みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

軽自動車の製造会社について教えて下さい

毎日運転はしてるのに、今さらながらの疑問で恥ずかしいのですが、、、。
日産やトヨタって軽自動車は作ってないんだっけ? と思って先ほど「軽自動車 会社」で検索してみたら、
「スズキ、スバル、ダイハツ、マツダ、三菱自動車」
と出てきました。軽自動車って、この5社だけで製造販売してるんでしょうか?
この5社しか作っていない理由って(前身とか)なにかあるんでしょうか。もう十分ということで他の大手は作ってないんでしょうか? そもそも根本的な違いといったものでもあるのかな? と首をひねっています。
どなたか難しくない説明をして下さると嬉しいです。

投稿日時 - 2005-07-04 21:57:06

QNo.1491998

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

簡単に言ってしまえばトヨタや日産が軽を開発販売しても
開発費、生産に掛かる設備投資に対して利益が合わないから
自社生産しないのです。

それに対して、現在軽を生産販売している5社の場合は
スタートがバイクだったり軽自動車でスタートしている会社が
多いのです。
スズキ、ホンダ、ダイハツなどは軽発売以前はバイクやオート三輪を
作っていましたのでエンジンなどの製造ラインはバイクのラインを
流用できましたし、スバルは最初は1500CCの高級車からスタートしようと
していたのですが、トヨペットクラウンと競合すると言うことで
断念して軽自動車からスタートしています。
マツダも昔からトラック等を作っていましたが、昭和30年代に
軽自動車の方が売れると判断して軽自動車生産に参加しています。
三菱も同様ですね。
それに対して、トヨタ、日産は戦前からトラックや普通乗用車等を
製造していましたので、既存の生産設備は全て普通自動車用の設備しか
ありません。
それと、この2社は昭和20年代後半から30年代の頃は技術提携によって
オースチンなどの外車のノックダウン生産から再スタートしていますので
最初から軽自動車には興味が無かったと思います。
このような理由で戦後の復興期にどのサイズの車を製造するかと言う
判断がその後の主力生産車種に大きく影響していると思います。

スズキは最近まで自ら軽専業メーカーと言ってるくらいですので
普通車サイズの車を作るのは基本的に苦手です。
あまり大きなサイズの車を作るだけの生産設備が無いんです。(特にエンジン)
普通車を作る設備を新たに作ろうとすると何億円(場合によっては何十億)
もの設備投資が必要ですからね。
組立ラインを1本作れば生産できるって物ではありません、
場合によっては工場を1つ新たに作る必要も出てきます。
現行のエスクードは解りませんが、初代エスクードのV6エンジンは
マツダから供給してもらっていました。

投稿日時 - 2005-07-05 01:27:54

お礼

たいへん解りやすいお答えをいただいてありがとうございます。前の方のお答えも併せて、理解がすすみました。とても勉強になりました。

ひとつお訊ねしたいのですが。どなたかお手すきの方教えて下さい。

>オースチンなどの外車のノックダウン生産

これは、「部品で輸入して日本で組み立て、販売」、「日本で組み立て用の部品を製造して輸出」の、どちらの意味でしょうか。前者だと思うのですが、、、何も知らなくてすみませんが、ひとつ、ご教示下さい。

投稿日時 - 2005-07-05 18:08:04

ANo.12

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

#12です。
本題から外れてしまうのですが、追加の質問がありましたので。

>>オースチンなどの外車のノックダウン生産
>
>これは、「部品で輸入して日本で組み立て、販売」、「日本で組み立て用の部品を>製造して輸出」の、どちらの意味でしょうか。

前者の「部品で輸入して日本で組み立て、販売」です。
現在の日本の自動車開発力、製造販売力からは想像もつかないことですが、
昭和20年代から30年代に掛けての、日本の自動車産業は世界の3流国でした。
自社でゼロから乗用車を開発できるだけの技術力も無かったのです。
そこで自動車メーカー各社は、オースチン、ヒルマン、ルノー等の当時の
一流メーカーに頼み込んで技術提携をしてもらい、代表車種のノックダウン生産から
再スタートしたのです。
最初は部品を輸入して国内でアッセンブリーすると言う、完全なノックダウン生産で
スタートし徐々に技術力をつけて行き、部品も国内で製造するライセンス生産へ
シフトしていきます。
自社開発の乗用車を作れるようになってきたのは、昭和30年代後半くらいから
でしょうね。
それ以前にはまともな乗用車で自社開発で製造された車は昭和33年発売のクラウン
位だけでした。
(同時期にスバルはクラウンに十分対抗できるくらいの「スバル1500」を開発して
いますが、設備投資等の問題で発売を断念しています)
他のメーカーも自社開発した乗用車を数台発表発売しましたが、とても通常の使用に
耐えられるような車は皆無と言っても差し支えないくらいでしたし、生産能力も
微々たる物でしたから、そのメーカーの在る地域だけでの少量販売で終わっている物が
殆どでした。
また海外への輸出も昭和40年代になってから本格的になってきています。
それ以前も少数が輸出されていましたが、粗悪品の代名詞のような車で
海外市場でまともに取り合ってもらえるようなものでもありませんでした。
10年位前までの韓国車と同じようなものです。

