の銀行みたいです。それとも要は脅されているだけなのでしょうか?教えてください。

国と国どうしでは一緒に出来ないかもしれませんが、日本の投資が各国の軍事維持に使われているとしたらそれこそ、憲法違反であると思います。日本の隣国に対する防衛のためや日米同盟のために止めることが出来ないのであればそれを防衛予算に組み込むと世界一の軍事大国のような気がします。矛盾を考え出すと平和(非武装)イコール安全(軍隊)ってなんなんですか?極端な事を言っていますが違うよこうだよって事があれば色々是非教えてください。今、世界の植民地だったアジアが対立し、世界の侵略国だったヨーロッパが一つになろうとしています。普通は逆だと思います。それともアジアは一度ヨーロッパに仕返ししないと一つになれないんですかね?

投稿日時 - 2005-07-05 12:42:28

QNo.1493117

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>今、世界の植民地だったアジアが対立し、
>世界の侵略国だったヨーロッパが一つになろうとしています。
>普通は逆だと思います。
 ヨーロッパは元々、一つの領土のようなものであり、分裂併合を繰り返し、国王も同じ家系から各国に散らばるようなところです。感情的・感覚的な抵抗は少ないでしょう。
 一方、「アジア」はアラブ、中央アジア、東アジア全て異なる文化圏です。特に極東から東南アジアの東アジアは早くから国家(らしきもの)が成立し、対立してきた地域です。かなり感覚的な違和感があるでしょう。

>投資者が投資先より下で頭を下げているのが分りません。
 こういう疑問が普通に出てきたことが、日本がこの「自虐外交」「謝罪外交」とか、米国のイメージ調査で「クラゲ」「パンダ」と何を考えているか分からないという状態から脱皮している途中ということだと思います。
 長い間、共産主義系の考え方が特にマスコミを中心として席巻していました。その間、批判のための批判、自虐のための自虐を行うことが、日本人の中で自分だけが美しいというナルシズムとなっていったのです。謝って金払ってということがそのナルシズムを満足させていたのです。
 特に中国は(天安門事件でなくなりましたが)大きく日本の世論を動かす影響力がありました。中国に文句を言われると世論が動いていた時代があったのです。今はみんなむかつくだけでしょうけれど。

>矛盾を考え出すと平和(非武装)イコール安全(軍隊)ってなんなんですか?
 よく言ってることが分かりませんが、非武装=平和=安全という考えは、昔のものでしょう。今ごろ言っている人は変わり者です。日本も現実を突きつけられて大きく変化しています。非武装では平和は守れないということは常識としてようやく認められたと思います。これも、非現実的なナルシズムの産物だったのでしょう。

投稿日時 - 2005-07-05 13:54:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問