みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【競馬】記憶に残っているレース

名馬の勝利、名勝負はもちろん、あなただけの名レースはありますか?

私は97年オークスのナナヨーウイング。
前年のオークスで、3番人気で15着に沈んだナナヨーストームの全妹。
13番人気でメジロドーベルの2着に突っ込み12,550円!
姉にしこたま裏切られた私に、万馬券でお返ししてくれましたV(^0^)

あとは月並みだけど、99年凱旋門賞のエルコンドルパサーかな。
確かにそれなりの期待はあったけど、すごいレースになったね。
日本の競馬ファンの夢が目前になって、見ているだけで疲れたよ(´o`A

他には
(90)ダービー・アイネスフウジン
(93.95)天皇賞・ライスシャワー
(95)4歳牝馬特別・ライデンリーダー

新旧・中央・地方・海外問わず、みなさんの思い出のレースと馬を教えてください。

投稿日時 - 2005-07-01 15:15:16

QNo.1484955

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

競馬歴30年以上です。

「名勝負」のNo.1は、迷うことなく、1977年有馬記念の、テンポイント×トウショウボーイの一騎打ちですね。
首でも相手の先に行かないと勝てない、という両馬陣営の思いが、スタートからの壮絶なつばぜり合い。
競り合ったら共倒れ、などというレベルを超えており、事実漁夫の利となるべきあのグリーングラスの追い込みさえ蚊帳の外でした。

レース中ずっと、競馬場内は異様な雰囲気に包まれ、私自身も息を飲んで見つめていましたね。

結果はテンポイントの勝利でしたが、馬券や馬の好き嫌いを超えて感激したのは、このレースだけですね。

個人的に印象に残っているといえば、当然「大穴」的中のレースですね。ご質問者も穴党とお見受けしましたが、私も万馬券以外は買わないほどで、昨年も万以上の的中46回と、徹底した大穴狙いです。

その中でも、87年のダービーで24頭立て22番人気(単勝224倍)で2着にきた「サニースワロー」のレースが忘れられませんね。
人気薄でも自信があり、この馬の単複1000円づつしか買っておらず、私の予想通りのレース振りで、欅のあたりでまくり、直線で先頭に踊り出たときは、「やった!」と叫びましたね。
結果は、生涯1度の大駆けをしたメリーナイスの2着で、46倍の複勝しか取れませんでしたが、あの当時馬単があったら、いくら儲かったかと残念に思いますね。

あとは、
・83年皐月賞:ミスターシービーの3着になった「インターリニアル」・・・20番人気でしたが、1週間前から自信ありでしたが、やはり複勝のみ
・00年マイルチャンピオンシップ:アグネスデジタルが、画面の外からぶっ飛んできた!
・87年有馬記念:皆に買え買えと薦めたのに、誰も買っておらず、一人だけ当てた「メジロデユレン×ユーワジェームス」の163倍ついた4×4のゾロ目馬券。
・・・ああ、書き出すとキリがないですね。

投稿日時 - 2005-07-02 05:21:41

お礼

77年有馬記念はVTRでしか見てないですが、ちゅうか当時小学生(^.^;
序盤から2頭の先行争いでえらいことになってますね。完全なマッチレース。
実況も画面もこの2頭に張り付きっぱなしで、
4角でグリーングラスがちらっと顔を除かせた程度。
今の競馬では有り得ませんね。

投稿日時 - 2005-07-03 02:34:24

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

すでに出ていますがやはり96年阪神大賞典でしょうう!
それまで土曜競馬など見ていなかった私が初めて釘付けになり。。。気づけば涙がこぼれていました。
後にも先にも競馬で泣いてのはこのレースだけです。
ナリタブライアンと共に競馬人生が始まりナリタブライアンと共に競馬人生が。。。 閉じてはおりませんが。。。 マヤノトップガンとの一騎打ちは体が震えましたよ! 思わず叫んでいました。
台本でもあるかのようなレースでしたね。
それまで勝てなかったブライアンがいたからこそさらにドラマチックにしてくれましたね。