投稿日時 - 2005-07-06 01:15:39

お礼

お答えいただいて、どうもありがとうございます。
睡眠時間を削らせてしまって申し訳ないですね。
やさしい解説をいただいてよくわかりました。
また質問した折にはどうぞお付き合い下さい。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-06 16:39:29

ANo.13

No・8の者です^^
先に答えられてしまいましたが、

>生産に掛かる設備投資に対して利益が合わないから
自社生産しないのです。
No・12の方の見解でほぼ間違いないと思います。

>軽を視野に入れ始めたころに折よくダイハツが危なくなっていた、(でもそのあと持ち直したので吸収合併にはならなかった)
簡単に考えれば、子会社の形をとったのは、両者の思惑や、他にも戦略上の理由があると思いますが、間違いないと思います。

投稿日時 - 2005-07-05 05:55:37

お礼

わざわざどうも、ありがとうございます。
みなさんよくご存知で。親切に蘊蓄を傾けて下さるおかげで、私もずいぶん(ほんのちょっぴり? 笑)賢くなりました。

投稿日時 - 2005-07-05 18:10:59

ANo.11

普通自動車を小さくすれば軽自動車が出来るわけでなく、軽自動車を大きくすれば普通自動車が出来るわけでないのです。それぞれノウハウがあります。それプラスさまざまな資本関係を加味すると現在のような住み分けが出来るんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-05 00:31:15

お礼

コメントありがとうございます。遅くなってすみません。
以前どこかで読みましたが、車の部品って1万個とかあるそうですね。そのうちの一つを専門に作るメーカーなんていうのも存在するんだろうな、って思いました。数社で共有するにしても、軽と普通車では全部違って来るんでしょうし。住み分けするのが合理的だと個人的には思います。

投稿日時 - 2005-07-05 17:58:47

ANo.10

エスクード!>#9さんw

投稿日時 - 2005-07-04 23:12:52

お礼

、、、だそうです。

投稿日時 - 2005-07-05 00:02:07

ANo.9

もともと、排気量だけが、軽と普通の違いですから、小さいエンジンを作って(作る技術)いたかどうかが分かれ目ですね。
日産もトヨタも大きな(と言っても30年代は1000ccもなかったですけど)エンジンを開発してましたからね。
じゃ、日産とトヨタが軽を作る技術が今あるかないかという問題は微妙で、価格ベースで採算が合わないんです。
ですから、作っていないというのが現状です。
逆にスズキが2L越すようなエンジンを開発する技術があるかどうかも、微妙な問題で、多分採算が合わないでしょう。

投稿日時 - 2005-07-04 23:00:33

お礼

お答えありがとうございます。
車ってラインに乗せてほとんど(?)ロボットが作るんでしょう? 今までと違うものを作るとなると、技術はともかく設備投資が大変そうですね。軽をそう高い値段では売れないでしょうし。

投稿日時 - 2005-07-05 00:01:15

トヨタが軽を作らないのは、ダイハツが経常利益一兆円越えのトヨタグループの会社だからです。つまり、子会社だからです。

投稿日時 - 2005-07-04 22:38:53

お礼

コメントありがとうございます。
重ねてお聞きしてもよろしいでしょうか。
ダイハツって、一時経営の危機があったからトヨタに吸収合併されそうになったんじゃなかったですか? かすかにそんな記憶があるんですけど。そうだとすると、トヨタはそれ以前には安全性に問題があるから軽を扱う気がなかった、軽を視野に入れ始めたころに折よくダイハツが危なくなっていた、(でもそのあと持ち直したので吸収合併にはならなかった)という解釈で合っているでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-04 23:55:51

ANo.7

ホンダが抜けてますよ。

軽自動車として一番最初に生産販売したのが、富士重工(スバル)です。
それ以降には、三菱、スズキ、ダイハツ、マツダ、ホンダが参入してきました。

ダイハツについては、以前には、トヨタの車をOEMで販売していました。
数年前にトヨタが資本参加して子会社化しました。

日産については、スズキからOEM購入しています(軽トラックとアルト)。
以前には、小型車までしか販売していなかったのですが、今は軽自動車を販売しています。

というのは、プリンス自動車と富士重工は戦前、中島飛行機という会社で、
戦後、財閥解体で富士重工とプリンス自動車が分かれた系列会社でした。
それが、昔から存在していた日産自動車とプリンス自動車が合併して、現在の日産が出来ました。