ナリタブライアン。。。
なぜか一目見た時に惹かれました。
当時高校生の私を釘付けにする何かがあったのでしょう。。。。

投稿日時 - 2005-07-04 23:15:54

お礼

このレースはもはや語りぐさですね。

実は私はその日ウインズにおりながら、あまり覚えておらんのだ。
後からVTRで見てすごいレースだったのを知った訳さ。

なんでかって?裏のレースでアミサイクロンが
大穴開けてひっくりかえってたからヾ(☆▽☆)
流してたのにヒモ買ってねぇんでやんの。ガックリ。

投稿日時 - 2005-07-11 01:11:09

ANo.16

No.10です。もう1つ重要なのを忘れていました。

01の2/24中山第7Rの3歳新馬戦(2000m)です。私がはじめて1口馬主で投資した馬の初出走レースです。8着で、さらに勝馬のタイムが2.08.6と小雨・良馬場なのにすごく遅かったんですが、「自分の(他にも投資者いるのに)馬が走っている」と感動しました。

その後は放牧していたんですが、牧場での事故で亡くなってしまいました。競馬関係で初めてのことをすると、予後不良が起こるんです。東京競馬場にはじめて行ったときも1頭出たので。

ちなみに馬名は「エプソムブライト」です。

投稿日時 - 2005-07-03 23:18:23

お礼

やっぱ一口馬主は力が入りますなぁ。
で、エプソムブライト君?は勝てたのかな?

わたしも一口馬主に参加事あるけど、てんで走らんでやんの・・・
1勝もできずに引退しちまった。

投稿日時 - 2005-07-11 01:06:35

ANo.15

1993年天皇賞(秋)
1着ヤマニンゼファー
2着セキテイリュウオー
のレースです。

直線で内から出てきたゼファー。
そのままゴールかと思ったら、外から『東京2000のスペシャリスト(←私いわく)』のリュウオーが来た。
断然勢いのあったリュウオーがゼファーを抜いたと思った瞬間、突然ゼファーがリュウオーに向かって斜行してきた。
ぶつかる!と思った瞬間ゼファーは止まった。
それからピッタリとくっついたあわせ馬の形で2頭競り合った。
一度は抜かれたゼファーがゴール直前、リュウオーを抜いて鼻差でゴール!
ゼファーの勝負根性に痺れました。
私の中で一番の名勝負です。

後でゼファーの騎手が馬がみずから合わせに行った、みたいな事を言っていた。
馬は本当に負けたくなかったんだなぁ、と思いました。

投稿日時 - 2005-07-03 15:08:25

お礼

秋天は「ミスターシービーのため」の距離改変?説がまことしやかに噂され
(実際は時代の要請だったのだろうが・・・)
まさに「2000のスペシャリスト」が暴れまくりです。府中は怖い!
私の格言
府中のマイルは差しの牝馬から「レズ馬券」
府中の2000は「その道のプロ」が穴を開ける
府中の2400はトニービンを買え
かな?

投稿日時 - 2005-07-11 01:02:44

ANo.14

#11です。
77年の有馬記念以外にも、「場内が静まってしまったレース」を思い出しましたので、追加を。

<75年オークス>
テスコガビーが、大差で圧勝したレースです。
スタートから先頭に立ち、直線は離す一方のあまりの強さに、場内はシーンとなってしまいましたね。

名物アナウンサー杉本清の実況「赤い帽子がただひとつ。後ろからはな~んにも来ない。これは強い!恐れ入りました!」も、本当にその情景どおりで、まさにこれも「競馬史に残る、名放送」でしたね。

<94年ジャパンカップ>
この年はシンボリルドリフ一色で、やっと日本の馬がジャパンカップを制するチャンスと期待が高まりました。
東京競馬場は超満員で、前のレースの馬券も買わずにスタンドに待機していて、ようやくレースが見れたくらいでした。
カツラギエースの逃げで始まり、直線でシンボリルドルフが追い込んで「勝ちそう!」と、誰もが思いましたが、なんとカツラギエースの逃げ切り・・・

ゴールの瞬間、場内が一瞬静寂に包まれました。

その時の皆の思いは、「日本の馬が始めて勝った」「えっ、でも、シンボリルドルフでなくて、カツラギエース?」「喜んでいいのかいな」という複雑なものだったんですね。
さすがに、直ぐに歓声に変わりましたが、あの瞬間の「一瞬の静寂」は、今でも忘れられませんね。

古いレースばかりで、すみませんでした。

投稿日時 - 2005-07-03 04:57:21

お礼

遅くなってすいません。
また懐かしい名前が出てきたな~。
テスコガビーも突然この世を去ってしまって、カブラヤオーとの対決も見たかったなぁ。
って当時、幼稚園児だっちゅうの!

JCはその後も、場違い馬が激走のパターンですね。
おいおい、スターを差し置いておまえかよって・・・
まあ、セン馬にとっちゃ天皇賞出られないから、ここしかない訳で、
JRAのレース体系が悪いだけだったりする。馬が気の毒(T-T)

投稿日時 - 2005-07-11 00:56:00

ANo.13

2000年だったかな?
有馬記念でテイエムオペラオーが今回はだめかも!
って思ったら勝ったレース。

投稿日時 - 2005-07-02 13:36:30

お礼

う~ん・・・個人的にはナリタトップロードの方に肩入れしてたから、オペラオーは憎きライバル。
確かに強いんだけど、面白くないんだよなぁ~。ビワハヤヒデとよく似た印象。

投稿日時 - 2005-07-03 02:53:31

ANo.12

97年・天皇賞(春)
マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーの3強対決。3強が堂々と張り合っての世界レコード決着。歴史に残る名勝負だと思います。

00年・スプリンターズS
最低人気のダイタクヤマトの逃げ切り勝ち。勿論、取れなかったのですが、レース後に爆笑してしまいました。お父さんのダイタクヘリオスそっくりな天邪鬼な勝ち方でした。

98年・金鯱賞
大逃げをして、直線で迫られるどころかどんどん突き放す一方で、レコードタイム。「強い」以外に感想が思いつかないレースでした。

03年・ジャパンカップダート
ドロドロの馬場でアドマイヤドンとフリートストリートダンサーの壮絶な叩き合い。一旦は差されたフリートストリートダンサーの根性に脱帽しました。

他にも色々とありますけれども、キリがないのでこのくらいで。

投稿日時 - 2005-07-02 09:31:38

お礼

97天皇賞・春のマヤノトップガンは究極のキレでした。田原騎手とのコンビで、変幻自在の戦略がまた印象的でもあったなぁ。
ダイタクヤマトは準オープンの頃からの、おっかけでしたから、うれしかったっすよ!
もちろん馬券はいただきです!(まあ、それまでに散々貢いでますが・・・)
金鯱賞のサイレンススズカは笑っちゃいますな。なんでああっちゃうんだか?

投稿日時 - 2005-07-03 02:48:40

ANo.10

ライスシャワーが好きだったので、93.95の天皇賞春です。

またライスシャワーが亡くなった宝塚記念の翌週、エプソムCで的場騎手(当時)がカネツクロスで勝ったレースも忘れられないです。あとは的場調教師のが好きなので、00マイルCSのアグネスデジタルです。あの末脚はものすごかった。

また質問者様があげている99凱旋門賞もそうです。番外編(?)では98年東京障害特別で落馬したテンジンショウグンが、次走の日経賞で最低人気で勝ったレースです。冗談で単勝買っていたので・・・。

投稿日時 - 2005-07-01 21:51:49

お礼

ブルボンの3冠、マックの3連覇というスーパーアイドルの偉業を切って捨てた刺客。
400kgそこそこの小さな馬体なのに、すごい根性ありましたよね。
何をかくそう、aki3171の3171は、マックを倒した3分17秒1の時計なのですよ。
私の一番好きな馬ですね。菊花賞・春天2回の単勝馬券、今でも大切に保管してます。

アグネスデジタルはいい思い出しかない。ことごとく馬券頂きました。ありがとう!