その関係で、日産と富士重工と資本提携関係があり、その間は軽自動車を日産では販売していませんでした。
ところが、フランスのルノーから日産にゴーンさんが来てから、系列が変わって、資本関係が解消されました。

その関係で、日産でも軽自動車への販路を拡大することになり、スズキからOEM購入しています。
ただし、三菱自動車の軽自動車部門について、日産に譲渡されるという話もありますので、今後は変わるかもしれません。

投稿日時 - 2005-07-04 22:33:52

お礼

お答えありがとうございます。
事情がわかってなかなか面白いです、勉強になりました。
ゴーン氏の登場でかなり改革(?)が進んだわけですね。キューブもかなり斬新な感じがします。

投稿日時 - 2005-07-04 23:48:06

ANo.6

入って無い様なので付け加えておきます。
ホンダは、軽自動車も製造、販売を行っています。
  http://www.honda.co.jp/

投稿日時 - 2005-07-04 22:21:54

お礼

コメントありがとうございます。
ホンダさんごめんなさい。

URL拝見しました、介護者仕様ライフアルマスというのは、今後伸びるんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-04 23:39:28

ANo.5

作っている会社はスズキ・スバル・ダイハツ・ホンダ・三菱の5社。
販売している会社は上記の5社+日産とマツダ。

じゃあ、どうして作っていないのに販売できるのか?というと
作っている会社から買って(厳密には作ってもらって=OEMと言います)、
自社のブランドとして売っているのです。

作ってもいないし販売してもしないのはトヨタだけです。

あ、光岡ってのもあったっけ。あそこはどうなんだろう?

投稿日時 - 2005-07-04 22:14:34

お礼

お答えいただきどうもありがとうございます。
作るのもですが、販売というのも相当大きな仕事ですよね、力の差が出ると思います。いい車を作っても売るのがヘタな会社もあるような。上手に提携できれば成功するんでしょうし。

投稿日時 - 2005-07-04 23:36:35

ANo.4

ホンダは古くから軽を作ってます。LIFE は高評価だと思います。
マツダと日産はスズキからOEM供給されているので、直接製造はしていないと思います。
昔は、バイクからの技術転用ができるスズキとホンダが有利だっとのだろうと思います。

軽自動車は税制的に優遇されているので、規制緩和でそれがなくなると売れ行きがどうなるかわからないというのも新規参入しずらい所なのではないかと思います。

投稿日時 - 2005-07-04 22:13:56

お礼

お答えありがとうございます。
ホンダさんごめんなさい。見落としたようです。
やっぱりバイクの技術転用がからむんですか、そうじゃないかなと思ってました、生意気ですが(笑)。
前は車庫証明がいらなかったりもしましたよね。

投稿日時 - 2005-07-04 23:28:37

ANo.3

必ず作っているというわけではないようですが、
光岡自動車にも軽ありますね

参考URL:http://www.mitsuoka-motor.com/lineup/ray/index.html

投稿日時 - 2005-07-04 22:09:10

お礼

コメントありがとうございます。
私にとっては社名を聞いたことはある、という程度の会社なんですが(無知ですみません)、マニアックな車を作ってる会社なんでしょうか。走ってると目立ちそうですね。

投稿日時 - 2005-07-04 23:23:42

ANo.2

トヨタ、日産は軽自動車は安全面に問題がある、として作っていませんでした。
状況変わって、軽も市場価値有りと分かり、トヨタはダイハツを吸収合併しようとしました。ほぼそうなりかけたのですが、ダイハツの軽がヒットしてしまい当分、業務提携という形になってます。
日産はしばらく苦しく、軽生産の設備投資ができませんでしたが、市場は大きいと考え、スズキのOEMということになり、モコだか何だかを販売し始めました。
過去に自動車雑誌を読んだ記憶+雑誌の信憑性?ですので話半分に受け取ってください。

投稿日時 - 2005-07-04 22:03:37

お礼

お答えいただいてありがとうございます。
軽は安全性に問題がある、というのもよくわかりますが(ちょっとぶつけただけでグシャッといったことが、、、)、もう昔話かもしれませんね。

投稿日時 - 2005-07-04 23:20:01

ANo.1

難しくない説明ということで…

トヨタとダイハツはつながりがあるんです。
普通車担当と軽担当って感じになってるんだったと
思います。

あとは詳しくないのでごめんなさい。

投稿日時 - 2005-07-04 22:00:59

お礼

お答えどうもありがとうございます。
あとも知りたい(笑)。

投稿日時 - 2005-07-04 23:15:37

あなたにオススメの質問