投稿日時 - 2005-07-02 00:51:02

最近(5年も前だが)競馬を見たもので古いレースは知らないが。
(01)毎日杯のクロフネ ラジオたんぱ杯を負けた後で、クロフネって強いのかと思ってたのでこのレースを見て、この馬の実力を再認識した。
(01)トーシンブリザードの東京ダービー。完璧な勝利で南関東三冠達成と2着ゴッドラヴァーが三冠全レース三着を免れる。
(04)天皇賞のイングランディーレ、まさに呆然

投稿日時 - 2005-07-01 19:56:19

お礼

クロフネは今をときめくデピュティーミニスター系だけに、種牡馬としても期待大ですな。
ラジオたんぱ杯は勝ちに行っての結果だし、相手が悪かったですよ。仕方ない。
わしは武蔵野ステークスで度肝抜かれたけどね。

トーシンブリザードは最近元気ないですねヽ(´~`;)
血統的にも早熟のダート専門馬?もちっとがんばってほしいね。

イングランディーレ・・・参りました。
地方に行ってたと思ったら急に帰ってきてあれだもの。
勢いで海外挑戦までしちゃいましたが・・・そりゃ無理でしょ。

投稿日時 - 2005-07-02 00:39:18

ANo.8

1991年有馬記念のダイユウサク

まさに 世紀の一発屋です。

投稿日時 - 2005-07-01 19:30:37

お礼

ユウサク君には悪いけど、えぇぇぇまさか!でしたな(^.^;
重賞も勝った事ある馬だから、まあ力はあったんだろうけど、
冬場しか活躍してなかったような気がするから印象薄いんだろうね。

それよか肝心な所で「ポカ」やってしまう、マックもどうだか。
この年の秋天では大事件起こすし、春天では再びライスシャワーにすくわれるし・・・

あて、ナイスネイチャの悲しき、有馬3年連続3着のスタートの年でもあったりする・・・

投稿日時 - 2005-07-02 00:26:08

ANo.7

こんにちは。maruru01です。

オグリキャップのレースです。
オグリのレースはどれも名勝負という感じがしますが、特に挙げるとすれば、
(89)マイルチャンピオンシップ
これは、オグリVSバンブーでも南井VS武豊でもなく、オグリVS武豊という気がしました。
それからやはり、
(90)有馬記念
「オグリ」コールは感動でしたね。

その他では、
(96)高松宮杯
GI昇格初年度で、ナリタブライアン参戦
(99)有馬記念
グラスとスペシャルのハナ差勝負
(01)目黒記念、香港ヴァーズ
ステイゴールド初重賞制覇、初GI制覇

そして今年の日本ダービーもきっと10年経っても記憶に残り続けるだろうと思います。

投稿日時 - 2005-07-01 18:35:24

お礼

差し、追い込みのレースがお好き?ですかね。
89マイルCSのオグリ、01香港のステイゴールド
どちらも普通じゃ届かない、絶望的位置からの指し切りでしたね。

96高松宮杯のナリタブライアン参戦は物議をかもしましたね。
「先行して押し切れば勝てたかも知れないけど、それはブライアンのレースじゃない」
という武豊のコメントも記憶に残ってます。

投稿日時 - 2005-07-02 00:15:35

ANo.6

YSW

98年11月1日11R天皇賞(秋)
サイレンススズカの伝説がここから作られると思っていた矢先の骨折予後不良。
ショックで泣きそうでした。
今でも記念馬券とってあります。

投稿日時 - 2005-07-01 17:28:14

お礼

できればああいうシーンは見たくないけど、それもサラブレッドの宿命・・・
その後のレースなんて覚えてないよね(T-T)

でもライスシャワーの宝塚記念もそうだけど
その時の勝ち馬がどちらも、
オフサイドトラップ・ダンツシリウスという
故障に泣き続けた馬というのも何か切ないですね。

投稿日時 - 2005-07-02 00:10:24

ANo.5

第33回 アメリカジョッキークラブカップ
1着馬「トウショウファルコ」です

私が競馬を始めて、一番最初に当てた記念すべきレースがこれでした。

遅咲きの金髪の逃げ馬は今はもう18歳!
私もそれ以来どっぷり競馬にハマリ・・・
JRAにいくら寄付してる事やら・・・;;
でも止められませ~~ん

投稿日時 - 2005-07-01 17:14:36

お礼

金髪・ブロンドのきれいな馬でしたね。
これで牝馬だったら言う事なかったのに?

引退後は誘導馬でしばらくご活躍されてましたが、今も元気なんでしょうか?

投稿日時 - 2005-07-02 00:04:57

ANo.4

・心臓がバクバクしたレース
 タマモクロス×オグリキャップ 天皇賞(秋)
 →タマモクロスが先行したのに驚いた。
 95年の4歳牝馬特別
 →強かった!ライデンリーダー
・思わず暴れてしまったレース
 2002年の中京・鳴海特別
 →勝てないと思っていた自分の一口馬が勝ってしまった。
・ライスシャワーやツキノイチバンがかわいそうなことになったレースも忘れたいけど忘れられない…

投稿日時 - 2005-07-01 16:41:53

お礼

世紀の芦毛対決覚えてますよぉ。
玉もクロスの先輩の意地・底力でしたね。
おぉ2002鳴海特別、馬連35000円の配当出てますね。おめでとうございました!

投稿日時 - 2005-07-02 00:02:24

ANo.3

96年の阪神大賞典でマヤノトップガンとのデッドヒートを制して一年ぶりに優勝を遂げたナリタブライアンが思い出に残っています。
他には頭に浮かぶ馬としては、ギャロップダイナ、、ミスターシービー、メジロラモーヌ(牝)、メジロマックィーン、シンボリルドルフ等です。

ですが、やはり90年の有馬記念で復活Vとなったオグリキャップでしょうか。
秋の天皇賞6着、ジャパンカップで11着と惨敗したために囁かれていた限界説を吹き飛ばしての優勝で、結局そのレースがラストランになっただけに、感動もひとしおでした。

投稿日時 - 2005-07-01 15:45:59

お礼

その他諸々の馬には失礼ですが、日本競馬の最強馬マッチレースでしたね。
3コーナーから異次元の2つのレースに分かれてしまった印象。
あれほど実力が違うものかと、まざまざと見せつけられたレースでした。

やっぱり90年有馬のオグリは有名ですもんね。
夕方のニュースなんかでも大騒ぎでしたから。
レース自体はそれほど中身の濃いものじゃなかった気がするが・・・。

投稿日時 - 2005-07-01 23:47:03

ANo.2

競馬はほとんど経験がないのですが、初めて買ったのが、年代は忘れましたが、トウカイテイオーの復帰戦となった有馬記念です。

当時付き合っていた彼氏に教わりながら、勉強すればするほど、私の予想はコロコロ変わっていったのですが、どうしても私の誕生日2-3をはずすことが出来ず、2-3を含めた1000円5点買いに決めました。

結果は・・2-3で32倍位だったと思います。
ビギナーズラックだったと思いますが、私の良い思い出ですっ

投稿日時 - 2005-07-01 15:39:05

お礼

あの頃、言っちゃ悪いけど訳の分からんカップルが増えたよね。
こっちは必死こいて予想してんのに
「私ピンクが好き~」であてちゃうんだもの(^.^; まいるよな。

トウカイテイオーはまさにサラブレッドそのものを体現する名馬だと思います。
皇帝の子孫で、美しく、強く、そして脆くもあり、奇跡もあり。
ああいうドラマチックな馬が最近少ないですね。

投稿日時 - 2005-07-01 23:39:03

ANo.1

テンポイントが足を折ったレース・・・。

投稿日時 - 2005-07-01 15:19:03

お礼

たしか海外遠征を控えた日経新春杯でしたね。
今では考えられない66kgもの斤量が
あだとなったみたいな言われ方しましたね。
それ以降ハンデ制の見直しが行われるきっかけになりましたから。
あの血統が残らなかったのは日本の馬産の痛手ですね。

投稿日時 - 2005-07-01 23:34:16

あなたにオススメの質問